FC2ブログ

ふらっと大内宿 ――後編 【浅沼食堂】

2019.09.22

 (前記事のつづき)

大内宿で食事といえば、そば。
世事に疎い自分でも知っているチョー有名グルメであるから、行けばお店は見つかるだろうと何も調べずに行って、実際すぐにお店が見つかった。

まだ昼ごはんには早いので、まずは宿場を散策して… と歩き始めたら、またお店が見つかった。
「ん…?」
その隣も、向かいも…。
「ん…? ん…??」


20190922 ouchijuku-66


有名なのが1軒どーんとあるのかと思っていたら、この宿場はそば屋だらけやないかーい w( ̄Д ̄;)w
全部そば屋と言っても過言ではない。
(↑いや、言い過ぎだけど…)


20190922 ouchijuku-5420190922 ouchijuku-55
20190922 ouchijuku-5620190922 ouchijuku-57
20190922 ouchijuku-5920190922 ouchijuku-58


とりあえずそれはおいといて… という状態で、前報に記したように宿をひと通り見物しながら、いちばん奥の見晴台まで行った。
さて、昼ごはん。。。
さすがにスマホで調べました (; ̄ー ̄A …


20190922 ouchijuku-6020190922 ouchijuku-61
20190922 ouchijuku-6220190922 ouchijuku-63
20190922 ouchijuku-6420190922 ouchijuku-65


有名なネギそばの元祖は「三澤屋」というお店らしい。
せっかくだから元祖に入ってみたい。HPには“共同駐車場から歩いて4軒目”とある。
宿のいちばん奥から入り口近くまで引き返しました。


20190922 ouchijuku-51
20190922 ouchijuku-6720190922 ouchijuku-52
ねぎそばの元祖「三澤屋」


「三澤屋」は目立って行列はできていないが、順番待ち名簿にはずらっと記入してある。
そのへんに群がっている人々の会話から「1時間半待ち」という情報が漏れ聞こえてきて、記名するまでもなく離脱。

ということで次の候補。


20190922 asanuma-11
正面が「浅沼食堂」

20190922 asanuma-12


先ほどひと通り見て回った中で特に印象深かったのが「浅沼食堂」。
宿場のいちばん奥の家屋である。
再び奥へ。


20190922 asanuma-13
見晴台より。手前が「浅沼食堂」。いちばん目に付く位置にあるので、実は前報掲載の写真でも3枚に写っている


「浅沼食堂」は家並みの正面に一段高く、祝宴でいえば主賓席、会社忘年会でいえば社長席、大家族の食卓でいえば家長席(横座)というポジショニング。元は庄屋か名主か肝煎か…? という存在感だが、看板には“分家”とある。マップを見ると、“本家”も残っている。有力者は村の中心部に住まう?(大内宿観光協会HP「家並みマップ」参照)。


20190922 asanuma-14

20190922 asanuma-15

20190922 asanuma-16


12時すぎで5組ほどの順番待ち。


20190922 asanuma-20


20分ほどで縁側廊下の際の席に通される。


20190922 asanuma-17

20190922 asanuma-21


襖を外して3間つづきにしたような広い座敷の間にゆったりと席が配置。
土間側には囲炉裏があり、串刺しにされたイワナが薪火を取り囲んでいる。


20190922 asanuma-32

20190922 asanuma-1920190922 asanuma-18


注文は、岩魚定食1200円と、ねぎそば1000円。


20190922 asanuma-2220190922 asanuma-23


まず岩魚定食。
囲炉裏からそのまま皿に載せて出されたという感じ。


20190922 asanuma-24

20190922 asanuma-25


「この魚は全部食べられます」と、宿のおじさん。「頭からいっちゃってください」
言われたとおり、頭からガブリと。
おー、これはうまい!


20190922 asanuma-26

20190922 asanuma-30


骨まで軟らかく焼き上げられ、頭の骨もぜんぜん当たらない。脂がのっていて「頭がいちばんおいしい」というおじさんお言葉にナットク。
小鉢の大根おろしにもみそ汁にもナメコと、山里らしい副菜。赤皮のカボチャが郷愁を誘う。


20190922 asanuma-28


さて、大内名物ねぎそば。
えー… 見たまんまです ヽ( ̄▽ ̄)ノ ナハハ♪


20190922 asanuma-27-2


「箸にも薬味にも使えます」とおねえさん。
でも、こちらのそばは切りが短く、ネギ1本ではうまく持ち上がらない。素直に割り箸でいただきました。
そば自体、つなぎが少なく手打ち感いっぱいのおいしいそば。


20190922 asanuma-29


廊下の戸は開け放たれ、山里の風が通り抜けて気持ちいい。
舞台から見下ろすように宿場の通りを一望でき、やはりこの家屋は主賓席のようだ。
まさに五感で味わうぜいたくなひととき。


20190922 asanuma-31


[DATA]
浅沼食堂
福島県南会津郡下郷町大内山本51





[Today's recommendation]

※旅の間ネコ不在のため猫写真はお休みします




https://youtu.be/HwbWvGtaZGo


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

鍵コメさま

下の谷筋を会津鉄道が通ってますが、最寄りの駅から5km以上はあるようです。
ローカルバス便さえあれば、案外行きやすいかもしれませんが。

保存地区に選定(1981)されるまで、よくこれだけ残ったものだと思います。

Re: No title

KUONさま

そうです。がしがしです。
なので1日中、本人にもわかるくらいネギ臭いです。
商談やプレゼン、密会や謀略等の予定のある人は食べないほうがいいです。
そば自体は田舎っぽく素朴でおいしかったです。

この岩魚のおじさんは水槽から魚をすくってましたから、さばいて串を打って… と全部やってるんでしょうね。
もしかしたら川で釣ってきて… も。
岩魚に対する並々ならぬ愛情が伝わってきました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは。

ねぎ蕎麦。えええ!。素朴な疑問、これネギ一本、がしがし齧りながらそばを? お蕎麦美味しそうですが。

岩魚の囲炉裏につききりで、焼ける魚のお守りをしておられる男性・・・ふうむ。

これだけきれいに藁葺屋根を保存しておられる、凄いですね。大変なことと思いました。
Latest Articles
時をかけるスパゲッティ&ドライカレー 【カフェグリーン】 Sep 22, 2021
素晴らしく昭和な 【キッチンサン】 Sep 20, 2021
こんなラーメン屋さん、懐かしい 【ラーメンショップまるよし】 Sep 18, 2021
日帰り旅 【大もりや】 Sep 17, 2021
元気をもらえる朝ラー 【村山ホープ軒 本店】 Sep 16, 2021
しっぽり飲みたい 【本むら庵】 Sep 14, 2021
コロナ禍でも根強い人気 【じゃがいも】 Sep 13, 2021
東村山が誇る銘菓 【宝来屋】 Sep 12, 2021
さんぽ 【サントアン】 Sep 11, 2021
カツカレー、こういう感じもいいな… 【八海食堂】 Sep 09, 2021
ポストワクチン時代は… 【木曽路】 Sep 07, 2021
夢から醒めて 【ぼん天 瑞穂店】 Sep 06, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2