FC2ブログ

行列店へ、久々に… 【保谷大勝軒】

2019.07.17

 全国に100店はあるとされ、まだまだ新規出店の勢いが止まらない「大勝軒」。
あまり詳しくないが「大勝軒」はいくつかの系統に分けられ、この20年ほどの間に一気に勢力を広げたのが“東池袋系”と呼ばれるグループである。ご存知“ラーメンの神様”故 山岸一雄氏のお弟子さんの系統だ。

一方、このブログで取り上げている「大勝軒」という名のラーメン店は今回の保谷を含め4店あるが、いずれもそれとは違う系統である。
というか、源流に近い「中野大勝軒」を除けばすべて“永福町大勝軒系”である「一ツ橋 大勝軒」「大勝軒 狭山ヶ丘店」参照)
こうなると、もう好みとしか言いようがない。


190717 hoyataishoken-18


「保谷大勝軒」移転(2011年7月)後、初来店。
以前は保谷新道の交番の隣、整備前の小さい駅前ロータリーを背負うような位置にあったと記憶している。移転といっても数十m動いただけだが、所在地は西東京市東町から練馬区南大泉に変わった。


190717 hoyataishoken-11


移転前から人気店ではあったが、いまよりはだいぶのんびりしており、混むには混むが少し時間をずらせば並ばずに入れた。
移転後はずっといまのような状況で、行列が苦手なので足が遠のいた。


190717 hoyataishoken-21


今日は2時すぎで行列2名。
いつもならそれでも避けるが、実は30分ほど前に一度店の前を通っており、匂いを嗅いでしまっている。
永福町系の特徴が、強烈な魚介臭。常習性があるといわれる。


190717 hoyataishoken-12


カウンター11席、テーブルが3つあるが奥の大テーブルは調整用か何かでこの時間は使われていない。
注文は中華そば(玉子入り)。
「玉子はゆでと生がありますが?」と聞かれ、ゆでと申告。
ちなみに接客の素晴らしさは系列とかじゃなくお店独自だと思う。


190717 hoyataishoken-13


周りを見て「おー」と思ったのがステンレスのトレーで、これも永福町系の特徴とされる。
店ごとにトレーの形がまちまちなところがユルくてよい。


190717 hoyataishoken-16


ステンレストレーに載ったでっかいどんぶりを前に、「さて」と腕まくりする感覚?
気を引き締めて長丁場に挑む心構えが自然にできていく。
それくらい量が多い ヾ( ̄0 ̄;) オーッ!


190717 hoyataishoken-17


「保谷大勝軒」はやっぱりおいしい。
この系譜で一番じゃないだろうか… て、オオモト「永福町 大勝軒」に入ったこともないくせにそんなこと言ったら怒られる。


190717 hoyataishoken-19 190717 hoyataishoken-15


しかーし…
食べても食べてもなくならない。
麺量は、普通盛りで2玉290g、普通のお店の倍という。
「食べきれないかも…」という不安がよぎったのは久しぶり。


190717 hoyataishoken-22


なんとか完食しました。
晩ごはん食べられませんでした。(←けっこうショック受けてる Σ( ̄ε ̄;||| …


190717 hoyataishoken-23


[DATA]
保谷大勝軒
東京都練馬区南大泉3-31-18



[Today's recommendation]

wachat190717.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3



190717 nokanzo-11 190717 ruritateha-11
ノカンゾウ / ルリタテハ(野火止用水)




https://youtu.be/7JkS8WB94ME





Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

kenbooさま

吉祥寺の大勝軒(「三鷹~」じゃなく東池袋系のほう)で麺小盛り的なボタンを見たことありますけど、永福町系でそういうの頼んでる場面に遭遇したことないですね。
麺硬めはできるみたいですから、ちょっとは“かさ”が少ないんじゃないでしょうか(笑)。
僕も“残す”はありえません。

No title

大勝軒。行きたいなーとは思っておりますが、未だに行けておりません。
理由はこの「量」。画像で見る限りマジで多いのよねー。

麺量は、普通盛りで290g。庄内の「満び」って店の中華そばがデフォで
やっぱり300gくらいあったのですが、10年以上前に食べたのに
まーシンドイ。今の年齢では完食はリームーでしょう。

しかし「残す」というのはあり得ない。貧乏性っていやですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ちはー

つかりこさま

永福町の本店には入ったことないんですよね。
前にも書いたかもしれませんが、踏切の向こうに貴重なCD屋があって永福町はよく行ってたんですが(自転車で)、大勝軒は必ず行列でした。あれはちょっと…
でもこうなってくるといよいよ「食べてみたい…」が募ってきました。

シントコはできたばっかのころ一度入ったことがあります。
あの表通りの反対歩道のアーケードの古本屋にはしょっちゅう行ってたんです。

スティーリー・ダン「ドゥ・イット・アゲイン」はもっと状態のいいライヴの動画をキープしてたんですが、昨日張ってみたら「この動画は再生できません」になってました。
それだけに貴重ということはよくわかります。

これが実は次号予告(笑)。
タイトルママです。

ちはー

そーそー、東池袋系と永福町系は、まったく関係ないんですよね、たしか。

保谷のお店には、移転前に一度行ったことがありますよ。
永福町と同じ、サバ節とかカツオ節を多用した魚だしのうまみが
じわっと来るうまさでしたが、永福町はもう少し醤油色が薄かったような
気がしました(変わっていなければ)。
けど、1杯・2玉で、晩飯が食えなくなるという特徴はまったく同じですなー。
前にも、同じようなことを書きましたよね。

東池袋系は、実はたくさん関係店があるようです。
ですが、山岸さんから「のれん分け」のお墨付きをもらえなかったところは、
「大勝軒」と明確に名乗っていないようですね。

シントコには、のれん分け店があるので、気が向いたらどうぞお試しを。
永福系とは実際、麺の太さも、スープもだいぶん違いますよね。
ただ、量が多いのだけはけっこう似ていますが。(汗)


スティーリー・ダンのこの動画は、貴重ですよね。
ボイス・オブ・スティーリー・ダンといえば、ドナルド・フェイゲンのことですが、
'72年のデビュー当時は、デイビッド・パーマーという人(動画の人)も
リードボーカルをとっていたんですよね。
ドナルド・フェイゲンじゃないボーカル曲は、
ウォルターベッカーのものも含めて僕が知る限りでは3~4曲しかないうえ、
動画なんて皆無に等しいので、この動画は大変貴重というわけです。
しかも、この「ドゥ・イット・アゲイン」と「ブルックリン」という曲は、
レコードとライブでボーカルが違ったりして、
なかなか興味深い "団" の歴史ですわー。

Re: No title

たれかはさま

山岸さん系統と違って麺は細めです。
本店はゆですぎがずっと言われてますが、この店でそれを感じたことはないです。
食べ物を目方で考えることはないので290gと言われてもピンときませんが、実際食べてすごかったです…

Re: No title

esbeeさま

コメントありがとうございます。

持ち帰りとは… 思いもよりませんでした。
そういう人気店らしくないサービスが、保谷大勝軒らしいのかも。

いいですね、持ち帰り。
でも自宅まで自転車で30~40分かかるので…(笑)

Re: No title

ツキさま

PS 当店は山岸さんとは無関係だと思います。

No title

おはようございます。

大勝軒って有名ですよね。
しかし、わたしは名古屋にある暖簾分けだというお店と、山岸さん監修とか言う生麺買ってざる中華で食べたくらいです。

記事のお店のは割と細い麺なんですね。
滑らかそうだし、美味しそうです。


しかし、290gはわたしもキツイだろうな。

No title

いつもブログ楽しみにしてます。
以前保谷に住んでいたので懐かしくてついコメント失礼します。
保谷大勝軒、結構持ち帰りで利用してました。
一人前を2人で分けるとちょうどいい量で、しかも行列に並ばないで声をかけれぱ提供してくれて、ちょくちょく食べてました。
機会があれば持ち帰りもぜひ!
スープも熱々のままで、容器代も持参すればかかりません!

No title

大勝軒のラーメンを食べるには、ある種の覚悟というかファイティングポーズ必至ですよね。
僕も永福町のお店には一度も行ったことがありませんが、行ったことのある秋川、昭島(なんと、昭島には二軒もある!)ほか何軒かでも食後には幽体離脱しそうになります(苦笑)
河辺のお店を友人らに勧められているのですが、その前に、出来て日の浅い田無のお店にも行ってみたいなぁ。。。

P.S.これ食べて晩御飯まで食べるのは間違いだよって、山岸さんも仰ると思います(爆)
Latest Articles
追憶のチャンポンを求め… 【長崎ちゃんぽん・皿うどん 球磨】 Dec 13, 2019
高田馬場を代表するロシア料理の名店 【チャイカ】 Dec 12, 2019
すっきりとしてかつ味わい深い… 【麺蔵 もみじ】 Dec 11, 2019
意外やマッタリ落ち着く自宅型すし店 【愛寿司】 Dec 09, 2019
ソースメーカー直営の甘味・惣菜処 【さくら茶屋】 Dec 07, 2019
価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】 Dec 06, 2019
ドカ盛り1CLに、感謝… 【来々軒】 Dec 05, 2019
駅ビルに残る“新宿な”異空間 【ビア&カフェ BERG】 Dec 04, 2019
四季のヘルシーメニューを穴場カフェで 【季節のテーブル 野の花】 Dec 02, 2019
年内限定特別価格! と○ふ◯コースを堪能 【葉月】 Dec 01, 2019
忘れえぬ夕べの味玉 【阿佐谷ホープ軒】 Nov 30, 2019
高級感ある焼き肉ランチ 【和牛亭あらかわ】 Nov 29, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2