FC2ブログ

渋谷といえば! な老舗台湾料理店 【麗郷 渋谷店】

2019.07.28

 今日は夕方に渋谷に用事。
その前に昼ごはんを渋谷でとることにした。


190726 reikyo-27



渋谷に来ると、「まずは『麗郷』」となる。
“まずは”とはtop priorityという意味で、「渋谷といったら、やっぱ『麗郷』でしょ」みたいな。

“まずは”のあとは当然、“次は”となるはずだが、それがない。
お店候補はいくらでもあるが、そもそも渋谷に来る機会がない。

思い返すと、渋谷に来たのはたぶん4年ぶり。4年たって「じゃ、次はどこそこね」とはならない。
やっぱ「まずは『麗郷』」からやり直し。


190726 reikyo-12


「麗郷」は道玄坂小路にある台湾料理店。1955(昭和30)年創業の老舗である。
以前、渋谷圏の東横線沿線に住んでいたころ、当然渋谷で飲むことが多く、そんなときに入ったりしていた。昼より夜に使う店という印象。


190726 reikyo-13-2


行列覚悟で行ってみると、フロアマネージャー風のおじさんが往来を眺めたりとお手すきの様子。すぐに円卓の隅に席をとることができた。
そのあとたちまち順番待ちが発生しているので、ちょうどはざまで運がよかったもよう。


190726 reikyo-14


「麗郷」といえばシジミ。メニュー表にただ“海蜆 シジミ”と書いてある、まあシジミのニンニク炒めみたいなやつ。
ほとんどの席にシジミの皿が運ばれていく。
あとは腸詰と野菜炒め的なものに、ビールか中国酒… というのがお決まりのコースだ。


190726 reikyo-16


日曜ということもあり昼からビールのお客も多いが、僕らは用事があるので、水。
注文は、五目そば900円、やきビーフン800円、水餃子800円。
ビールがないので、シジミも腸詰も頼まない。


190726 reikyo-17
190726 reikyo-18


5分とかからずビーフン来る。


190726 reikyo-20


これもシジミと同じくらいよく出る皿で、作るほうも見込みでどんどん作っていると思われる。
具は豚肉、モヤシ、ニラなどシンプルで、たっぷりの干しエビが味の決め手。


190726 reikyo-19-2


これがあっさりしているようで、実はかなりオイリー。
たちまち窮地に陥る。
(ビ、ビール…) (*゚Д゚人) ハアハア…


190726 reikyo-21-3


そこへ水餃子の追い撃ち。
「ビ……」 (>ω<) クッ…

な、なんとかこらえました。ハアハア…。


190726 reikyo-25


五目そばはボソッとした太麺が特徴的。日本のラーメン文化にはないタイプの麺である。硬いけれどもしなやかなコシはない、焼きそば用の蒸し麺のような。
実際、ここの五目やきそばは、汁のありなし以外はほぼ同じ内容である。


190726 reikyo-24190726 reikyo-23


この麺が、五目のあんかけに実によく合う。どんどん汁気を吸い、餡とも絡んで一体化していく。
麺の優劣はコシのありなしだけじゃないんだ… と昔、蒙を啓かれる思いがしたのである。


190726 reikyo-26-2


いつも五目そば+五目入りやきそばと頼むことが多く、芸がない感じだったので変化をつけてみたが、やきビーフンとの組み合わせは正解だった。
これプラス、シジミと腸詰にビールときたら言うことなし!
昼からちょっと裕福な華僑気分が味わえそうだ。


190726 reikyo-28


[DATA]
麗郷 渋谷店
東京都渋谷区道玄坂2-25-18





[Today's recommendation]

wachat190728.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/rhmP47TPoh4





Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おばんです

つかりこさま

で、いちばん多かったのがセンター街の「天狗」なんですけどね(笑)。

おばんです

ええ、全部行ったことありますよ。
「ムルギー」、「ケリー・カーン」、「壁の穴」、
「元祖くじら屋」・・・・。
当時は、有名店といえばいまみたいにマニアックではなくて、
明確ででしたよね。
きっと、同じ店に居合わせたことあるでしょうね。(汗)

Re: No title

すずめ四季さま

5年に1回くらいのペースで入っていますが、変わらぬたたずまい… だと思います。
ビーフン、シジミ、腸詰だけでなく、もちろんバーワンも大根モチもありますよ。
ぜひどうぞ!

Re: おばんです

つかりこさま

百軒店入り口の塩焼きそばの店、百軒店に入ってすぐのラーメン「喜楽」、道玄坂上から南に入って「台南担仔麺」、道玄坂小路の「フィッシャーマンベーカリー」、スペイン坂上り口向かいのセルフの食堂、スペイン坂の上の飲茶レストラン「陶陶居」、公園通り脇の香港風ラーメン「チャーリーハウス」、桜丘のロシア料理「ロゴスキー」……

思い付くままに青春渋谷編を挙げてみました。
すれ違っていたお店もあるんじゃないでしょうか。。。

Re: No title

鍵コメさま

東横線は多摩川を越えると借り物くさくなくなって家賃も1万円は安くなりました。横浜に近づくにつれまた高くなっていきますが。
というのは30年前の話。いまコスギのあたりはどうなっていることか…

Re: No title

ツキさま

焼きそばは食べていないのでなんですが、昔の記憶ではあんかけの五目そばとほとんど一緒です。
焼きそばであればおそらくもっと油ぎっていて、さぞ食欲をそそることでしょう。

No title

麗郷、懐かしいです!
もう20数年も行っておりませんがいまだ健在で、佇まいも変わらないのは嬉しいですね。
台湾で食べたバーワンが美味しく、日本で食べられるのはここしかありませんでした。
メニューにも、まだしっかり載っていますね!
さっそく食べに行きたいと思います^^

おばんです

麗郷といえば、シジミ、腸詰、焼きビーフンですよねー。
(五目あんかけ系もうまそーですね)
やー、麗郷なつかしいです。
外も中も、若い頃と変わっていないように見えますね。
久しぶりに行きたくなってきました。
やー、つくづく同じ時代に青春してきたんだなー、って思います。

おまけに、僕が香港や広州へ旅行したのも'87年か、'88年頃だったはず。
hobohoboさんと同じように、夜中に路地裏の食堂へ入って、
5人くらいで腹いっぱい飲めや食えやしたのに、
日本円で2千円くらいだったのを思い出します。
観光客向けでないところは、べらぼうに安かったですよねぇ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

この通りはよく通るのですが、こちらのお店には一度も入ったことがありません。
こんな感じだったのかぁ。。。焼きそばの上にかかった旨煮の餡が最高ですね。

いつもは手っ取り早く、2枚目の画像にある元祖寿司に行っちゃいます。
ホール係の(ご高齢な)おばちゃんが可愛らしいです(笑)
Latest Articles
ひと味違うこだわりのカレー屋さん 【カマナ】 Aug 02, 2020
丼モノの時代へ! 【八海食堂】 Jul 31, 2020
冷やし中華にも、のせてみました! 【すぱいす】 Jul 27, 2020
所沢周辺ユルポタシリーズ ―その3 Jul 24, 2020
平時でも入るのに勇気が要りますが… 【焼き鳥野島】 Jul 21, 2020
いまや定番! 持ち帰り餃子といえば… 【秋津ナンバーワン】 Jul 19, 2020
新しい日常で魚屋増殖中? 【海鮮鮨 義 東村山店】 Jul 18, 2020
もう一つの応援イベントで、秘密のお店へ 【うなぎ・天ぷら いしい】 Jul 15, 2020
タイ料理のちょっとジャンキーな吸引力 【サワディー 久米川店】 Jul 13, 2020
1CL弁当から白壁土蔵の直売所へ 【さくら茶屋】 Jul 11, 2020
気迫の伝わる肉塊ごろごろ弁当 【炭火焼ホルモン 豚珍館】 Jul 10, 2020
狭山茶の茶園カフェにお立ち寄り 【和田園製茶所】 Jul 06, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2