FC2ブログ

高田馬場を代表するロシア料理の名店 【チャイカ】

2019.12.11

 高田馬場で食事する店を考えていて、芳林堂書店のビルにロシア料理店があったことを思い出し、先月、馬場に出かけたときに行ってみたらまだやっている。機会があれば入ってみたいと思っていた。


20191209 chaika-11


30年ほど前、薄給のサラリーマンはささやかな楽しみとして食べ歩きみたいなことをやっていて、ちょうどエスニックブームのはしりの時代で、いろんな国名を掲げる料理店に入った。渋谷のベトナム、代官山のカンボジア、メキシコ、青山のイタリア、六本木のインド、インドネシア、ドイツ、新宿のタイ…。
そのころ入った渋谷の西口歩道橋の向こうの桜丘町にあった「ロゴスキー」が、覚えている限りでは唯一入ったことのあるロシア料理店。

いまこういうことをやっているのは30年前の続きのような感覚が少しあって、老舗っぽい各国料理店というのは当時の空気感みたいなものが思い出されるようでグッとくるものがあるのだ。


20191209 chaika-12


「チャイカ」(Чайка)は“カモメ”の意味で、文学青年だった方ならご存知かもしれないがチェーホフの著名な戯曲の原題に使われている。
また、世界初の女性宇宙飛行士ワレンチナ・テレシコワのコールサインであり、「Я Чайка(私はカモメ)」は女性宇宙飛行士の宇宙で発した最初の言葉として世界中に知れ渡った。


20191209 chaika-13


ということで、空飛ぶカモメがあしらわれたロゴマークが素敵な「チャイカ」。
Since 1972と、まもなく半世紀という歴史を持つ。


20191209 chaika-14


ランチセットメニューから、ビーフストロガノフ・セット(ボルシチ・ビーフストロガノフ・サフランライス)¥1200、トロイカ・セット(ボルシチ・ピロシキ・つぼ焼き)¥1200をオーダー。
ロシア料理といえば、ボルシチ・ビーフストロガノフ・ピロシキ・つぼ焼き… 以上! という個人的知識の限りを押さえる注文法。


20191209 chaika-15


驚くほどハイソ的女性率の高い店内。中央に小さい2人掛けテーブルが密に配置されているエリアの真ん中らへんに通されていて両隣が近い。おっさんはガッチガチに緊張してます (-"- ; A
「BGMはムソルグスキーなんだねー、ロシアだけに」とか言いながら平常心を保とうと努める。


20191209 chaika-16


ボルシチがわりと早い提供。
「ワタシの作る野菜スープと同じ」とのたまう、平常心そのものの相方。
うちでビーツが入ってることはないやろ ヾ(- -;) …


20191209 chaika-17


トロイカセットはパン生地系の2品が主食を兼ねるという組み立てだ。
ピロシキはもっちりした生地の中にタマネギとひき肉がぽろぽろ。また、短い春雨が入っているが、調べてみるとそれは上記「ロゴスキー」考案による日本流のスタイルのもよう。


20191209 chaika-18


つぼ焼きの生地はピロシキと同じものかもしれない。スプーンで破る楽しさがある。
中には濃厚なクリームシチュー。


20191209 chaika-19 20191209 chaika-20


ビーフストロガノフは、こま切れではなくステーキサイズの肉の塊が一つドーンと入っていて、ナイフとフォークでいただく。さっぱりしたサフランライスが濃厚なソースを引き立てる。


20191209 chaika-21


北国だけに、体を温める効果のあるサフランは理にかなっている。
全体にタマネギが多用されているのも同様の理由によると思われる。


20191209 chaika-22


山手線の駅としては変化の少ない高田馬場を象徴するお店。
マトリョーシカの向こうを新型のE235系電車が走る。


20191209 chaika-23


[DATA]
チャイカ
東京都新宿区高田馬場1-26-5 FIビル2F
http://www.chaika.co.jp/
https://www.facebook.com/Chaika.Restaurant



[Today's recommendation]

wachat191211.jpg ◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/rx6Eo6liyCg

 にほんブログ村 音楽ブログへ






すっきりとしてかつ味わい深い… 【麺蔵 もみじ】

2019.12.09

 久米川駅南口の「麺蔵 もみじ」は東村山市内でもトップクラスの人気ラーメン店だが、なぜかこれまで一度も入ったことがなかった。


20191209 momiji-11


人気店=混む… という単純な理由でこういうお店は無意識のうちに回避してしまい、それを続けているうちに存在そのものを忘れてしまう。


20191209 momiji-12


特に目的もなく久米川の駐輪場に自転車を止めたわけだが、無性にラーメンが食べたくなった。
時刻は1時半を回っていた。
人気店に行ってみるか… となった。


20191209 momiji-13


まったく予備知識なしに券売機に対峙し、左上の法則にのっとり地鶏醤油750円をポチッとな。


20191209 momiji-23


店内はカウンターのみ10席ほどで、先客は若い女性1名。
スタッフは年配の男性と壮年の男性の2人体制。


20191209 momiji-16


若いほうの店員さんに食券を渡すと、「麺大盛りか小ライス、サービスとなりますが?」と。
無性にラーメンが食べたくなったのは、午前中に仕事で三重県の某テーマパークについて調べていたためだと思われるが、もう一つ、二日酔いで重めのものは食べられそうにないという理由も…。
なので、サービスは辞退。入るタイミングを間違えた、ちくしょーめ!


20191209 momiji-15


5分弱でラーメン来る。


20191209 momiji-18


ものすごくスープの色が濃い。
色は濃いがスッキリしていて、コクはあるが不自然なうま味は感じない。


20191209 momiji-19


チャーシューはよく煮込んであるが、崩れる手前ギリギリの軟らかさ。
メンマは甘くないのがよい。


20191209 momiji-20 20191209 momiji-21


麺はいまどきのラーメンには珍しくいわゆる加水率の高いツルッとしたストレート麺。それも割り箸で取り逃がすほどツルッツルで、これは好みが分かれるところ。


20191209 momiji-17


このお店はスープや具材の味付けが秀逸で、人気店だけのことはあると感じた。
スープに不純な感じのうま味・甘味がなく、あとで喉が渇くことがなかった。
そういう意味では、かなりポイント高いです。


20191209 momiji-22


[DATA]
麺蔵 もみじ
東京都東村山市栄町2-7-29



[Today's recommendation]

wachat191209.jpg ◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/pPxNiX51cEw

 にほんブログ村 音楽ブログへ






意外やマッタリ落ち着く自宅型すし店 【愛寿司】

2019.12.08

 新所沢街道のハム・ソーセージ店「シャルキュトゥリー・モエ」で贈答用の買い物をしたあと、午後に大事な用事があってそんなにゆっくりしてもいられないので、すぐ近くの「おもてなし 一膳食彩」で昼ごはんにする予定だったが、臨時休業。
さて困った。このへんは食べるところが少ないから滝山中央の商店街に向かおうと次の信号を右折して西中通りへ。

そのコース取りが悪かった。
いや、よかった ヾ( ̄ω ̄;) モシモシ?


20191208 aizushi-27


西中通りからさらに1本入ったところにおすし屋さんがある。
メイン通りから2回曲がった完全な住宅街であり、そんなところに飲食店があるとはまず思わないし、しかもつくりがごく普通の住宅であるから、近くを通っても気づかない人がほとんどというような…。
さらには、ビルトインガレージ構造で玄関が中2階くらいの高さにあり、表から隔てられているため、入りにくそうなことこの上ない。
ずっと気になりつつも、ちょっとムリ… (ヾノ・ω・`)ムリムリ という孤高の存在であった。


20191208 aizushi-12


それが、ケツがカッチンだったのがよかった。
「ここにする…?」「うーん、そうだね」と、わりとすんなり決定が下された。


20191208 aizushi-13


玄関ドアを開けて「ごめんくださーい」って、やっぱりよそんちに来たみたいだ。
「はーい」と、よそんちの奥さんがスリッパをパタパタさせて応対にやって来る。
にこやかでとてもフレンドリーなおかみさんと気さくな大将で、ひと安心。


20191208 aizushi-14


玄関で靴を脱いで上がる。左手が居住スペースのようで、廊下を真っすぐ奥に進む。
暖簾をくぐってドアを越えると、民家におじゃましているつもりが、いつの間にか“お店”に入り込んでいる。これにはかなり驚かされた。
一般住宅の中に立派なおすし屋さんが入れ子のように造り込まれているのである。


20191208 aizushi-25


注文はランチメニューのにぎり980円×2。


20191208 aizushi-17
20191208 aizushi-18


カウンター5席と小上がり2卓。
隠れ家感マックスなうえに安定感抜群な演歌の似合う和風空間。


20191208 aizushi-15


これは近所にあったらハマる。
そのしるしに、棚には焼酎のキープボトルがたくさん。


20191208 aizushi-16 20191208 aizushi-23


なにより大将とおかみさんの振る舞いがごく自然体である。自宅だけに。
客も自然とリラックスしていく条件が整っている。


20191208 aizushi-19


ランチにぎりは、にぎり7貫と巻き物(鉄火と干瓢)6個の立派な内容だ。


20191208 aizushi-20

20191208 aizushi-22 お椀はアマエビの頭と豆腐のみそ汁


ネタはどれも新鮮で、エビは大ぶり、ランチにコハダはうれしい。
浅めの締め加減のコハダだが、くさみを感じないのはネタのよさの証しのよう。


20191208 aizushi-21


この値段でデザートまで付く(コーヒーゼリー)。


20191208 aizushi-24


「すごく落ち着くお店ですね」と相方が言うと、「入ってしまえばね(笑)」とおかみさん。
たしかに、ハードルはめっちゃ高いが、入ってしまえばやばいぐらい落ち着ける超優良店である。

当地で38年やられているそうだ。
そんなに長く…? と、さっきまでなら意外に思っただろうけど、入ってしまった者としては激しくナットクさせられたのであった。


20191208 aizushi-26
以前はごく近所で普通の路面店として営業されていて(右前方の居酒屋の物件で10年)、いまの自宅開放型になって28年という


[DATA]
愛寿司
東京都東久留米市滝山1-9-13



[Today's recommendation]

wachat191208.jpg ◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/t5ze_e4R9QY

 にほんブログ村 音楽ブログへ






Latest Articles
ふるさとの復興支援イベント! ――出張カキ小屋「牡蠣奉行」 Dec 15, 2019
1CLシリーズ、まとめてみた ――その2 Dec 14, 2019
追憶のチャンポンを求め… 【長崎ちゃんぽん・皿うどん 球磨】 Dec 13, 2019
高田馬場を代表するロシア料理の名店 【チャイカ】 Dec 12, 2019
すっきりとしてかつ味わい深い… 【麺蔵 もみじ】 Dec 11, 2019
意外やマッタリ落ち着く自宅型すし店 【愛寿司】 Dec 09, 2019
ソースメーカー直営の甘味・惣菜処 【さくら茶屋】 Dec 07, 2019
価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】 Dec 06, 2019
ドカ盛り1CLに、感謝… 【来々軒】 Dec 05, 2019
駅ビルに残る“新宿な”異空間 【ビア&カフェ BERG】 Dec 04, 2019
四季のヘルシーメニューを穴場カフェで 【季節のテーブル 野の花】 Dec 02, 2019
年内限定特別価格! と○ふ◯コースを堪能 【葉月】 Dec 01, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2