甘味処の軽食は…? 【あづま】

2019.10.06

 飲食業のジャンルに“軽食”というものがあるが、個人的に軽食と聞いて真っ先に思い浮かぶのがカレーである。この見解に多くの賛同が得られないことは想定内で、だいいちちっとも軽くないじゃないか! と自分でも思うが、まあ聞いてください。

軽食という文字を目にする機会がいちばん多いのは、喫茶店の看板。“軽食・喫茶”と対で使われる。喫茶店の食事メニューといえば…?
という論法で、“軽食=カレー”
オレだけかなぁ、そういうの… ( ̄-  ̄?) ンー…


20191006 azuma-13


ともかく軽食といえばカレーなんだが、それが甘味処となると、喫茶店にきわめて近い業態であるにもかかわらず事情が違ってくる。
“軽食=ラーメン”
こっちは理屈ではなく、経験上そうなってる。


20191006 azuma-19


経験といっても2店だけだが、どちらも古そうなお店なので甘味処でラーメンを食すのは古くからある習慣かもしれず、ちゃんと探せばお店もたくさんありそうな気がしている。


20191006 azuma-11


西早稲田に昔からある「伊勢屋」は、タンメンが人気のお店。
今回取り上げる高円寺中通り商店街の「あづま」は、詳しいことはわからないが、年季の入った外観と“軽食類”の充実したサンプルケースが魅力的で、ずっと気になる存在だった。


20191006 azuma-12


商店街HPによれば1969年創業。
建て付けも調度もそういう年代を感じさせるものがある。


20191006 azuma-14


2人掛けテーブル席4卓、3人掛けと4人掛けが各1、小さいコーナーソファが1という構成。
ホール係はしゃきしゃきして感じのよいのおばさま。


20191006 azuma-15


表でサンプルを見て決めた野菜ソバ550円と焼めし530円を注文。
ちなみに常連っぽい先客の2人組と後客の2人組も同じ組み合わせのオーダーで、知らず知らず人気メニューを選んだようである。


20191006 azuma-18


野菜ソバは、誰もがそうだろうがタンメンのようなものを予想。しかしてその実態は(←古いな…)、炒め野菜のたっぷりのったパッと見予想どおりの代物だが、スープが塩味ではなくしょうゆ味。まあ、しょうゆタンメンって感じ?


20191006 azuma-24 20191006 azuma-25


野菜はキャベツ、モヤシ、青菜、ニンジン、キクラゲで、ゆで卵とナルトのトッピング。
野菜の下から麺を引き上げてみると、これが予想外の細麺。のんびり写真撮ってる場合じゃない…! と慌ててすすり込む。
野菜の甘味がじわじわ染み出し、懐かしくも滋味深い味わいのラーメン。マダム御用達的な甘味処のイメージに反し、けっこう量は多い。


20191006 azuma-20


焼めしは、中華屋の基本的なチャーハンとほぼ同じ具を使用しているが、中華屋というより家庭でつくるチャーハンに近い。
一方、家庭では絶対出せない味とも思わせるのは、調理人の経験値と使い込まれたフライパンによるちょっとした“隠し味”が効いてる?


20191006 azuma-21


昼の時間帯ということもあるだろうが、すべて食事の客で、甘味処とは思えない回転の速さだ。
今度は銀座仕込みという甘味デザートをゆっくりいただきたい。


20191006 azuma-23


[DATA]
あづま
東京都杉並区高円寺北3-2-14



[Today's recommendation]

wachat191006.jpg ◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3
 
 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/muUNszkfRFg

 にほんブログ村 音楽ブログへ







 昔ながらのシンプルなせんべい

2019.10.06 手焼せんべい 都賀野/東京都中野区若宮2-4-18

高円寺にはいつもは野方駅から歩いていくが、気分を変えて都立家政から行ってみる。
妙正寺川の手前の坂の途中に、古いせんべい屋さんを発見。


20191006 tsugano-14

20191006 tsugano-13 20191006 tsugano-12


瓦せんべい系の久助(こわれ)詰め合わせ100円と、せんべい3種(みそ、ヒビ、茶)を購入。
デンプンや増粘剤、タンパク加水分解物、甘味料… といったものが使われていないと思われる昔ながらのシンプルな味わいのせんべい。


20191006 tsugano-11


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ああ

つかりこさま

この原稿を書いているころ各地の浸水被害の情報が入り始め、多摩川も危ないというので、どうしてもよみがえっちゃいまして。
昔からテレビドラマは見ないほうで『岸辺のアルバム』も見てないんですが、当時、高校の友人たちがさんざん話していたり、ジャニス・イアンが好きだったこともあって、むしろ強く刷り込まれてるんですね。
武蔵小杉や多摩川園で浸水なんて、昔そのへんに住んでいただけにリアルに恐ろしいですわ。

ああ

ああ、「Will You Dance?」はひょっとして、台風と『岸辺のアルバム』を
ひっかけたのでしょうか?
この曲は、意味を理解するのがとても難しくて
南アフリカの問題や、ソマリアの紛争を批判した内容だと
ないアタマで解釈しているのですが、
河川氾濫による被害に無関心な人を揶揄した歌、
と無理やり解釈できなくもないかな、とも思ったりして。(苦)

Re: おばんです

つかりこさま

まあ、普通はサンドイッチやトーストだと思うんです。軽いし。
でも今回、自分のブログの「カフェ・喫茶店」カテゴリーのお店で食べたものを確認したところ、約70%がカレー関係だったという。偏ってるなぁ… と(笑)。

西早稲田の「伊勢屋」はわりとそのスジでは有名で、この「あづま」を見たときは、お、ここにもある! って感じでずっと気になってたんですね。
で、探せばもっとあるような気がしてるんですが、やっぱりこういうのは東京の東側に行かないとダメかなとも思ってます。


> わっし、あんこ類とかケーキとかを食べるとなぜか
> コンソメスープとか、ラーメンのスープ(できれば塩ラーメン)を
> 飲みたくなるんですよう。(口が求めてくる)

↑甘味には箸休めで塩昆布や紫蘇の実漬けが付いてくることがありますけど、そうなるとどっちが“休め”かわかりませんね(笑)
でも男子的には、わかるわかる。。。

Re: No title

鍵コメさま

根津とか似てるかも。
本郷で駄目だったら根津なんか5階建てぐらいまで完全水没ですね…。

おばんです

> “軽食・喫茶”と対で使われる。喫茶店の食事メニューといえば…?
> という論法で、“軽食=カレー”

↑ おっしゃる通りだと思います。
人によってはカレーのほか、ナポリタン、サンドイッチ
とういうのもあるかもしれませんが、
そういうことだと思います。

だが・・・

> それが甘味処となると、喫茶店にきわめて近い業態である
> にもかかわらず事情が違ってくる。
> “軽食=ラーメン”
> こっちは理屈ではなく、経験上そうなってる。

↑ こちらは、個人的にはピンと来なかったです。
てか、甘味屋に食事系があるの?知らなかったー!って感じ。
だって、甘味処にほとんど入ったことがないんですわー。
へぇー、そうなんですね。

でも、ごく個人的にはとっても腑に落ちます!
わっし、あんこ類とかケーキとかを食べるとなぜか
コンソメスープとか、ラーメンのスープ(できれば塩ラーメン)を
飲みたくなるんですよう。(口が求めてくる)
お茶や、コーヒーや、紅茶もいいけど、スープもね、って感じ。
まさに、うってつけのお店ですねー。
あんみつ食べたら、きっとラーメンいっちゃいますねぇ。
そういう意味では、魔境ですね、甘味屋。
こちらの場合、とても良心的な値段だし。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Latest Articles
ラーメンハウスという業態は… 【白龍】 Oct 22, 2019
いい感じの田舎そば 【喜作】 Oct 21, 2019
マイナーファミレスの魅力とは? 【不二家 秋津店】 Oct 20, 2019
昔なじみにばったり… みたいな? 【らーめん たつ】 Oct 18, 2019
格を高く、敷居を低く 【椿】 Oct 17, 2019
熱々ウマウマ、超オトクな中華定食 【東来聚】 Oct 16, 2019
街の変遷を垣間見るがごとき… 【おかめ】 Oct 14, 2019
甘味処の軽食は…? 【あづま】 Oct 12, 2019
20数年ぶり? の価格改定 【九州ラーメン いし】 Oct 10, 2019
立ち食いそば屋で、あの天ぷら! 【木曽路】 Oct 09, 2019
ここにも歴史の生き証人が… 【とき】 Oct 08, 2019
ボリューム感にビビらされ… 【一翆】 Oct 07, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2