fc2ブログ

人生初の…? 【山田うどん食堂 堀之内店】

2021.10.15

 朝からしっかり雨降りで午後には所沢に用事があるので車で出かけた。
「ジョイフル本田 瑞穂店」で猫用品を買い、学校通りで狭山丘陵を越えて所沢方面へ。
で、昼ごはん。

「このルートだと山田うどんくらいしかないんじゃない?」
「山田うどんでいいんじゃない?」
と、埼玉県出身の相方。
「山田うどん」は埼玉の県民食といわれる。


20211017 yamadaudon-1120211017 yamadaudon-12


所沢青梅線沿いの「山田うどん食堂 堀之内店」へ。


20211017 yamadaudon-13


いま降っている雨を堺に急激に気温が下がるという。なんかもうすでに体が温かい食べ物を欲している。
野菜たっぷり味噌ラーメン650円とえび天うどん(温610円)。


20211017 yamadaudon-1520211017 yamadaudon-16

20211017 yamadaudon-1720211017 yamadaudon-18


不確かな記憶だが、このお店に入るのは初めてではない。


20211017 yamadaudon-19


15年前か20年前か、交通機関を乗り継いで狭山丘陵を一周したことがある。

西武遊園地駅(現 多摩湖駅)→ レオライナー → 西武球場前駅で、そこから狭山湖ダムを越えて所沢青梅線まで歩き、バス → 箱根ヶ崎駅 → 八高線 → 拝島駅… で乗り換えて、西武拝島線で帰ってきたと。

自転車をあまり使わなかった当時、それはけっこうな冒険だった。


20211017 yamadaudon-2020211017 yamadaudon-21


そのときバスの時間待ちに昼ごはんを食べに入ったのが「山田うどん」ということを覚えている。位置的に、この堀之内店だったと思われる。
人生で初めて入った「山田うどん」が、このお店。


20211017 yamadaudon-2320211017 yamadaudon-24


自転車でそっち方面に頻繁に行くようになったのはこの2~3年だが、昔のことを思い出し、ずっと気になっていた。
東京都民でありながら埼玉県や所沢市に親しいものを感じるのは、実はこの時期に刷り込まれたものかもしれない… と。


20211017 yamadaudon-22


甘めのつゆと、やわめの昔っぽいうどんに、身も心もほっこり。


20211017 yamadaudon-25


[DATA]
山田うどん食堂 堀之内店
埼玉県所沢市堀之内545-3
https://www.yamada-udon.co.jp/





[Today's recommendation]

wachat211017.jpg




https://youtu.be/FCQcC4SZ0Fc



20211017 yamadaudon-30


ボリューム&ホスピタリティ 【一翆】

2021.10.15

 昨日やったNS社の1本で今月の仕事はすべて終わっていたらしい。
もう1本ちょっとしたものが残っていたが、今朝来ていないということは僕がやる必要のないものだったみたいだ。

「終わったー!! ヾ(*>∀<)ノ ヒャッホー!!

ようやく秋らしい爽やかな陽気になったこともあって、開放感マックス的な。
とにかく散歩がしたい。
同行者の都合もあって遠出はできないので久々に北山公園へ。


20211015 issui-37
北山公園では稲刈りと稲架掛けが見られた


これは帰路にあたる駅西口周辺で昼ごはんを食べるパターンだが、それだとお店はだいたい決まってしまう。
たまには駅と反対方向で考えてみようか。


20211015 issui-2520211015 issui-26


そうして浮上した中華料理店「一翆」。
好きなお店の一つで地域を代表する人気店でもあるが、行動圏的に死角で、普段と違うことをしないと思い出せないのである。


20211015 issui-29


市内で一、二を誇る大型中華レストランで、2階には60名収容の座敷を備えるなど宴会需要が多そう。
それだけにコロナ禍の打撃は小さくないと推察されるが、少なくともランチタイムは以前と変わらず賑わっている。


20211015 issui-2320211015 issui-24


注文はBランチと五目そば。


20211015 issui-2120211015 issui-22


「五目そばはライスが付けられますが?」と聞かれ、けっこう迷った末、お断りした。
以前なら食べすぎ防止のための自重だったが、いまは食べきれるだろうか…? という不安感から。
ちなみにランチメニューも“ライス・スープお替わり自由”。肉体系のお客さん率が非常に高そうなのもうなずける。


20211015 issui-28


質量とも満足できる料理に加えホスピタリティにあふれる接客が多くの客の支持を集めていると思う。
カウンター席ではおかみさん的な方が飛沫感染防止用透明パネルの拭き掃除をしている。ある意味、忌まわしい存在ともいえるそんなものまで、気持ちを込めて磨いている。


20211015 issui-3820211015 issui-39


ランチの料理は3品からニラレバ炒めを選択。


20211015 issui-36


小鉢はジャガイモとニンジンを千切りにしてたっぷり入れたオムレツ、スープはかきたまスープ。
ライスもボリュームがあって、五目そばにライス付けなくてよかった… と心底思いました (・Θ・;)


20211015 issui-32


ニラレバにはニンニクのスライスが何枚も入ってスタミナ抜群。
ニラ・長ネギ・ニンニクのネギ類トリオでレバーの臭みを上手に消している。モヤシのしゃきしゃき感が心地よい。


20211015 issui-33


五目そばはしょうゆ味のラーメンにあんかけの五目の具がのる。僕の考える五目そばは塩味のサラサラ系で、こっち系統(僕の中ではカントンメン)を五目そばと呼ぶこともあると最近まで知らなかった。


20211015 issui-34


具はハクサイ、チンゲン菜、ニンジン、タケノコ、キクラゲ、豚肉、鶏肉、イカ、エビ、ハム…。
一見、甘辛っぽいビジュアルだが、あんかけの味付けは塩気が強く、全体に甘さ抑えめのワタシ好みの一杯である。


20211015 issui-35


散歩して気分が上がるのは、清々しい秋の気候ばかりでなく、コロナの脅威からの開放への待望感のせいもあるだろう。
このまま収束に向かってほしいと願わずにはいられない。


20211015 issui-27


[DATA]
一翆(いっすい)
東京都東村山市野口町3-12-8
https://issui1986.owst.jp/





[Today's recommendation]

wachat211015.jpg




https://youtu.be/Z21_VpNipfg



20211015 yomena-22
カントウヨメナ / 北山公園


ニューノーマルな? 【らーめん しょういん】

2021.10.12

 COVID-19がこのまま収束に向かうのではないかと期待を抱けるのはパンデミック発生後初めてのことだが、感染対策をやめていいと考えているわけではない。
身体に染み付いてしまっている部分もある。マスクはともかく、距離感なんか。

ビジネスシーンにおいてニューノーマルは不可逆的変化といわれる。
テレワーク、拠点分散、シェアリングエコノミー、はんこレス…。

あ… あれもニューノーマル?
夜のみ営業のラーメン店のランチ営業 (・Θ・;)


20211012 shoin-25


間借りや居酒屋新業態を含め、夜の世界から昼に進出してきているラーメン店事例がこちら↓↓↓
「上海亭」「バード軒」「まるいち」「麺屋鶏心」

もちろんお店の都合であり、収束したら元に戻っても仕方ない。
客としては貴重な機会であり、いまのうちに最大限活用したいと。


20211012 shoin-1120211012 shoin-12


身近なところでは、久米川ウイング通りの「らーめん しょういん」。


20211012 shoin-1320211012 shoin-14


入ろうと思った矢先に先の緊急事態宣言で、81日間に及んだ期間中ほぼ休業していたと思う。


20211012 shoin-1520211012 shoin-16


L字カウンターと、奥にテーブル1つ。
夜のみ営業というとちょっと身構えてしまうが、若い男性店主の明るく気さくな対応にたちまち和んだ気分に。


20211012 shoin-17


博多系という情報があり、基本味と思われるとんこつらーめんを注文。
1~2分と提供が速いあたりは博多っぽい。もちろん極細麺。


20211012 shoin-18


スープはポタッとした感じに濃厚、かつ熱々である。麺は硬すぎず、やわすぎず。具はチャーシュー、ノリ、小口ネギ。
とてもワタシ好みのラーメンなのであった。


20211012 shoin-19


途中、大いに迷う。
替え玉である。

たしかに麺量はあっさりめで、替え玉を促しているようにも感じられる。この系統にしてはスープがたっぷりなのも、替え玉するには好ましい。
しかしこのところ食える量ががっくり落ちた気がしてる(特にラーメン)。
ここは年相応にノーマル(替え玉なし)が無難そうだ。


20211012 shoin-2020211012 shoin-21


味の変化は替え玉後にする派だが、なしと決めたからにはここで卓上の高菜漬け(辛くない)、紅ショウガ、おろしニンニクを投入。ゴマはあらかじめ振ってある。


20211012 shoin-2220211012 shoin-23


麺を食べ終え、十分残っているスープを前に申し訳ないような気持ちに。
次は替え玉します… と心に誓うのであった。


20211012 shoin-24


[DATA]
らーめん しょういん
東京都東村山市栄町2-38-1
https://www.facebook.com/%E3%82%89%E3%83%BC%E3%82%81%E3%82%93-%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%84%E3%82%93-384623938301645/





[Today's recommendation]

wachat211012.jpg




https://youtu.be/G6NcMBgiv0Y



20211010 shinshimada-36
本町都営の夕景


甘いが贅沢なご当地グルメ 【新島田屋】

2021.10.10

 前記事のつづきで飯能散策後編。

下調べをいっさいしていないので、現地での行動は東飯能駅で調達した『飯能まるっとガイドブック』に100%頼っている。
“飯能B級グルメ”が2品紹介されていて、一つが前記事の“すいーとん”。
もう一つのほうもいただいてみましょう ♪(* ̄∇ ̄)/


20211010 seitaro-2120211010 seitaro-22
『飯能まるっとガイドブック』より

――味噌付けまんじゅう:昔から地元の人が大好きなおやつ。あんこ入り焼きまんじゅうに甘味噌がぬられたもの。

マップに載っている2店のうち現在地(「せいたろう」)から近い「新島田屋」へ。


20211010 shinshimada-22


駅に近い“銀座通り”がレトロを売りにした町おこしにいまひとつ踏み込めていない反面、もっと離れたここいらの通りがむしろ、現役感を残しつついい感じに古びていたりする。


20211010 shinshimada-2420211010 shinshimada-25


「新島田屋」は、なんと創業1874(明治7)年。
まもなく150年企業である。


20211010 shinshimada-2620211010 shinshimada-27


ショーケースには、味噌付けまんじゅうと書かれた、どう見ても普通のまんじゅうが並んでいる。
どう見ても普通のまんじゅう、“一串(2個)”とあるように、陳列の感じではわからないが串刺しにしてあるもよう。


20211010 shinshimada-29

20211010 shinshimada-30


1串頼むと、ご主人はおもむろに1串をだんごの焼き台であぶり始める。軽く焦げ目がついたところで壺のたれにくぐらせる。
五平餅に塗るような、見るからに甘そうなみそだれである。


20211010 shinshimada-21


「あ、おまんじゅうの中身は入ってないんですね?」
「あんこが入ってるんです」とご主人。

あんこに甘みそ?
どう考えても甘甘…。


20211010 shinshimada-28


たたきにテーブルが一つ備え付けてあってイートイン可能なもよう。
おなかいっぱいだったのでパックに詰めてもらったが、ここで食べてもほっこりしそう。

ほかに米糀の酒まんを4個買ってお店をあとにする。


20211010 shinshimada-23


帰りの車内でパッケージを開けるのが醍醐味。


20211010 shinshimada-33


砂糖のザラつきが感じられる甘~い味噌。


20211010 shinshimada-34


コシの強い生地の中に素朴な粒あん。
タレとあんこで十分過ぎる甘さだが、シンプルなだけに意外とぺろりといただける。


20211010 shinshimada-35


保存のための添加物など使わないから翌日には硬くなる。それは自然なこと。
硬くなったおまんじゅうを再加工しておいしくしようということでは妙法寺門前の揚げまんじゅうが思い出される。
昔は食べ物を捨てるなんてことは、簡単にはしなかった。

あの手この手で工夫してたら、新しいおいしさが生まれて、気がついたら地元で愛される一品になっていた。


20211010 shinshimada-3120211010 shinshimada-32


[DATA]
新島田屋
埼玉県飯能市八幡町7-7





[Today's recommendation]

wachat211010-22.jpg




https://www.youtube.com/watch?v=QROR4LioU-8
1874年は…? 喜歌劇『こうもり』初演



20211010 shinshimada-37
西武鉄道・飯能駅


街歩きはじめました 【せいたろう】

2021.10.10

 近場でプチ観光気分ということでこのところ山岳方面にアプローチしているが、街歩きもしたい。
このあたりで街歩きといえば、やっぱ川越でしょう。

が、今日あたり川越は絶対混む。
第1波で気の緩みをさんざん指摘された3連休、車で通過した川越の街なかはものすごい人出だった。あの感じは、さすがにまだ怖い。
行くとしたら平日か、もっと徹底的に収束してからか。

ほかに気になっている街がいくつかあって、その一つが飯能。
以前、秩父に行くのに間違って飯能市街地に入り込んでしまったことがあって、古き良きものが多く残っていそうなその街並みに強く印象づけられた。


20211010 seitaro-11


例によってこういうのは当日いきなり決まるので、出発時点で10時半すぎ。飯能駅近くのパーキングに止めたところで12時を回っている。


20211010 seitaro-12


まず当てずっぽうに東飯能駅へ。
以前、車で通ったときに見えた「丸広百貨店」は見ておきたいと。


20211010 seitaro-41


丸広といえば川越で、そのイメージからデパート大食堂的なものが、もしかしたら残っているかも。
残念ながら普通のフードコートしかなかったが、なかなかいい具合に寂れているフードコートなのだった。


20211010 seitaro-2120211010 seitaro-22
『飯能まるっとガイドブック』より


東飯能駅で『飯能まるっとガイドブック』という観光協会の冊子を見つけ、それを頼りにあらためて街歩きスタート。
印象に残っている古い街並みは“銀座通り”というところらしく、その方面へ向かう… というか、戻る。


20211010 seitaro-1420211010 seitaro-15


車で右折した記憶のある飯能駅前交差点の先、たしかに古い物件が多く残っているようだが… レトロとシャッターは紙一重。
観光客を呼べそうなリソースを生かしきれていないようで、もったいないと感じた。


20211010 seitaro-1620211010 seitaro-17


困ったことに、飲食店が異常に少ない。


20211010 seitaro-19


細い路地を抜けて飯能駅前へ。ここも閑散とした光景。


20211010 seitaro-20


「スーパーバリュー」の横から銀座通り、再び駅前交差点へ。


20211010 seitaro-13


駅前繁華街のはずなのに、飲食店は数えるほどしかない。せっかくだから観光っぽいもの食べたいし、チェーン店ではなぁ…。


20211010 seitaro-2320211010 seitaro-24


先のガイドブックに載っている駅からやや遠いおそばやさんが、よもやの最後のとりでに。
行ってみて暖簾が掛かっていて、胸をなで下ろしたという (^。^;) ホッ


20211010 seitaro-2520211010 seitaro-26


ガイドブックに“手打ちそばと、埼玉県B級グルメ優勝の「飯能すいーとん」セットメニューがおすすめ”とある。


20211010 seitaro-2720211010 seitaro-28


店頭の置き看板の“すいーとんセット”がそれに違いない。
もう1品は並べて張ってある“食べ比べ むさし野そば”でいいかな? もうハラ減っちゃって考える気力もなく。


20211010 seitaro-29


落ち着いた和風なつくりの店内。
先客がないというところも、今日ぐるぐる歩いて感じたこの街の印象を裏打ちするかのよう。


20211010 seitaro-30


むさし野そばは、飯能のそば、韃靼そば、栃木の新そばの3種。


20211010 seitaro-3120211010 seitaro-32


飯能のそばは珍しいとのことで、これも“すいーとん”と同様のこだわりなんだと思う。


20211010 seitaro-36


3種食べ比べの贅で、それぞれの違いを明らかに感じつつも、適切な言葉で表せないところがもどかしい。


20211010 seitaro-3320211010 seitaro-34


すいーとんは、一見素朴な田舎料理風。
大きいすいとんに、大根、にんじん、白菜、まいたけなど具だくさんのあんかけけんちん汁が張ってある。


20211010 seitaro-35


問題はすいとんの中身で、そばの実、えび、ぎんなん、うずらの卵、栗、鴨、鶏… と豪華。
一見素朴だが、ちょっとぜいたくな食材を包み隠しているという遊び心がいい。


20211010 seitaro-3720211010 seitaro-38


セットのそばは栃木の新そばとのこと。
3種食べ比べの中でも特に甘みを感じる。
思わぬところでおいしい新そばを食べることができた。

(つづく)


20211010 seitaro-3920211010 seitaro-40


[DATA]
せいたろう
埼玉県飯能市八幡町13-19





[Today's recommendation]

wachat211010-1.jpg




https://youtu.be/UgbwRzh0WGs



20211010 seitaro-55-2
飯能織物協同組合事務所。1922年建造の洋風建築だが、手が入れられているようにも見えず…


Latest Articles
川越といえば、やっぱり 【喜多院 境内みやげ品店】 Oct 24, 2021
大正浪漫な芋ようかん 【味の店いせや】 Oct 23, 2021
門前〇〇そばシリーズ 【まことや 蓮馨寺】 Oct 22, 2021
鉄板の組み合わせ 【みんみん】 Oct 20, 2021
サッポロで朝ラー 【蝦夷】 Oct 19, 2021
人生初の…? 【山田うどん食堂 堀之内店】 Oct 17, 2021
ボリューム&ホスピタリティ 【一翆】 Oct 16, 2021
ニューノーマルな? 【らーめん しょういん】 Oct 14, 2021
甘いが贅沢なご当地グルメ 【新島田屋】 Oct 12, 2021
街歩きはじめました 【せいたろう】 Oct 11, 2021
一皿10ヶ○○円! 【珍来】 Oct 10, 2021
いまや貴重な… 【大龍】 Oct 08, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2