FC2ブログ

パリパリのダブル感な 【ナンバガン】

2021.05.03

 「本多屋酒店」で酒を調達したあと、カレーでも買って帰ろうかということに。
先の緊急事態宣言からずっと休んでいた本町商店街のインド・ネパールカレー店「ナンバガン」が営業再開しているのを先日見かけ、安堵していたところである。


210503 naanbagan-11


行ってみると、入り口のドアが開けっ放しで風通しよさげ。
先客は1組2人。


210503 naanbagan-12210503 naanbagan-13


「食べていっちゃう…?」
と外でヒソヒソやっていると、例の巨漢の店員さんが、
「イラッシャイマセー♪」


210503 naanbagan-14210503 naanbagan-15


「ナンバガン」は記事にするのは3回目だが、お店で食べるのは初めて。
インドカレー店はもともとテイクアウト対応しているところが多く、このお店はうちから近いっちゃ近いこともあり、自然のなりゆきで“忙しいとき買って帰る店”と刷り込まれている。


210503 naanbagan-28


しかしインドカレーのテイクアウトには重大なマイナス要因が潜む。
“ナンしっとり”問題である。
保温のためアルミホイル等で包装されたナンは、どうしても湿気がこもってシナシナになってしまう。

世の中にそれしかないのであれば、しっとりナンも文句なくおいしいと思うが、焼きたてパリパリと比べると勝ち目はない。
乾麺パスタでぜんぜん満足だが、生麺パスタというものを出されてみると… というのに似ているかもしれない。


210503 naanbagan-17
210503 naanbagan-18


「日替わりはキーマと白菜です」
カレーに白菜…? という好奇心もあって、まずそれに決める。


210503 naanbagan-19


もう1品は、ほうれん草チキンカレー。
ドリンクはアイスチャイとマンゴーラッシー。


210503 naanbagan-20


こちらの店員さんはキラー・カーンとタイガー・ジェット・シンを足して割ったような風貌で(主観です)ビビるが、以前、街角でおばあさんと立ち話しているのを見かけたことがある。手を前に組んで巨体をちぢこめてシルバーカーの小っちゃいおばあさんの話をかしこまって聞いている姿を見て、この人、人間ができてる… と思いました。


210503 naanbagan-23


日替わりの白菜カレー。


210503 naanbagan-24


意外なことに白菜のパリパリ感や甘味がキーマカレーに違和感なくなじんでおいしいのである。
あとから入ってきた常連さんの「日替わりは白菜」に対する当たり前のような反応からして、定番アイテムなのかもしれない。


210503 naanbagan-21


僕はインドカレーではホウレンソウ系をよく食べる。
その青臭さがスパイシーなフレーバーとよく合うと思っている。


210503 naanbagan-22


「ナンのおかわりは?」
「いや、大丈夫です」


210503 naanbagan-25210503 naanbagan-26


炭で焼きたてのナンを食べられるのはうれしい。しかもおかわり自由。
あと20歳若かったら、喜んでもう1枚頼んでいただろう。


210503 naanbagan-27


[DATA]
ナンバガン
東京都東村山市本町4-3-5





インスタやってます (。-_-)ノ ヨロシク♪

ランキングも ヾ(_ _。) ペコ…







[Today's recommendation]

wachat210503-33.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/89FqjkiGSK4

 にほんブログ村 音楽ブログへ








東村山生まれの銘酒たち 【本多屋酒店】

2021.05.03

 東村山市民の自慢の一つが、日本酒醸造所とビール醸造所の両方が市内にあること。

「豊島屋酒造」は1596(慶長元)年創業の老舗酒造で、近年“屋守(おくのかみ)”ブランドで全国的に知名度が高まっている。

「Distant Shores Brewing(DSB)」は2017年に設立されたクラフトビール工場。
コロナ禍の昨年、ボトリング商品の販売を開始しており、それまで市内では週1~2回開かれるテイスティングルームでしか飲むことができなかっただけにファンを喜ばせた。“コロナの功罪”の功の部分といえる。


210503 hondaya-31


意外なことに東村山市内に屋守やDSBのボトルを扱っている販売店はほとんどない。
DSB商品は工場向かいの「セブンイレブン東村山秋津町3丁目店」と栄町の「本多屋酒店」の2店、屋守特約店は唯一「本多屋酒店」があるのみ。


210503 hondaya-26


本多屋酒店は東村山生まれのお酒を両方とも買える唯一の酒屋さんである。
GWの自宅飲み用に両方まとめて買いに行った。


210503 hondaya-21210503 hondaya-22


いずれも最新入荷品的な、“桜Paw ハードセルツァー”と“屋守 純米中取り 直汲み生”。


210503 hondaya-23210503 hondaya-24


“桜Paw ハードセルツァー”は、DSBや本多屋酒店のインスタ投稿にあって気になっていた。
「ラズベリーとレモンを加えたさわやかな香りと果実感のある酸味が特徴的」とある。


210503 hondaya-33


ハードセルツァーとはフルーツフレーバーの炭酸アルコール飲料のことで、アメリカで大人気なのだそうだ。
スピリッツを割るカクテルや酎ハイとは異なり、サトウキビや大麦を原料とする発酵飲料である。


210503 hondaya-32


一方、屋守の“純米中取り 直汲み生”。


210503 hondaya-29210503 hondaya-30


こちらもピリッとくる微発泡タイプで、ダイレクトに瓶詰めする直汲みならではのお酒。
甘さが残るが、ベタつかない自然な米の甘味にうっとりさせられる。


210503 hondaya-34


酒やビールを地産地消って、得難いぜいたくだと思う。


210503 hondaya-27



[DATA]
本多屋酒店
東京都東村山市栄町3-32-7
https://www.hondaya-saketen.com/
https://www.facebook.com/hondayasaketen
https://twitter.com/yasakanosakaya
https://www.instagram.com/hondayasaketen/





インスタやってます (。-_-)ノ ヨロシク♪

ランキングも ヾ(_ _。) ペコ…







[Today's recommendation]

wachat210503.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/L9sHfcCwTYA

 にほんブログ村 音楽ブログへ








新緑がまぶしい 【奥多摩湖レストセンター 丸井亭】

2021.05.02

 県境をまたぐ移動の自粛が呼び掛けられているが、そう一律に言われてもなぁ… と。
相方の出身県だったり、所沢なんか普通に歩いて行けたりで、埼玉県には地元意識があるし。
「出ないでください」と言われても、こっちには出ているという意識はなく、戸惑いを隠せない緊急事態宣言下のGW。

またがなければいいのね?
ということで、東京都内を水平移動。
青梅街道をひたすら西へ。


20210502 maruitei-38


目的地は東京の水がめ、小河内ダム。
わしらの庭さきゃ多摩湖だけれど、こっちは奥多摩湖。字ヅラからも遠くへ来た感が漂う。
でも、出なければいいのね? σ( ̄、 ̄=) ンー


2021002 maruitei-22


雄大な光景が広がり、ひと気も少ない。
文字どおり胸が開くようであり、コロナ禍でいかに窮屈な暮らしを強いられているか思い知らされる。


2021002 maruitei-21


目的地は小河内ダムと書いたが、正しくはというか、やっぱりというか、食べ物屋さん目的である。
昔、丹波山村や小菅村のキャンプ場に向かうときに通って、このルートには土産物屋併設の食堂、いわゆるドライブインがいくつか残っていたことを覚えている。それが最近、妙に思い出され、機会をみて確かめておきたかったというのがある。


20210502 maruitei-39


出発前にグーグルマップで当たりをつけた第一候補の開店時間のだいぶ前に着きそうだったので、ダム見学してみましたと。


20210502 maruitei-24


小河内ダムをあとに、そのお店に向かったが、お休み。
次の候補が「奥多摩湖レストセンター 丸井亭」。


20210502 maruitei-26


ロケーションやお店の外観に既視感があり、探しものが見つかったようで興奮。
やっているかどうかわからないけど、広い駐車場は開いているのでとりあえず入ってみようと車を入れている最中に幟が立った。


20210502 maruitei-26 (2)


最初の客ですいているというのもあったが、意外といったら失礼だが感染対策は僕らの地元より徹底していて、そもそも余裕のある配置のテーブルを最大3人までと制限してある。


20210502 maruitei-27


ドーンと釜めしな店構えで、やっぱり釜めしは外せない。
なに釜めしにしようかと品書きを見ると、釜めしは山菜のみ。まぁ迷わなくて済む。


20210502 maruitei-28


こういうドライブインでは絶対そばが食べたくなる。
いつもであれば安直に山菜そばを選んでしまうところ、釜めしが山菜なだけにちょっと慎重に検討。


20210502 maruitei-29


木札の品書きの列に唯一上書きしてある手書きの短冊を目ざとく発見。
その“奥多摩原木しいたけ あんかけそば”に決める。


20210502 maruitei-30


待っている間、次々後客が入り、あっという間に満席になった。
先手必勝的な動きが、今回光った。
満席といっても各席2~3人なのでスカスカではあるが。


20210502 maruitei-31


あんかけそばは、スライスされたしいたけがたっぷり。
驚くほど肉厚である。


20210502 maruitei-32


ホームページに“奥多摩 原木しいたけ「たまのこ」”の説明。

――旬の時期だけ味わえる標高1200m育ちの無農薬・無施肥で山の恵みだけで育つ原木しいたけは、肉厚でプリプリな食感と旨みが美味しいとリピーターも続出!


20210502 maruitei-33


具にしいたけと少しの青ネギのみという潔いシンプルさ。
長ネギの青い部分だけを極細に切り、彩りと香りを添えてある。
鈍重になりがちな甘辛あんかけが、添えられた本ワサビでキリッとなる。


20210502 maruitei-34


釜めしといえば、因縁というか、2年前の10連休の旅行のときに食べて以来だと思う。


20210502 maruitei-35


具は、タケノコ、ワラビ、マイタケ、ニンジン、ウズラに、やはり肉厚しいたけの甘辛煮。
あっさりした味付けで食が進む。


20210502 maruitei-20


切り干し大根、ナスの煮浸し、ダイコンの甘酢漬けと、副菜も手づくり感いっぱい。


20210502 maruitei-37


片道2時間足らずでいけるリフレッシュポイント。
狙い目はこのように観光地すぎないところかな。


20210502 maruitei-25


[DATA]
奥多摩湖レストセンター 丸井亭
東京都西多摩郡奥多摩町川野289
http://maruitei.com/





インスタやってます (。-_-)ノ ヨロシク♪

ランキングも ヾ(_ _。) ペコ…







[Today's recommendation]

wachat210502.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/2bDHzugiOvA

 にほんブログ村 音楽ブログへ





 奥多摩名物
2021.05.02 へそまんじゅう総本舗/東京都青梅市日向和田3-863

20210502 hesomanju-2720210502 hesomanju-26
20210502 hesomanju-23


おへそ形のまんじゅう。蒸したてフワフワをいただける。
北海道産小豆100%にこだわった自家製粒あんがおいしい。


20210502 hesomanju-24




地元産にこだわる 【ぎょうざやへいはち】

2021.04.30

 東久留米の住宅街にある餃子店「ぎょうざやへいはち」は気になる存在だった。
自転車で適当に走っていて偶然見つけたのはずいぶん前のことだが、このあたりは道が非常にわかりづらく、その後もお店を目にするのはいつも偶然なのだった。
それでも年季の入った店構えのインパクトは強烈で、忘れえぬ光景となる。


20210430 heihachi11


どこで目にした情報か覚えていないが、こちらは材料に地元・東久留米産野菜を使った真面目なお店ということであり、それも記憶に残っている。

ブログを始めてからは、東久留米在住のブロ友mさんからリクエストいただいていたにもかかわらずずっと訪問できずにいて、それも引っかかっていた。


20210430 heihachi1220210430 heihachi13


満を持して敷居をまたぐ。


20210430 heihachi14


が、ガランとしたたたきの間に人の気配はない。
入り口を間違えたか…? といったん外に出て左側ののれんの掛かる通路をのぞいてみたり、あちこち見回してみても、窓口らしき案内板も呼び出し用のインターホンも見当たらない。たたきの間では無音のテレビがついているから人がいるのは確かなはずだが、建物自体に現役感がなく、どこの戸も近づくのがはばかられるのだ。
再び外に出てぼうぜんと立ち尽くしていると、どこからともなく男性が現れた。


20210430 heihachi15


「やってます?」とおそるおそる声をかける。
「持ち帰りだけですけど」と、店主風の男性。

思ったより若めの方で物腰も柔らかく、ホッとしたのである。
1人前5個の焼き餃子を2パック注文。


20210430 heihachi16


焼き上がる間、丸いすに座って待っていると、ご主人は右の戸口を出たと思ったら左の通路から入ってきたりと、動きが予測不能である。やはりどこからも物音がしない。いきなり背後から声をかけられギョッとさせられたりする。


20210430 heihachi19


餃子を受け取るとき、ずっと興味深かったことを聞いてみた。

「ここ、ヤマザキショップだったんですか?」
「いや、ミニスーパーだったんです」とご主人。


20210430 heihachi20


お父さんの代からミニスーパーをやられていて、当然パンも売っていたからヤマザキの看板が掛かっていたと。
そのころから惣菜も扱っていて、餃子をメインに惣菜・弁当屋さんに業態転換したという。餃子・シュウマイは「ぎょうざやへいはち」、その他の弁当はスーパーの屋号を継承した「お弁当いちかわ」の二枚看板で現在に至る(「いちかわ」部門はコロナ禍につき休業中)。


20210430 heihachi1720210430 heihachi18


うちに帰って袋を開けてアセッた。
で、でかい… w( ̄▽ ̄;)w !!


20210430 heihachi21


写真を見直すと、看板に“1個65g”と書いてある。5個で325g。
2人で1パックでよかったんじゃないかなぁ…。


20210430 heihachi22


見た目だけでなく箸で持ち上げてもずっしりくる。5個食べたら手首が疲れるレベル。
餡がみっしり詰まっているのだ。


20210430 heihachi25
比較対照により餃子のデカさが伝わるだろうか


肉・野菜のバランスがよく、下味が強くないので野菜の自然な甘味をそのまま味わえる感じ。
ニラとショウガの香りが比較的強い。


20210430 heihachi2320210430 heihachi24


厚皮タイプでなくこれだけでかいにもかかわらず、しっかりコシのある皮で崩れることがない。
お店HPによれば、野菜だけでなく皮の小麦粉も東久留米産の柳久保小麦を使っているとのこと。

うどんを打てばその名だけで人を呼べる“幻の小麦”を皮に使った餃子。
うまいはずである。


20210430 heihachi26


[DATA]
ぎょうざやへいはち
東京都東久留米市幸町3-13-1
http://www.giyouzayaheihachi.com
https://www.facebook.com/GyouzayaHeihachi/





インスタやってます (。-_-)ノ ヨロシク♪

ランキングも ヾ(_ _。) ペコ…







[Today's recommendation]

wachat210430.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/TTAU7lLDZYU

 にほんブログ村 音楽ブログへ








がまんのGWふたたび 【ますも庵】

2021.04.29

 緊急事態宣言下のGW始まる。
「出ないでください」「来ないでください」の大型連休スタート。


20210429 masumoan11


出るな来るなとこれだけ連呼されれば、さすがに身動きとれなくなる。
降ったりやんだりの空模様ということもあり、昼ごはんは近場で。
モヤモヤの募る展開。


20210429 masumoan12


(2回目の)宣言明けに久々にそばを食べ最高の幸福感を味わった「ますも庵」へ。


20210429 masumoan1320210429 masumoan14


実際、そばに含まれる植物性タンパク質は、睡眠ホルモン“メラトニン”や幸せホルモン“セロトニン”の産生を促す働きがあるらしい。幸せホルモンドバドバらしい。


20210429 masumoan15


こちらは10:30開店。
早い時間に行けば密を気にすることなく落ち着いて食事ができる。


20210429 masumoan16


11時すぎの入店で先客ゼロ。


20210429 masumoan1920210429 masumoan20


十割そばと地粉うどんの二枚看板のこちらのお店、僕らはそばとうどんの両方を頼むことが多い。
今回は葉わさびせいろと肉汁うどん。


20210429 masumoan18


葉わさびせいろは去年も食べている。
そばは十割と磯切りから選べ、前回磯切りだったので今回は十割に。


20210429 masumoan21


盛りそばの上に葉わさびを散らした盛り付け。葉わさびはしょうゆ漬け。
葉わさびは大好きでうちでもよくつくるが、辛味・甘味・香りを引き出すための下ごしらえがそう簡単ではなく、今年2回やって1勝1敗。その1敗をここで取り返そうと。


20210429 masumoan22


ツンと鼻に抜ける清冽な香りが素晴らしい。
薬味におろしワサビも添えられ、ツンツン!! Wワサビを愉しむ。
辛味成分アリルイソチオシアネートでコロ助をやっつけろ!(と、毎回書いてるような… (-ω-ゞ


20210429 masumoan23


東村山は武蔵野うどんの聖地であり(4/10放送『出没! アド街ック天国 東村山』で“武蔵野うどん”は4位)、武蔵野うどんといえば肉汁うどん。
意外なことに「ますも庵」で肉汁は初めてかも。


20210429 masumoan25


無漂白粉の灰色のうどんは、小麦の甘味が強く、香りも立つ。


20210429 masumoan24


肉汁は豚肉とネギの黄金コンビ。
薄切り肉とクタクタに煮込んだネギがおいしい。


20210429 masumoan26


市内には人気店が多い関係上大きい声じゃ言えないが、ここのうどんがいちばんおいしいかも…。
モヤモヤ解消には、おいしいものを食べるのがいちばんかも。


20210429 masumoan27


[DATA]
ますも庵
東京都東村山市本町2-16-30





インスタやってます (。-_-)ノ ヨロシク♪

ランキングも ヾ(_ _。) ペコ…







[Today's recommendation]

wachat210429.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/UhBc3jw0zX0

 にほんブログ村 音楽ブログへ




20210429 rasho22
これは気になる(某ラーメンショップ)




Latest Articles
2年ぶりの… 【ラーメン専門店 和】 May 10, 2021
既視感と違和感と 【いとう屋 本店】 May 09, 2021
遊び心いっぱいな 【シャモア洋菓子店 富士見町店】 May 08, 2021
夕方、歩けば… 【さくら茶屋】 May 07, 2021
猫つながりな一日 【甘味処 百】 May 05, 2021
パリパリのダブル感な 【ナンバガン】 May 04, 2021
東村山生まれの銘酒たち 【本多屋酒店】 May 03, 2021
新緑がまぶしい 【奥多摩湖レストセンター 丸井亭】 May 02, 2021
地元産にこだわる 【ぎょうざやへいはち】 Apr 30, 2021
がまんのGWふたたび 【ますも庵】 Apr 29, 2021
緑深く幽玄な 【彩翔亭】 Apr 27, 2021
市境の衰退商店街に残る… 【鳥長商店】 Apr 25, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2