FC2ブログ

梅雨時散歩の流儀は 【キッチンブラウン】

2019.06.23

 昨日(22日)の柳沢は天気予報にだまされて自転車で行き、ずぶぬれになった。
雨がひどいので公共施設等で雨宿りして、もう上がったかな…? と走りだすともっとひどく降ってくるという急性雨男症候群。

今日は相方が東小金井に用事があるというので花小金井から歩いていくことにした。
空模様は相変わらず不安定ではあったが、昨日ほど降ることはないだろうという脳天気なヨミは見事に外れ、駅舎を出たとたんポツリポツリと。
雨宿りした「ピーコックストア」は駅からわずか170mという (ーー;) ウーム…


190623 kitchen brown-11


その第一波をやり過ごし、シティテラス小金井公園→小金井公園→よこみち横丁… みたいなルートで東小金井へ。
北大通りのあたりで再びポツリポツリ。
相方の目的地は駅直結のコミュニティステーション東小金井内「atelier tempo」。僕の考えていた昼ごはん候補の一つ「キッチンブラウン」はすぐそこで、先に食べようかということになった。
天気やら何やらに行動方針や入る店が左右されるのはいつものこと。


190623 kitchen brown-25


「キッチンブラウン」は、このかいわいにいくつかある(あった)味のあるたたずまいの洋食店の一つ。


190623 kitchen brown-15


予想外の激セマ物件で、カウンター席2カ所(4席+3席)と4人掛けテーブル1つのみ。よってテーブル席はあらかじめ「相席となります」と書いてある。
はじめテーブルに通され、カウンターが空いたところで「よろしかったら…」とお店のおばさま。お言葉に甘えて移動。


190623 kitchen brown-16


注文は、カニクリームコロッケ・ビーフシチュー950円とチーズ焼ハンバーグ・豚しょうが焼900円(どちらもライス・サラダ・みそ汁付き)。


190623 kitchen brown-13
190623 kitchen brown-14


こういう洋食店は2~3種類の盛り合わせ主体のメニュー構成であることが多く、2人で入るときはなるべくかぶらない組み合わせにする。
より多くの料理を味わおうという欲張りな性格なのだ。


190623 kitchen brown-22 190623 kitchen brown-23


カウンター席からはコック帽のご主人の仕事ぶりがよく見える。大火力のバーナーで熱した鉄板に調理したものを盛り付けていくスタイルだ。
注文間違えた… みたいなやりとりも聞こえてくる。おばさまの親身な接客といい、客一人一人に誠実に相対する店なんだと思う。そのためにはこのくらいの店舗サイズがぎりぎりと。


190623 kitchen brown-18


どちらのプレートも、パッと見、茶色い。
店名となっているブラウンソース… というかドゥミグラスソースがふんだんに使われているからだ。


190623 kitchen brown-19


ハンバーグソースとビーフシチューはベースが同じだと思うが、時間をかけて煮込まれたような濃厚な味わい。
野菜の甘味が強く、洋酒系の香りがアクセントとなっている。


190623 kitchen brown-17

190623 kitchen brown-21


ハンバーグはふんわりタイプではなくみっしり重量感のあるもの。カニクリームコロッケも重めのクリーム。
イマ風ではないかもしれないが、質実剛健な感じがよい。


190623 kitchen brown-20


食べている間、激しく降っていた雨は、店を出るころには上がっていた。
雨宿りに入ったのは思ったよりずっと素敵なお店。
梅雨時の散歩も悪くない。


190623 kitchen brown-24


[DATA]
キッチンブラウン
東京都小金井市梶野町5-6-11



[Today's recommendation]

wachat190623.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/D1ZYhVpdXbQ






190623 mojizuri 190623 karasubisyaku
ネジバナ カラスビシャク (小金井公園)



 コダイラブランドの銘品

2019.06.23 玉川屋/東京都小平市鈴木町2-175

最初に雨宿りしたピーコックストアには地元の和菓子屋「玉川屋」のコーナーがあり、ときどき利用している。
「玉川屋」は“コダイラブランド”ブルーベリー商品のリーダー的存在。特にブルーベリーあんドーナツは銘品で、手土産に使ったこともある。


190623 tamagawaya-12

190623 tamagawaya-14 190623 tamagawaya-13


コーナーを眺めていると「玉川屋」のおかあさんが商品の補充にやって来た。
お話を伺ったところ、ブルーベリーが丸のまま入っているのはブルーベリーあんドーナツとブルーベリー大福だけとのこと(ほかはジュースが餡などに練り込んである)。その2品を2つずつ購入。
これもまた、雨降りのちょっとした僥倖。


190623 tamagawaya-11


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ブラウン?

つかりこさま

> 「キッチンブラウン」さんは、知らなかったですねー。

東大通りと梶野通りは北(小金井公園)も南(崖線)もどん詰まりにもかかわらず謎の拡幅工事が続けられていて、表通りの店が移転したり裏にあった店があぶり出されたりしているんじゃないでしょうか。
「だんでぃらいおん」も「揚子江」も建て替えできれいになりました(南口の中華は「宝華」とか、いまはなき「千成亭」とか?)

あるいは、「二馬力」「ジブリ」方面の絵が飾ってあるのは昔ジブリに弁当を届けていたから、という情報があり、弁当屋さんだったのかもしれないですね。
ブラウンソースの料理、おいしかったです。

「玉川屋」のブルーベリーシリーズもいけますよ。
お店もピーコックもハナコ駅チカなので、ぜひどうぞ。

間違えた

×「二輪車」→〇「二馬力」
すんません。

ブラウン?

住んでたので当然、東大通りは数えきれないほど通っていたのですが、
「キッチンブラウン」さんは、知らなかったですねー。
昔は、その付近に「みどり湯」という銭湯があって、
そこに行くのと通学等で駅に行くのに必ず通る道だったのですが。
40年前からあるそうなので、知っていても不思議じゃないはずなのにぃ。
その通りに面した、「揚子江」という中華と、
その通りを北上して北大通とクロスする角の「だんでぃらいおん」、
南口にあった、すごく盛りのいい中華屋(名前失念)なら
数度行ったことがあるのですが・・・。
貧乏学生だったので、めったに外食しなかったせいで、
飲食店に注意がいっていなかったのかもですねー。
ブラウンソースに自信ありでしょうか。
めっちゃうまそーです。

昔はなかったはずのコミュニティステーションの「atelier tempo」も、
気になる系ですね。
「二輪車」や「ジブリ」の本拠地だし、閑静な住宅地なので
今後は東小金井もお洒落な街に変貌していくかもですね。

いちご大福は、実はあまり好きじゃないのですが、
ブルーベリーの大福ならイケそう。
「行かなくちゃメモ」に入れときますー。
Latest Articles
すっきりとしてかつ味わい深い… 【麺蔵 もみじ】 Dec 11, 2019
意外やマッタリ落ち着く自宅型すし店 【愛寿司】 Dec 09, 2019
ソースメーカー直営の甘味・惣菜処 【さくら茶屋】 Dec 07, 2019
価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】 Dec 06, 2019
ドカ盛り1CLに、感謝… 【来々軒】 Dec 05, 2019
駅ビルに残る“新宿な”異空間 【ビア&カフェ BERG】 Dec 04, 2019
四季のヘルシーメニューを穴場カフェで 【季節のテーブル 野の花】 Dec 02, 2019
年内限定特別価格! と○ふ◯コースを堪能 【葉月】 Dec 01, 2019
忘れえぬ夕べの味玉 【阿佐谷ホープ軒】 Nov 30, 2019
高級感ある焼き肉ランチ 【和牛亭あらかわ】 Nov 29, 2019
ハレの日のごちそう感 【うどん弥 根古坂】 Nov 28, 2019
高度成長期を知る団地の中華屋さん 【桃園 若葉町店】 Nov 26, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2