FC2ブログ

老舗中華料理店の名物つゆそば 【翠蘭】

2020.01.19

 冬物バーゲンの時期なので、アウターを買いに吉祥寺へ。
まず昼ごはん… のところで滞る。
どこも行列である。
だから休日の吉祥寺なんか来ちゃダメって、何度も思い知らされてるはずなのに、懲りずに繰り返す。


20200119 suiran-32


途中、歩き回るのはやめて決め打ちすることにして、熟考。
協議の末、いつもお客さんでいっぱいだが大行列ということにはなっていないだろうという読みで、「翠蘭」に決定。
訪問するのに協議を要するのは、高いから… (; ^_^ A


20200119 suiran-12

20200119 suiran-1320200119 suiran-14


駅からサンロードに入ってすぐ左手のシュープラザビルの地下。


20200119 suiran-15


古い人には三浦屋地下と言ったほうがいまだに通りがいいその場所には、「美とん」「さくらい」そして「翠蘭」と、僕が吉祥寺に住んでいた40年近く前にはすでにあったというお店が3店も残っている。


20200119 suiran-16


創業年を調べると、“1981年創業の老舗”という情報と“1978年、ビルの竣工と同時にオープン”という情報がある。一方、不動産情報によると、ビル開業は1969年。


20200119 suiran-18


いろいろ情報が錯綜しているが、少なくとも僕が吉祥寺に住み始めた1981年に存在していたことは確か。
ただし、こういうチョイ高級路線なお店に学生の関心が向くはずもなく、初めて入ったのは21世紀になってからである。


20200119 suiran-33


これまで4~5回しか入ったことはないが(高いから…)、食べるのはいつも五目つゆそばと決まっている。
これはおそらく当店一番人気の名物メニューで、要はカントンメン的なあんかけ汁そばだが、ちょっと提供スタイルが変わっている。


20200119 suiran-17


もう1品、焼きそば好きの相方は五目焼きそばを頼むのが常だが、それだとつゆそばと具が同じになってしまうので、今回は目先を変えて黄ニラと鶏肉の焼きそばに。


20200119 suiran-2020200119 suiran-21


五目つゆそば、どう変わっているかというと、素ラーメンと具入りのあんが別容器で出されるのだ。


20200119 suiran-22


これを初めて頼んだとき、どう食べるの…? と悩んだ。
つけ麺または釜揚げうどんのように麺をつゆ(あん)につけつつ食べるのか、ラーメンの上にあんをぶちまけるべきか…。


20200119 suiran-23

20200119 suiran-24


あとで見た口コミか何かによると、まず素ラーメンのスープと麺を味わったのち、つけ麺スタイルを楽しみ、おもむろにあんを全部ぶちまけてあんかけ汁そばを堪能する… と。
それ、やってみましょう d ( ̄▽ ̄)


20200119 suiran-25

20200119 suiran-2620200119 suiran-27

20200119 suiran-28
あんはたっぷりで、これで3分の1くらい


あんかけの具は、ハクサイ、コマツナ、干しシイタケ、タケノコ、ギンナン、エビ、イカ、チャーシュー。
干しシイタケが驚くほど肉厚。チャーシューは食紅で色を付けた縁の赤い本格派。
自家製という卵を使った細麺が独特の優しい味わいである。


20200119 suiran-29


黄ニラと鶏肉の焼きそばは、上品なつゆそばとは対照的に荒々しい。
なにしろ黄ニラのほかに青ニラ、長ネギ、玉ネギと、ユリ科ネギ属が4種類も使われている。修行の身には匂いをかぐことすら許されないようなシロモノである。
まあ、それだけに、冬はあったまっていいんだけど。


20200119 suiran-30


表の喧騒をよそに、休日でもじっくり落ち着いて食事ができる。
ここには古きよき吉祥寺が残っている。


20200119 suiran-31


[DATA]
翠蘭
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-9-10 シュープラザビルB1F
http://www.m-biso.co.jp/column/suiran/suiran.html







[Today's recommendation]

wachat20200119.jpg ◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/d2FMGRfGEHg

 にほんブログ村 音楽ブログへ




20200119 sometime-11
ペニーレーン




Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

鍵コメさま

創業当時、その時代にあって香港から料理人を呼び寄せるこだわりようだったそうです。
回るテーブルがあるかどうか、未確認ですけど…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Latest Articles
最後の晩餐的感覚…? 昼だけど 【ながしま 磯とり料理】 Apr 02, 2020
2020 祝開店!! ②――川の畔の和カフェ 【八福豆】 Apr 01, 2020
食べに行けないなら、持ち帰ろう! ――#東村山エール飯 Mar 30, 2020
夜桜&ウイルス退治の逸品料理―洋食編 【Kitchen KEIJI】 Mar 29, 2020
夜桜&ウイルス退治の逸品料理―和食編 【久米川 絹】 Mar 29, 2020
だいじょうぶかぁ…? 【笹本だんご店】 Mar 28, 2020
2020 祝開店!!――おしゃれなパスタ屋さん 【パスタ食堂】 Mar 27, 2020
節目に思うこと 【九州ラーメン いし】 Mar 26, 2020
味に間違いなしの神社ラーメン 【峰英軒】 Mar 25, 2020
天ぷらの山と海老フライの塔と… 【た川】 Mar 24, 2020
関東(ry) うどんロード ―3 【高田屋】 Mar 23, 2020
あと引くおいしさの韓国餃子 【餃子工房】 Mar 22, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2