FC2ブログ

中華を掲げる日本そば屋は… 【辰巳庵 柳沢駅前店】

2019.06.21

 6月21日金曜日――
「ピリカ」のおやっさんに追っ払われ(笑)、昼食難民の危機か…? というとそうでもなく、柳沢は「チャオ」「宮殿」といったササッと食事のできる店がわりかし多い、リカバリーの効く街である。

南口のファミマとチャオの間を入ったところにある昔ながらのおそば屋さん「辰巳庵」。


190621 tatsumian-11


この屋号のそば屋はこのあたりに比較的多く、柳沢のほかにも、保谷駅近くと保谷志木線の片山交差点近くに現存する。
保谷にはもう1軒あったが、最近閉店した。
石神井公園近くの「たつみ庵」(そば・とんかつ)も、元をたどれば同じのれんかも。


190621 tatsumian-12


この柳沢駅前店は看板に“中華そば”を標榜しており、その点で個人的には印象に残りやすいそば屋である。
そして“中華そば”のそば屋に入ったら、だいたい頼むものは決まっている。


190621 tatsumian-13


一方、表のショーケースをのぞいていた相方が丼ものに反応。
「どんぶりには、ちゃんとふたが付いていなくちゃね」

こうして、だいたい頼むものが決まった状態で入店。


190621 tatsumian-17


店舗内装は羽目板の腰壁など趣あるデザインで、奥ほど暗くなる照明が意図せず古さびた演出効果を上げている。


190621 tatsumian-16-2


品書きも高級感ある黒い木札。辰巳庵のれん会の額縁にはめ込んであるのがレギュラーメニューで、その下に引っ掛けてあるのが季節メニュー的に変動するものかな。


190621 tatsumian-15


その品書きにお目当ての品が見当たらない。
そう、“中華そば”のそば屋で僕がだいたい頼む五目中華そばが、いくら探しても見つからない(そば屋の五目中華に関してはこちらの記事を参照ください)

どころか中華系はラーメン、チャーシューメン、冷し中華の3品のみ。タンメンもワンタンメンもモヤシソバもない。中華そばの看板を掲げておきながら。

それはまったく想定外で、しかもそこそこ値が張るから、
「えーと… ラーメン(笑)」
と、まさかの一択状態。


190621 tatsumian-19


そのラーメン、白っぽいストレート麺で、よくも悪くもカンスイ感がない。どこかひやむぎを連想させる。
ツルッとした喉越しはいいと思う。


190621 tatsumian-24 190621 tatsumian-18
しょうゆは辰巳庵のれん会のPB… とはいわないか(笑)


190621 tatsumian-20


もう一品のかつ丼は、分厚いカツが甘辛のつゆで煮てある、まあそば屋のかつ丼という王道路線である。
上品なお吸い物もよいが、きゅうりのぬか漬けのしっかりした塩加減は僕の好みのど真ん中。


190621 tatsumian-21


まぁ、こんなもんかな… とお店を出たわけだが…
「かつ丼にフタしてなかった」と、フンマンを表す相方さん。
あー、たしかに…。


190621 tatsumian-14


いろいろな意味でカンバンは大事… と思いました。


190621 tatsumian-26


[DATA]
辰巳庵 柳沢駅前店
東京都西東京市柳沢6-1-2



[Today's recommendation]

wachat190621.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/lf9b86WWfjw





Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: くどくてすんません

つかりこさま

いや、長寿庵が藪や更科と同じくらい格があると言いたいわけではなく…
僕ら世代は古いのれんの格付けには厳密だったと思います。
多くの人は長寿庵や増田屋や満留賀は出前主体(そばは3割)の街のそば屋と同じカテゴリーと考えていたと思いますし、江戸三大方面と同じところで論じることはなかったと思います。
別物… と。

そこらへんの“格”に対する感覚はhttps://char0203.com/blog-entry-480.html こちらをお読みいただければと思います。

くどくてすんません

江戸三大・・・というのは、老舗御三家という意味んじゃないでしょうかねぇ。
これは、のれん分け数の規模のことではなくて、創業者の血縁が現業で残っている
というということじゃないかと。
長寿庵さんは一度、創業家が途絶えて別家にのれんが移譲されたようなので、
三大とか四大に入れられないことが多いのかと。
「のれん」をどう捉えるかとということではないかと。
まあ、血縁だから何が偉いのかわからないし、うまいとは限らないので、
僕の舌には全然関係ないんですけどね。
そういうのにこだわる人もいるんでしょうね。

「砂場」「更科」「藪」の御三家に「東屋」「一茶庵」を加えたのを
五大のれんというらしいですね。
長寿庵さんは、屋号の歴史がバツグンに古いので、
五大のれんに加えられるくらいの名店に違いないですよね。
(加えたら六大になるけど)

「信濃屋」は、日常的に蕎麦を自分で打って食べていた信濃方面の人が、
「江戸では蕎麦が人気らしいぞ、蕎麦くらいバンバン作れるし、
オレも江戸に店を出してみるか」という人がたくさんいたので、
同じ屋号を掲げる人が多かったのではないかと。
なので、のれん分けと同時発生的なお店を含めてたくさんあるのではないかと。

「花巻」はいまでは、ただの「のりを乗っけたかけ蕎麦」かと。(汗)
昔は、江戸前海苔が全国に名を轟かすほどの名物だったので、
ありがたがっていたんでしょうね。(汗)

「けし切り」は僕も、一茶庵の直弟子のじいさんがやっていた秩父の『こいけ』
でしか食べたことがないのですが、バツグンにうまかったですよ。(香ばしい)
そのほか、「ゆず切り」「桜切り」などなど、いわゆる「かわり蕎麦」は
とってもオツなのですが、なかなか見つけられないのが残念です。
どこかで見つけたら、ぜひぜひ。
蕎麦のイメージがちょいと変わること請け合いです。

全国でも指折りの名店「土屋」の店主は、一茶庵組でしたかあ!
なるほどどうりで、料亭のような料理と組み合わせた、
一茶庵らしいやり方だと思います。
(一茶庵は、戦後の機械打ち蕎麦全盛時代に、手打ち&凝った料理で
高級蕎麦料理店というカテゴリーを作った)
お金がある時に、一度は行ってみたい東村山が誇るべき名店だと思います。
まあ、『こいけ』の店主と一緒に一茶庵の直弟子だった高橋名人は、
蕎麦料理屋系ではなく、蕎麦一本やり系で新しい道を切り拓いていますが。

奥さま、蕎麦好きさんなんでしょうか。
九段下の「一茶庵」は、前の会社の近くでしたが行ったことなかったですねぇ。
えっ?平成28年末で閉店!
おお、「けし切り」もあったようじゃないですか!
んー、天ぷらや玉子焼きをつまもに呑んで、けし切り食べたかったですねー。
惜しいなあ。

長くて、ごめんちゃい。

Re: ちはー、徹夜あけですー

つかりこさま

ちょっと前の「信濃屋」の記事https://char0203.com/blog-entry-774.html に挙げた「藪」7店、「更科」64店、「砂場」37店という数字の引用元は「長寿庵」のブログで、要するに「ウチは81店もあるんだから“江戸三大蕎麦処”などと言う場合、当然ウチも入るべきで…」というようなことをおっしゃっている。
つかりこさんの言う「うまけりゃ大好き」には大賛成だし、長寿庵さんの主張にも「たしかになぁ…」と。
まあ、店それぞれでいいと思います、そばは。

「花巻」おいしそうですね。
以前教わった「けし切り」も食べてみたいし。

そういえばごく最近知ったんですけど、東村山の「土家」のご主人は「一茶庵」で修業した人だそうです。
ちなみに九段下の「一茶庵」は、うちの相方さんの行きつけの店だったらしいです。

ちはー、徹夜あけですー

長寿庵、尾張屋、田中、満留賀、巴屋、増田屋などは、
都内などでたくさんののれんを見かけますが、あれはチェーン?
フランチャイズ?のれん分けなのかなあ?
やぶ、更科、砂場などの本家本元の老舗には、大規模なのれん会はなくて、
ほとんどが血縁の繋がりの数店舗だけなんです。
(他のれんの同業者会はある)
しかも、本店や古い兄弟店で修行した人が、昔ながらの「のれん分け」の
許しをもらった人がやってる店です。
まあ、かといって、すごくうまいというわけではないですけどね。
まあ、歌舞伎やお能が現代人にとってすごく面白いというわけでもないのと
同じとでも言いましょうか。

また、老舗名店の蕎麦がすべて手打ちというわけでもないんですよ。
昔はすべて手打ちだったのですが(手打ちしか方法がなかっただけ)、
昭和になって蕎麦打ちの機械が大普及して、ほとんどの蕎麦屋が
機械打ちになったんですね。
その後、手打ちで高級な蕎麦屋「一茶庵」を開いた片倉康雄と言う人が
一部の人に手打ちブームを作って、バブル時代を経て何度目かの手打ちブーム
がいまへ続いているということみたいです。
それで、実は老舗名店も「手打ち回帰」というのが現状みたいですね。

僕は、手打ちにこだわりはなくて(高いので・汗)、
街の蕎麦屋も大規模のれん分け店も、うまけりゃ大好きです。
元々蕎麦屋は、ハンバーガーショップやファミレスみたいなもんですから、
気軽に入って重たくない値段で食べられなくちゃです。

かつ丼のフタかあ。
開ける時のわくわく感は大事かもしれませんね。(汗)
蕎麦の伝統的なメニューの一つに、「花巻」といのがあるのですが、
あったかいかけ蕎麦の上に、海苔を手もみして花びらのつもりで
のっけたものですが、あれは出前でなくてもフタ必須らしいです。
フタを開けた瞬間の海苔の香りも味のうち、ということらしいです。

「シッタカおやじのウンチク」、すいませんでした。

Re: No title

kさま

山形はそばどころにしてラーメンどころですよね。
隣県の僕の田舎も子どものころ、ラーメンを出前してもらうのはそば屋でした。
このお店の麺はおもしろいと思いました。

丼もののふたは、たべものの好みうんぬん以前の様式美みたいなものかと考えます。

Re: No title

ツキさま

そうですね。
グリーンピースだけでだいぶ印象が変わります。
カツ自体は悪くないと思うんですけど、これだとちょっとそっけないですね。
昔、そばもうどんも出前とると木のふたがしてあった気がしてきました。
中華は昔からラップで。

No title

ワタシの故郷山形では「そば屋のラーメン」は至って普通の事
ですが、東京ではちょっと珍しいかも。
でも定食屋っぽいそば屋だと、こっちでも出している店ありますね。

かんすい感が少ないのもちょっとそば屋っぽい。そういう意味では
面白いんじゃないでしょうか?

かつ丼の蓋ってやっぱり重要? ワタシはあまり煮込まずに衣に
ちょっとだけカリット感が残るやつが好きなので、蓋は重要では
ないのですが、やっぱり皆さんコダワリがあるようで。


No title

カツ丼、天丼、親子丼。確かに蓋をして出すお店は減りましたね。昔は出前で頼むと、蓋の上にタクアンが入った小さな皿が載っていました。今ではラップという透明な蓋がほとんどでしょうか。
奥方の言われることに同感ですが、こちらのお店ではサンプルに手を掛けたくなかったのでしょうかね。
せめて、卵とじの上にグリンピースが踊っていたらなら楽しい思いもできたでしょうに。

余談ですが、昨日の夕方にカツ丼を食べまして。肉を口にしたのは実に3週間ぶりだったか、揚げ物も然り。
ちょっと気持ちが悪くなっちゃいました(脂汗)
Latest Articles
ソースメーカー直営の甘味・惣菜処 【さくら茶屋】 Dec 07, 2019
価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】 Dec 06, 2019
ドカ盛り1CLに、感謝… 【来々軒】 Dec 05, 2019
駅ビルに残る“新宿な”異空間 【ビア&カフェ BERG】 Dec 04, 2019
四季のヘルシーメニューを穴場カフェで 【季節のテーブル 野の花】 Dec 02, 2019
年内限定特別価格! と○ふ◯コースを堪能 【葉月】 Dec 01, 2019
忘れえぬ夕べの味玉 【阿佐谷ホープ軒】 Nov 30, 2019
高級感ある焼き肉ランチ 【和牛亭あらかわ】 Nov 29, 2019
ハレの日のごちそう感 【うどん弥 根古坂】 Nov 28, 2019
高度成長期を知る団地の中華屋さん 【桃園 若葉町店】 Nov 26, 2019
肉料理&焼き鳥、期待の新店 【肉料理 KOU】 Nov 24, 2019
ひそかに続く三鷹ディープゾーン探訪 【かどや】 Nov 23, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2