工場まちで引き継ぐ多摩の暖簾 【あら井鮨】

2019.07.23

 府中街道の小平第六小学校角のT字路から国立精神・神経医療センターに抜ける通りを、その名も「六小通り」と称する。
超ローカルな地理に疎い方には、第一パンのアウトレットショップ「IF」の通りと言ったほうがわかりやすいかもしれない。あるいは、ビジネスバッグブランド「MANHATTAN PASSAGE」の企画製造販売メーカー・レジャープロダクツの所在地もこのあたり。


190723 araizushi-11


その六小通りのほぼ中央に位置する「あら井鮨」。
ブリヂストン、第一屋製パンをはじめとする工場街に異質かつ孤高の存在感を放っている。


190723 araizushi-13


ランチサービスの看板を出していて、それがなかなかリーズナブルであることを承知してはいるが、おいそれと踏み込める店ではない。孤高なだけに。
それが今日、通りかかると、引き戸の両側が半開きになっていて、店内の様子をうかがうことができた。


190723 araizushi-15 190723 araizushi-16


テーブル席はないがカウンターが大きめ、先客なし。ランチの看板では、にぎり842円。
それだけ確認できれば十分。
孤高から一転、ちゃちゃっとやっつけられる気安いお店の条件が整っていたわけである。


190723 araizushi-14


カウンターの中の年配の大将に「にぎり」と申告。
すると、奥の調理場から冷たいおしぼりを持ってきた2代目若大将が「にぎりだって」と伝言。「耳が遠いんですよ」と。

自分も父親が(祖父も)耳の遠い人間で、なんとなくそんな様子はうかがえた。
しかしこれは困った状況。この店に入ったらこれだけは聞いておきたいという事項がある。


190723 araizushi-17


2代目がテレビのチャンネルを変えにやって来たタイミングで質問。
「八坂にも同じ名前のおすし屋さんありますね?」


190723 araizushi-18


八坂駅近くの野火止通り沿いにある老舗然とした店構えの「あら井鮨」とはどんな関係にあるのか。その次に聞こうと思っていた質問の答えが、まず返ってきた。
「もとは立川なんです」と2代目。「立川の『あら井鮨』の暖簾分けで、久米川(八坂)のほうが、うちの親父のずっと先輩にあたる方で…」
それによると、この暖簾の総本山が立川北駅前交差点の「あら井鮨総本店」で、かつては三多摩地区に暖簾分けの店がたくさんあったという。食べログで調べたところ、現在はこの3店のほかに八王子のお店が確認できた。


190723 araizushi-19


というところに始まり、気さくな2代目と会話しながらの楽しい食事となった。
お子さんにせがまれて某回るすし店に行った話など、示唆に富む内容も多く…。
大将が会話に入ってこられないのがちょっと残念ではあるが。


190723 araizushi-20-2


にぎり7貫、鉄火巻き3個という内容。
とにかくネタの大きさに驚かされる。甘エビのデカいこと。


190723 araizushi-21-2


あまりお目にかからないビジュアルの白身はメカジキ?  軟らかくうま味の強い身質。
カニにぎりもあって、ランチにしてひと味違うラインアップだ。
シャリもデカく、これで十分おなかいっぱいになる。


190723 araizushi-22
話し込んで撮影を忘れ飲みかけの写真になってしまったが…、甘エビの頭の赤みそ仕立て。いいだしが出てる


ブリヂストンの工場解体・研究拠点再構築など立地的にも時代的にも困難な局面にあって店を引き継ぐ2代目の心意気に、感動…。


190723 araizushi-12


[DATA]
あら井鮨
東京都小平市小川東町5-13-12



[Today's recommendation]

wachat190723.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/Tka4DQGx7zc





Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: やっと暑くなってきましたねー(イヤだけど)

つかりこさま

お子さんにせがまれて「く○寿○」に行ったという話でも、すし屋の子なのにすし屋に行ったことがない… みたいなニュアンスになっちゃう社会的価値観のズレが背景にあるわけです。
若大将が言ってましたが、チェーン店とは仕入れ値のところで大きなハンディがあると。
その中でやりくりしてこの値段で出しているんですから、頭が下がります。
応援していきたいですよね。

やっと暑くなってきましたねー(イヤだけど)

寿司屋というのはいま商売的には難しいのかもですね。
世のさまざまな商売が直面している「二極分化」の波に
モロにのまれているような気がします。

「久兵衛」や「すし幸」みたいな思い切りハレの寿司屋と、
すごくケの回転寿司が両立していますが、
その中間さえも、回転寿司や大き目の資本の寿司屋が
シェアを奪い合っているでしょ?
かつて、特化技能で存続していた「街の寿司屋」の
居場所が狭くなっているのではないかと。
「あら井」さんのようなお店が辛い思いをするのは、
とても痛ましい気がしますねぇ。
(誰も辛いとは言ってないかあ・汗)

新聞社に勤める友人が以前言ってました。
昭和を懸命に生きて来た人たちの「物語」を発掘していきたい、と。
「あら井」さんには、示唆に富んだ物語がたくさんありそうな気がしますよね。
令和の時代にも、さらにのれん分けが誕生するくらいの
ご活躍をしてほしいと願うばかりです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Latest Articles
怒涛の 1 Coin Week ② ――絶品うどんに天ぷらを付けて… 【手打ちうどん こげら】 Aug 25, 2019
怒涛の 1 Coin Week ――焼き肉定食が、なんと! 【安楽亭 田無店】 Aug 24, 2019
交差点の隠れ家中華 【金龍亭】 Aug 23, 2019
ランチずし最強宣言! 【東鮨】 Aug 22, 2019
絵心をそそる門前の茶屋 【小林屋】 Aug 20, 2019
関東(ry) うどんロード ―2 【おぎの屋 板倉店】 Aug 19, 2019
オープン1年、市内要注目エリアに 【野口製麺所 本町店】 Aug 18, 2019
気軽に立ち寄るカウンター寿司の原点? 【すし食堂 勝】 Aug 17, 2019
実りの季節へ 【収穫祭 小山園】 Aug 17, 2019
ガラパゴス化する? 都会の洋食文化 【タカセ 池袋本店】 Aug 16, 2019
国立クオリティを村山プライスで 【アジアン酒場 アビマーニ】 Aug 14, 2019
灼熱のカツカレー 【太丸食堂】 Aug 13, 2019
Category
Ranking
         
          
Category-2