FC2ブログ

中華屋のカレーが食べたくなるのは…? 【東洋軒】

2019.06.19

 以前、カレーを軽く論じてみたことがあるが、カレーは日本標準産業分類における「宿泊業、飲食サービス業」のあらゆる業態で取り扱っている可能性がある、というようなことを述べた。
カレーが意外にいろんな食品と相性がよいということもあるが、そもそも何とでも合わせてみたい衝動にかられるのは、創造性を高める作用があるとされる脳内麻薬の一種セロトニンの分泌指令にカレー成分が効果的であることと関わりがあるに違いない。
創造性の高められたカレー好きの人々によって、カツカレー、カレーうどん、カレーパンといった定番メニューが生み出されていった。


190619 toyoken-23


ところで、そば・うどん店で一番人気のカレーメニューはおそらくカレー(南蛮)うどんだと思うが、ならばラーメン・中華系はカレーラーメンかというと、そうはなっていない。
いろいろ理由は考えられるが、一つには、そば屋のつゆ(節系+しょうゆ)とカレー(獣鶏系+油脂)の組み合わせの妙。ラーメンとカレーの場合、(獣鶏系+油脂)2乗で、シナジー効果は生まれない。
ちょっと待て。世の中には煮干し系という根強い人気のラーメンジャンルがあるぞ… という考察は、また別の機会に。


190619 toyoken-22


中華系ではカレーラーメンよりカレーライスを扱うお店のほうが断然多いんじゃないだろうか? 数年前には“中華屋のカレー”がちょっとしたブームにもなった。
中華屋のカレーは中華ならではの特徴があるというより、むしろ家庭的な和式カレーであることが多く、そのB級要素も人気の理由だと思う。


190619 toyoken-12


府中街道の恋ヶ窪交差点から国分寺市本多方面に向かう連雀通りにある中華料理店「東洋軒」にはラーメンとカレーのセットがあるという調べがついており、中華屋のカレーが食べたくなったときに入る候補としてチェックしてある。


190619 toyoken-13


では中華屋のカレーが食べたくなるのはどんなときかというと、それはものすごくおなかがすいたとき。
理屈じゃなく。

ここまでのリクツは何だったのか ヾ(・ω・o) マッタク…


190619 toyoken-16


外観は、街中華というより昔の大型ロードサイド店。
実際そこそこ広い店内、お約束の円卓を中心にテーブル席4×3、2×1、小上がり8席、カウンター4席という配置。


190619 toyoken-15

190619 toyoken-20 190619 toyoken-21


スタッフは年配のおとうさんとおかあさん。
壁に張ってある短冊類のほかに品書きが見当たらず、さっきちらっと見た記憶をもとに「Cセット? カレーとラーメンの」と注文。


190619 toyoken-17


で、やって来たCセット、ラーメンもカレーもフルサイズか? というほどのボリューム。
ね? ものすごくおなかのすいたときじゃないと食べきれないでしょ?
理にかなってる ゞ( ̄∇ ̄;) ヲイヲイ


190619 toyoken-19


ラーメンはすっきり澄んだスープであっさりしていそうで、かなりオイリー。
チャーシュー、メンマ、ナルト、ワカメ、ミズナ、ネギと、けっこう具だくさん。


190619 toyoken-18


カレーはやはり家庭的な甘いカレーで、ややトマトっぽい酸味を感じる。
具は主にジャガイモで、エッジが残っているので都度都度加えるというていねいな仕事をしているようだ。ほかには煮崩れた豚肉片やニンジン片を散見。


190619 toyoken-14


インド・ネパール系の本格カレー全盛の世の中。
チマタでB級の和式カレーが食べられなくなる日も遠くないかもしれない。
理屈じゃなく…


190619 toyoken-11


[DATA]
東洋軒
東京都国分寺市東恋ケ窪2-31-3



[Today's recommendation]

wachat190619.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/_OUwJbhY5Es





Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

【本コメント欄の掲示板化に関する警告】

勝手にせい(笑)

ああ、あの時の・・・

鷹の台の大学というと・・・津田塾ですかあ。
ちゃうか。

独身の頃も国分寺に10年以上住んでいたのですが、
あの時のアパート隣の部屋の酒臭いムサビ生が
ツキさんだったんですねー。
「国分寺女子ハイツ」の前で窓全体に向かって
「呑みに行こうぜー!」って叫んでいた学生は僕ですが。

花沢橋付近といえば、昔は、北口側も南口も
国分寺のあやしい呑みエリアではありましたねー。

「風月」さんは知りませんでした。
検索したら出てきましたが、学食の一つ?
いいなあ、楽しそう。
昭和の学生のたまり場って感じで、一度混じってみたかったですねー。

hobohoboさん、掲示板化、すんません。

うおー、その2

なつかしー!
と言えば、僕にとっても懐かしい。。
二十歳の頃まで、鷹の台方面に住んでいました。中学、高校、大学と、近場で済ませたので、つかりこさんの住んでおられたあたりにも高校の同級生やら大学の友人らが住んでいました。
国分寺の花沢橋あたりで呑んで、歩いて友達のアパートへ帰って、また朝まで呑む。そして酒臭い匂いで鷹の台の大学へ出勤して助手に文句を言われる(成人前だったが)。。。。恥ずかしくも、いいおもひでです(汗
今回の記事はシンクロ率高しですね(笑)

もしかして、今はなき『風月』なんていう倒壊寸前の食堂も知っていたりして?(苦笑

hobohoboさん、掲示板的な書き込み、スミマセン

うおー

なつかしー!

「近くに住んでいた3」ですー!
しかも、今度はワタクシ自身ですー。
結婚した時から1年、そこから20mのところに住んでいました。
(上水本町5丁目)
なので、「東洋軒」さんは通勤の生き帰りにほぼ毎日
見ていたんですよ。
おお、なんというシンクロの多さでしょう。

しかし、「灯台下暗らし」でしょうか。
まだ初々しかったカミさんと行ったのは、2回です。
子供は生まれていなかったです。
何を食べたのか覚えていないのですが、
二人とも、あんかけ焼きそば系かタン麺系だと思います。
セットを頼んだ覚えはないのですが、
量が多かった記憶はあります。
やー、まだあったんですねー。
いつの間にか、値段が安く感じられようになりましたね。

カレーなんてあったんですねー。
中華屋のカレーって、蕎麦屋のカレーとはやはり異なる味です?

No title

老朽化しているとはいえ、ゆとりのある空間は高級店のような佇まい。ご高齢そうな女将さんのお姿を拝見する限り、ご主人もと思われます。それを、ここまで清潔感を維持してお店を維持されているのは並大抵の労働ではないでしょう。おばあちゃんの家という風情ではありませんが、田舎に帰って知り合いのお店へ行った感じがするのでしょうか。
そして恋ヶ窪という空き地が残る世界にも惹かれますね。恋ヶ窪自体が、中央線と西武線に囲まれた交通網の中の空き地みたいなものですし。
貸し切りの時間にお邪魔できたなら、畳の小上がり席で新聞読みながら隣の土や雑草の匂いを嗅ぐ。実に良さげなお店です(笑)

P.S.カレー南蛮の話にやられ、蕎麦屋でカレー丼を食べたくなってしまいました。
Latest Articles
田舎道に忽然と出現した… 【うどんやさん】 Nov 30, 2020
それでもハラは減るわけで… 【松屋】 Nov 27, 2020
門前の茶屋で大地の恵みを 【観音茶屋】 Nov 24, 2020
農村を巡り、体感するツーリズムとは Nov 23, 2020
ホッとする地元の… 【龍巳うどん】 Nov 21, 2020
関東(ry) ロード ―4 【つかさ】 Nov 19, 2020
意外に多い○○系 【うどんの讃輝】 Nov 17, 2020
丘を越えはるか 【村田屋】 Nov 15, 2020
軽く20kmほど歩いてみた 【村山温泉 かたくりの湯】 Nov 13, 2020
祝🎊 放映決定! 【ながしま 磯とり料理】 Nov 09, 2020
おもてなしの心 【ますや】 Nov 06, 2020
フワッフワのシフォンケーキ 【東村山シフォン】 Nov 05, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2