FC2ブログ

給食メニューで#エール飯! 【東村山給食センター】

2020.06.26

 散歩で府中街道の古民家リノベ型コミュニティスペース「百才(ももとせ)」から裏手の駄菓子屋「きりん館」の道に入り、熊野神社方面へ向かう途中… という意外な場所で、おなじみの「#東村山エール飯」のポスターを見つけた。
「東村山給食センター」の建物である。


20200626 kyushoku-11


ここはたしか地元小学校給食や公共施設内の食堂運営などを手掛けており、たしか娘の高校時代のバイト先がその関係だったような… というようなあやふやな情報で申し訳ないが、つまり学校・施設などへ食事を提供する特定の給食サービス業を行う企業と認識している。


20200626 kyushoku-12


エール飯のポスターと並んで“テイクアウト受け付け中”の張り紙。
一般向けに弁当販売を行っているようなのだ。
興味をひかれ“ご自由にお取りください”のチラシケースから6月のメニューをもらって帰った。

ということで、給食メニューで#東村山エール飯!!


20200626 kyushoku-13


日替わり弁当と書いてあるが、給食と考えれば日替わり当たり前。それと、“メニュー”と書いてあるのは“献立表”と呼んだほうがしっくりくる (ーω-) ウンウン♪
“給食の献立”だけにバリエーション豊富。


20200626 kyushoku-14


この日のメニュー、もとい、献立は、エビカツ、焼き餃子、中華丼風、白菜おひたし、コーンポテトサラダ。
選んだわけじゃないが、給食なら人気ランキング上位に来るに違いないという組み立てだ。


20200626 kyushoku-15


システムは、まず朝9時15分までに電話注文というのが鉄則。前記事の続きみたいだが、事前の段取りが必要である。
弁当の引き取り時間AM10:00~PM1:30と書いてあるが、予約のときに何時に来られるかと聞かれ、12時と答える。

引き取りのときに「このサービスはずっとやってたの?」と聞いてみると、「いや、そういうわけでは…」と社員さん。
「コロナで学校給食がなくなったりして?」
「あ、そうですね」
まさにエール飯である。


20200626 kyushoku-16


エビカツは、まあ普通だが、餃子は肉主体の餡みっしりタイプでなかなかおいしい。
中華丼風とはつまり野菜のうま煮で、ちっさいナルトや極小のエビが潜んでいたりで、なるほど中華丼! という楽しい一品。


20200626 kyushoku-17


Instagramに投稿するとき「#給食メニュー」「#給食レシピ」を貼ってみた。どちらのハッシュタグも意外なほど投稿数が多い。
自宅で給食。
案外得がたい体験かもしれない。


20200626 kyushoku-18


[DATA]
東村山給食センター
東京都東村山市久米川町4-41-2




インスタやってます (。-_-)ノ ヨロシク♪



[Today's recommendation]

wachat20200626-2.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://www.youtube.com/watch?v=fLexgOxsZu0

 にほんブログ村 音楽ブログへ






テイクアウトは計画的に! 【きくや】

2020.06.25

 ときどきここに書いているように、行動に計画性がない。
というより、計画的に行動することを好まない。
成り行きで思いもよらぬ結果に至ったりするのがおもしろいと思っている。

この自粛期間中、思いがけず不自由に直面した。テイクアウトの段取りである。
お店側は事前の電話予約を推奨する。受け渡しの簡素化と接触機会の最小化を考えれば当然のこと。
しかしこの“事前”がニガテ。
店内飲食しない以外にこのことも窮屈を感じる原因となっていたように思う。


20200625 kikuya-11


目的もなく瑞穂方面に向けて自転車をこいでいて、ふと「きくや」のうどんが食べたくなった。
その場で営業時間をググる。11時開店。いま引き返せばちょうど開店時間に来店できる計算である。

開店すぐなら人気店「きくや」といえどもお客は少ないだろう。
現在地と時刻から、ふとそのような勘が働いて、きくやが浮上したのかもしれない。


20200625 kikuya-12


11:00来店。
先客はゼロ。おばちゃん約4名。
それはそれでビビるわけで… (・・*)。。 


20200625 kikuya-13


「持ち帰りで。4Lミックス」と申告。
「うどんゆでるからちょっと待ってね」と、首領的おばちゃん。
いちばん出入り口に近いいすに座って待機。


20200625 kikuya-14


この間、若い男性(店内飲食)、若い男性(テイクアウト)、初老男女(店内飲食)と、ものの5分で3組の来客。
“この時間なら大丈夫だろう”作戦、「きくや」では開店と同時くらいでしか通用しないようであった。


20200625 kikuya-15


7分ほどでうどんととのう。
ずっしり重い包みを受け取る。重いだけでなく容器がでかく、自転車のカゴに無理やり押し込んで少しひしゃげてしまった。


20200625 kikuya-17


毎度のおさらいだが「L」とは「きくや」独自の分量で、L=3玉が起点となり、以下、LL(4玉)、3L(5玉)、4L(6玉)… と増えていく。1玉の量は多くない。
“ミックス”は、天付き・のり・肉汁。


20200625 kikuya-18


実は系列店も含め「きくや」系ではいつも3Lで、4Lは未踏の領域である。
トシとって食べる量が増えてるって、だいじょぶか、オレ? ;;;;(;・・)ゞウーム


20200625 kikuya-22


で、わりと余裕で食べられた。
だいじょうぶかなぁ…。
でも、腹が減るからしょうがないのだ。


20200625 kikuya-19

20200625 kikuya-21


持ち帰りに時間がかかるので、せっかくのゆでたてうどんも少しダレ気味になるのは避けられない。
しかしそれでもおいしく食べられるのが武蔵野うどんの特長だと思う。地粉そのものがおいしいのだ。量を食べられる理由かもしれない。


20200625 kikuya-23
ノリの量がすごく、全部のせるとうどんを真っ黒に覆い尽くす


行動規範として褒められたものではないので、この3カ月間でずいぶん“事前”を学ばせてもらったと考えているが、どうだろう。


20200625 kikuya-16


[DATA]
東京都東村山市廻田町2-12-13
http://higashimurayama.mypl.net/shop/00000346114/




インスタやってます (。-_-)ノ ヨロシク♪



[Today's recommendation]

wachat20200625.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://www.youtube.com/watch?v=qIMGuSZbmFI

 にほんブログ村 音楽ブログへ


20200625 hangesho-11
7月1日は半夏生(詳しくはインスタで)




所沢周辺ユルポタシリーズ ―その2

2020.06.21

 所沢田舎道ポタリングコースを紹介した6月19日付の記事(投稿日は06-22)のコメント欄で、新所沢駅起点の第2弾の予告をしたところ、「シントコ起点→狭山湖・多摩湖方面か、シントコ起点→フラワーヒル・入曽方面ルートでしょうか」と再コメントが返ってきた。
そのどちらかなのか、それとも第三のルートが存在するのか。
さっそく走ってみることにしましょう。

スタートは西武新宿線 新所沢駅東口駅前ロータリー。
駅前には写真①のような裏路地立地タイプの商店街が発達している。


20200621 pottering-01
①新所沢駅東口駅前の繁華街


“人とも車とも出会わない”がテーマのポタリングシリーズだが、わかりやすいようにスタート地点を駅前に設定しているので、まず繁華街。
それはしょうがないとして、ここからどれだけ走ったらひと気のない田舎道になるのか…? と疑問を持たれることと思うが、大丈夫です。



〈新所沢駅東口~岩岡八幡社〉
20200621 chizu-01

20200621 pottering-02-2
②所沢市大字北岩岡・花園の茶畑地帯

20200621 pottering-03
③別れ道を右へ


②は駅前から700m足らず、③で約1kmである。
このように街と田舎の距離感の近いのが新所沢や狭山ヶ丘あたりの特徴といえる。

ということで、土地勘のある人ならすでにお気づきと思うが、「シントコ起点→フラワーヒル・入曽方面ルート」。
シントコ在住つかりこさん、さすが大正解! *:・゚\( ̄(エ) ̄*)



〈北岩岡〉
20200621 chizu-02

20200621 pottering-02
②の別アングル

20200621 pottering-03-2
③別れ道のもう一方は異世界へ続くトンネルのよう

20200621 pottering-04
④気になるお店その1「島村漬物店」


旅の始まりにふさわしいファンタジックな別れ道にテンションが上がるが、このあたりはまだ人通りが少ないわけではない。駅まで1km前後と十分徒歩圏なのである。
ちなみに左の道を真っすぐ1kmほど進むと、2018年に“新設”された大相撲・二子山部屋がある。



〈ネオポリス西〉
20200621 chizu-03

20200621 pottering-05
⑤ネオポリス西交差点北側エリア

20200621 pottering-06
⑥気になるお店その2「そば処元六」


このルートの東側(所沢市大字下富)の雑木林に囲まれた一角にはネオポリスと呼ばれる住宅地が広がる。
1960~70年代に大和ハウス工業によって開発されたニュータウンで、この先のフラワーヒルとともに少子高齢化に伴い空き家・空き地化などの問題が顕在化している。

この先、代替ルートを地図上に薄紫で記してある。
赤が行き、薄紫が帰りというショートコースもアリかと思う。



〈フラワーヒル〉
20200621 chizu-04

20200621 pottering-07
⑦フラワーヒル中心部


こちらは西武グループが開発したニュータウンで、所沢市と狭山市にまたがる。
20年ほど前だろうか、自転車でふらっとこの地に迷い込み、山奥(失礼)に忽然と西友が出現したことに楼蘭遺跡を発見したときのスウェン・ヘディンのごとき衝撃を受けたものだが、いまとなっては夢マボロシのよう。
「ふわっふわっ巻きたてロールケーキ」(気になるお店その3)の入るSCが西友の建物だったのかなぁ…?



〈~北入曽〉
20200621 chizu-05

20200621 pottering-08
⑧南狭山変電所

20200621 pottering-09
⑨としとらず公園下流の不老川


最近まで子どもが水遊びをするようなのんびりした小川の印象だった不老川が大きく姿を変えていた。近年の豪雨災害の深刻化の表れか。



〈堀兼〉
20200621 chizu-06

20200621 pottering-10
⑩県道126号所沢堀兼狭山線を横切る

20200621 pottering-11
⑪不老川流域の耕作地帯


⑪は不老川沿いの河岸街道と平行に走る農道。東京近郊とは思えない広大な後背低地を形成している。
右の木立は⑫⑬の農村集落の屋敷林。



〈上赤坂~下赤坂〉
20200621 chizu-07

20200621 pottering-12
⑫狭山市上赤坂

20200621 pottering-13
⑬狭山市上赤坂

20200621 pottering-14
⑭県道6号川越所沢線を横切る

20200621 pottering-15
⑮川越市下赤坂


幹線道路の一本横の道に沿って武蔵野の農村風景が残る。
この旧道の尽きるところから県道6号川越所沢線までの区間は裏道がなく比較的交通量の多い道を通る。
その東には再び農村風景。



〈下赤坂〉
20200621 chizu-08

20200621 pottering-16
⑯トリトマの花が懐かしい

20200621 pottering-17
⑰阿彌陀堂

20200621 pottering-18-1
20200621 pottering-18-220200621 pottering-18-3
⑱「ふちな農園」


このあたりには野菜の直売所が多く、遠方から車で買いに来る人も多いもよう。
「ふちな農園」で枝豆とトウモロコシを購入。



〈ふじみ野市亀久保~〉
20200621 chizu-09

20200621 pottering-19
⑲気になるお店その4「磨味坊」

〈~大井武蔵野〉
20200621 chizu-10

20200621 pottering-20
⑳ふじみ野市立総合体育館横


川越市・ふじみ野市・三芳町の境界で、東武東上線に近いエリアとなっており、畑作地帯にも工場や大規模倉庫が見られるようになる。



〈三富地域へ〉
20200621 chizu-11

20200621 pottering-21
㉑三芳町大字上富

20200621 pottering-22
㉒永久保通り


三富(さんとめ)地域は、所沢市中富・下富、三芳町上富を中心に、川越市、所沢市、狭山市、ふじみ野市、三芳町の4市1町にまたがる畑作地帯。江戸時代に開拓され、短冊状の地割りや屋敷林といった当時の姿をいまに伝えるとされる。



〈下富通り〉
20200621 chizu-12

20200621 pottering-23
㉓下富通りから多聞院方面を望む

20200621 pottering-24
㉔気になるお店その5「ギョーザのやまざき」

20200621 pottering-25
㉕三富今昔語りべ館


三富地域は古い道が見当たらず、ルート的にはネックとなる。
この永久保通り~下富通りは車が少ないので、三富では走りやすいルートといえるが、一本南の多聞院通りやその先のさいたまふじみ野所沢線になると、大型トラックが行き交い、自転車で走るのは危険なレベル。



〈中富交差点〉
20200621 chizu-13

20200621 pottering-26
㉖所沢堀兼狭山線

20200621 pottering-27
㉗交差点の東側は三富の耕作地の面影を残す


県道126号所沢堀兼狭山線は新しい道で、富岡中央通りに代わって南北輸送機能を担い、周囲の風景を一変させた。



〈~所沢ニュータウンスカイマンション(ゴール)〉
20200621 chizu-14

20200621 pottering-28
㉘気になるお店その6「菊寿司中新井店」。背後に見えるのがスカイマンション


当初、新所沢駅をスタート・ゴールとする予定だったが、この先は街なかを通るだけでおもしろみに欠けるので、所沢ニュータウンで終了とした。
総距離約18km。


20200621 chizu-15
コース全体図


時刻は12時に近く、ハラが減って、帰路にシントコ経由の遠回りをする気力がなくなったというのが実情だったりして… ( ̄ω ̄;) ムム…

実は気になるお店その5「ギョーザのやまざき」で昼ごはんという考えもあったが、なんか入り口付近に常連風昼飲みグループがいてビビッて入れなかった。
次にこのコースを走るときは、ぜひこちらで食事をしたいものだ。


20200621 pottering-29
㉔「ギョーザのやまざき」



インスタやってます (。-_-)ノ ヨロシク♪


[Today's recommendation]

wachat20200621.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://www.youtube.com/watch?v=Q21BF38W3Gs

 にほんブログ村 音楽ブログへ








Latest Articles
気迫の伝わる肉塊ごろごろ弁当 【炭火焼ホルモン 豚珍館】 Jul 10, 2020
狭山茶の茶園カフェにお立ち寄り 【和田園製茶所】 Jul 06, 2020
弁当といったら、ここ! 【じゃがいも】 Jul 04, 2020
給食メニューで#エール飯! 【東村山給食センター】 Jul 01, 2020
テイクアウトは計画的に! 【きくや】 Jun 30, 2020
所沢周辺ユルポタシリーズ ―その2 Jun 28, 2020
最近のインスタ投稿、まとめてみた Jun 26, 2020
魚屋さんの極上ワンコインちらし 【佐藤水産】 Jun 23, 2020
武蔵野の原風景をめぐるユルポタコース Jun 22, 2020
定番ハンバーグもお持ち帰り♡ 【グルマンやま】 Jun 17, 2020
サイドメニューも👍 な武蔵野うどんの名店 【こせがわ】 Jun 15, 2020
本格炭火焼きをテイクアウト 【ごちそうや ぽっ蔵】 Jun 13, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2