fc2ブログ

五目のトッピングの可否は? 【栄信軒】

2017.05.05

 「五目揚げ焼ソバってただの揚げ焼ソバより150円も高いんだけど、どう違うんだろう?」と妻。
「せっかくだから五目にしてみれば」と僕。
で、運ばれてきたのが写真のようなシロモノ。

そう来たかぁ…。


eishinken12 (2)


五目揚げ焼ソバ820円は、揚げた麺の上にあんがかけられ、その上に“五目”の具がトッピングされている。
あんの部はハクサイ、モヤシ、タマネギ、ニンジン、シイタケ、キクラゲ、エビ。トッピングはチャーシュー、ゆで卵、かまぼこ、ナルト、伊達巻きの5品。
「150円だけあって豪華だね」と妻。
豪華って、そりゃ色は派手だけど…。


fukueido28.jpg


このテの五目焼きそばの存在は知っていた。というか、出会ったことがある。
あれはたしか北陸新幹線が金沢まで開業したときだから2年前のいまごろ、銀座インズの「北京」という中華屋でのこと。やはり妻が注文した五目ヤキソバがそうだった。
トッピングはチャーシュー、ナルトのほかにメンマや炒り卵、焼き海苔など、かなりインパクトのあるビジュアルだったことを覚えている。


fukueido24.jpg


僕の考える標準的な五目焼きそばは、具はすべて炒めたのち、あんをまとって一体化されている。ここでいう“五目”とは、野菜類のほかにエビ、イカ、ホタテなどの海鮮、フクロタケ、キクラゲなどキノコ類、タケノコ、肉類、ウズラの卵、場合によっては豚モツ、など。


fukueido27.jpg


それに対してこのトッピングタイプの“五目”は練り物を中心に構成されている。そう、いわゆる五目中華そばとか五目ラーメンとかと称されるものと同じ陣容である。
前者が本格中華に連なる系統に位置づけられるのに対して、後者はB級ど真ん中。もはや思想信条の違いといってもいいほどの隔たりがそこには存在しそうだ。


fukueido22.jpg


僕は五目中華は全面的に認めるという立場をとる。ラーメン類の中で注文頻度はむしろ高いほうでもある。一方、トッピングタイプの五目焼きそばには違和感を覚える。
その違いは、価値観・常識が形成されているかいないかということにすぎない。子どものころから普通に接している五目中華は僕にとって常識だが、2年前に初めて出会った五目焼きそばはそうはなっていない。


fukueido23.jpg


しかし2年前まで自分が知らなかったのはたまたまで、おそらくこういうタイプは昔からあったに違いない。今回の2度目の遭遇で、少しは“常識”に近づいたかもしれない。


fukueido21.jpg


「五目とそうでないのの違いって何だったんだと思う?」と、妻はまだピンときていない。
「チャーシュー、ゆで卵、かまぼこ、ナルト、伊達巻きののってないのが普通の揚げ焼ソバだよ、たぶん」
「そうか…。じゃあそっちで十分だね」
それが妻の結論のようだ。


fukueido26.jpg


ちなみに僕は前回と同じタンメン670円。
ここ「栄信軒」のタンメンは安定のおいしさなのであった。


fukueido25.jpg


[DATA]
栄信軒
東京都小平市花小金井1-12-15





[Today's recommendation]


https://youtu.be/o_BBl0HB6cE





端午の節句
福栄堂/東京都小平市学園西町1-26-35

fukueido55.jpg
fukueido56.jpgfukueido57.jpg
柏もち180円(つぶあん・こしあん各2


関連記事

Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Latest Articles
あの時代の残照 【伊勢屋美原町店】 Feb 29, 2024
“ギョはん”宣言!? 【みんみん】 Feb 28, 2024
おばちゃん回帰的な? 【大丸食堂】 Feb 27, 2024
いちごの里のうどんは… 【楽楽庵】 Feb 25, 2024
産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】 Feb 24, 2024
光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】 Feb 23, 2024
2月22日は… 【おかき屋 百代】 Feb 22, 2024
タンメンの塩梅 【はつね】 Feb 20, 2024
ゆっくりな時間が流れる 【ジャスミン】 Feb 19, 2024
新回転寿司…? 【独楽寿司 町田木曽店】 Feb 18, 2024
異国情緒あふれる古刹 【山口観音】 Feb 17, 2024
観光地感を醸し出す 【観音茶屋】 Feb 15, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2