fc2ブログ

昭和ラビリンスな喫茶店メシ 【ロマン】

2019.10.30

 目白に買い物の用事があり、高田馬場から歩いていくことにして、昼ごはんのお店を馬場周辺で調べた。
稲門ビルに食事のできるレトロな喫茶店があるという。
しかしこれが容易にはたどり着けないのである。


20191030 roman-11
高田馬場駅(早稲田通り側)から見た稲門ビル


現場はM2Fとのことで、稲門ビル正面の階段を上って迷路のような通路を行きつ戻りつ。
しかし、お店が見つからないばかりか案内表示などにも店名の気配がなく、これは閉店したに違いないという結論に至り、別の階段から外に出て坂を下ろうとしたところ、さらに別の階段の上り口がある。
これがM2階の入り口なのだった。


20191030 roman-12
駅前の交差点から神田川に下る坂。左が稲門ビルで、ここの階段がM2Fの入り口になっている

20191030 roman-1420191030 roman-15


斜面に立っているビルで、どこが1階でどこが2階やらと、そもそもがわかりにくい構造だが、外から見るとM2Fは高さ調整用の空間で、余分にブロックがはめ込まれているようなつくり。


20191030 roman-13
不動産屋が1F、眼科が2Fで、その間の窓列がM2Fの「喫茶 ロマン」


普通に行き来している坂道の途中にこんな入り口があるとは夢にも思わなかった… かというと、どうだろう…?


20191030 roman-16

20191030 roman-17


稲門ビルの喫茶店というものには学生時代に数回入った記憶があるが…。
喫茶店「ロマン」は、1969年の稲門ビル開業当初から入居するというから、ここだったのかも。
そもそも、ビル自体のこの迷宮のラビリンス(←重複表現)な構造もまるで記憶になく、昭和は遠くなりにけり、なのである。


20191030 roman-18

20191030 roman-19


入ってすぐの席が空いているが○○様と予約席のプレートがあるので奥に進むとタバコを吸うか聞かれ、吸わないと答えると、その予約の席に戻された。
でも喫煙席からいちばん遠いその席でも、めっさ煙いという、形ばかりの分煙 "o(-_-;*) ウーム…


20191030 roman-20


注文は、カツカレー900円と、日替わり弁当B カレイのなんちゃら(写真撮り忘れました…)850円。


20191030 roman-21


店名のフォントが昭和感いっぱい。中学校の美術でレタリングってやったなぁ。
店内の一角にガラス張りの四角い空間があって大きさから元は電話ボックスだったことがわかる。
テーブルの塩入れには湿気とりのコーヒー豆が入っていて、これもまたかなり昭和な感じ。


20191030 roman-23

20191030 roman-24

20191030 roman-25-2

20191030 roman-26


お店が昭和ならお料理も昭和で、たとえばそれが業務用惣菜を並べただけで成り立っていたりと…。
そんなことが思い出されるお食事かなぁ。
でもそこに提供する人の喜びや愛情のようなものが感じられるのが、(CKと違って)喫茶店メシの不思議なところ。


20191030 roman-22


[DATA]
ロマン
東京都新宿区高田馬場2-18-11 稲門ビルM2F





[Today's recommendation]

wachat191030-2.jpg




https://youtu.be/r1UEfgwiULo


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

鍵コメさま

1986年映画『ラビリンス』挿入歌。
ビルの名前にはなじみがありますが、行ってみると現場はほぼ記憶にないですね。

Re: こんちはー

つかりこさま

昔、5階建ての建物まではエレベーターの設置義務がないという話は聞いたことがありますが。
あるいは税金? とか、そのへんの事情はあるかもしれませんね。
あとで写真を見ると、左にもっと上って交差点になるわけですから、表通りとフラットなフロアはないということになるんでしょうか。
変わったつくりですよね。


> この店へ行く入口からは、他の階へ行けないのかしら?

↑非常通路のようなものはあるかもしれませんけど…
ほぼ専用階段の雰囲気でした。
でも正面から上った2Fフロア全体が迷路みたいなつくりで、調査目的で踏み込まないと全体像はつかめそうにないです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんちはー

あ、ホントだ。
変わった造りですねぇ。
中2階は、他のフロアより天井が低いのかなあ?

5階建て?6階建て?
たしか、ビルって、階数によって税のかかり方が違う(違ったっけ?)ので、
中階を作って階減らしをしたりするんだよなあ。
それにしても、珍しくも大胆な作りですよね。
この店へ行く入口からは、他の階へ行けないのかしら?
もしそうだったら、いよいよラビリンスですねぇ。

あ、食べ物のハナシとちゃいますね。
すんません。
Latest Articles
文化財建造物を誇る名刹 【吉見観音 安楽寺】 Sep 25, 2022
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
コミュニティの中心に 【野村商店】 Sep 23, 2022
地場野菜と仕込み水が自慢の 【自然処 玉井屋】 Sep 22, 2022
小京都の酒蔵と衰退商店街と 【晴雲酒造】 Sep 21, 2022
大正ロマンなB級グルメ 【好古壱番館】 Sep 20, 2022
江戸期の商都を体感 ――栃木蔵の街 Sep 19, 2022
地域きっての… 【ますも庵】 Sep 17, 2022
昭和そのままなたこやき屋さん 【たこやき高橋】 Sep 16, 2022
こんな活力のもと 【そばうどん 松本】 Sep 15, 2022
すし折りの幸せ感 【明治屋】 Sep 13, 2022
運気の上がる? 【福元】 Sep 12, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2