FC2ブログ

暑気払いにどぜうをドウゼウ… 【あま利】

2019.06.13

 先日、仕事絡みのちょっとした厄介事が持ち上がり、その関係者であるNWKさんに相談したところ、たまたま今週は東京に滞在している(NWK氏は主に東海地方で活動)というので、会うことになった。
厄介事といっても「おいおい、あんなこと言ってるよ」という落語ネタレベルの話で、浅知恵を出し合っても、解決するどころか「おいおい、ますます盛り上がっちゃってるよ」(←いまココ)と、どんどん深みにはまっていく。
もうこの件はほっかむりしてシラを切り通すしかないのである。


190613 amari-11


NWKさんの東京の拠点・八王子と僕の地元との間をとって、いつもの立川。
ここ数年ほぼ「弁慶」にしか行っていないが、はじめのころ立川で入るお店はもっぱら「あま利」だった。


190613 amari-12


北口ロータリーから立川郵便局に抜ける路地の出口。
駅前一等地に持ちビルというのは、古くからやっている証しのようだ。


190613 amari-13


こんな立地にもかかわらず渋く落ち着いた大人ムード & 隠れ家感いっぱいで、最初飛び込みで入ったときは「わしらは鼻が利く」と悦に入ったものだが、一つ問題なのがカウンター席から順次通していくというシステム。


190613 amari-15


掘りごたつの上がり席があって、2人席があって、「そこ、いいですか?」と聞いても、店主は首を横に振ってカウンターを指差すのである。なぜか、すまなそうに… (・vv・) ハニャ…?
それで少しずつ足が遠のいていった次第。


190613 amari-14


2つあるカウンターの奥のほう。
4人掛けの隅という、まあまあ落ち着く席を確保。


190613 amari-18


とりあえず一番搾り(生)中ジョッキでカンパイ。


190613 amari-16190613 amari-17


アテはおしんこ、里芋とごぼうの素揚げ、いかの塩辛。


190613 amari-19

190613 amari-20 190613 amari-21


気がつけばカウンター席はほぼ埋まっている。
このタイミングで入店すれば小上がりに通してもらえるはずだが、なかなかそううまくはいかない。


190613 amari-22 190613 amari-23
焼酎梅割り(NWK氏)、焼酎水割り(ワタシ)

190613 amari-26-2

190613 amari-27-2
第2弾のアテは、牛すじと大根の煮込み、特製玉子焼き


そして、席が埋まっているにもかかわらず、店内は非常に静か。1人客が多いから。
われわれの会話は店内に筒抜けであろうし、ほかの声もよく聞こえてくる。店主は80いくつだなんだと。

当のご主人はカクシャクたるもので、とてもそんなお年には見えないな… と思っていたら、僕らの隣のマダム2人組が「これ、どうしてもお酒の味がしないの…」と、焼酎お湯割りのグラスを差し出す。「確認してみていただけます?」
ニオッたご主人、「入ってませんね…」と。「お湯でお湯を割っちゃいました(笑)」
こっちまで笑かしてもらいました(笑)。


190613 amari-24


本日のテーマは暑気払いということで、どぜう料理がいただけるこちらを久々に選んだわけである。


190613 amari-25


柳川なべ登場。
イメージでは、丸のままのどぜう鍋は通向け、料理として洗練度を高めた柳川は万人向けというのがあったが、これはこれで中骨バリバリと、なかなかワイルド。

もう一つのテーマ、厄介払いも、安来節よろしくほっかむりと決め込みましょう。


190613 amari-28


[DATA]
あま利
東京都立川市曙町2-12-13



[Today's recommendation]

wachat190613-1.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/L5w22nZedb4





Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

たれかはさま

ターミナル立川駅のすぐ近くとは思えないシブいお店です。
暑かった日の夕方にどじょうというのも、なんかいいなと思いました。

No title

こんばんは。

記事中の写真の生中がとても美味しそうにみえます(今日は休肝日のわたし)。

どじょうは未体験なんですが、なぜだかいかしてるように感じます。

渋いお店ですね、ココンチ。

Re: 笑いの粋、路地裏の隅に在りけり

ツキさま

たしかにお湯なら無毒ですからね。
焼酎で焼酎を… となったら踏み間違いに近いけど。
スマートでいい対応だと思いました。

笑いの粋、路地裏の隅に在りけり

お湯でお湯を割るというのは、ご主人、なんかイイ味出してます。
ブレーキ踏んだつもりが、、などと昨今の事案とは真逆の四方山話。
世の中、老いても踏む道には安心できる粗相を残したいものです。
夕方でなければ陽が届きそうもないあの通り。明るくなるのは日が沈んでからですね。
悪びれずも楚々とした対応のスマートさ。お見事っ!

P.S.トラブル、早期解決できるといいですね。
Latest Articles
追憶のチャンポンを求め… 【長崎ちゃんぽん・皿うどん 球磨】 Dec 13, 2019
高田馬場を代表するロシア料理の名店 【チャイカ】 Dec 12, 2019
すっきりとしてかつ味わい深い… 【麺蔵 もみじ】 Dec 11, 2019
意外やマッタリ落ち着く自宅型すし店 【愛寿司】 Dec 09, 2019
ソースメーカー直営の甘味・惣菜処 【さくら茶屋】 Dec 07, 2019
価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】 Dec 06, 2019
ドカ盛り1CLに、感謝… 【来々軒】 Dec 05, 2019
駅ビルに残る“新宿な”異空間 【ビア&カフェ BERG】 Dec 04, 2019
四季のヘルシーメニューを穴場カフェで 【季節のテーブル 野の花】 Dec 02, 2019
年内限定特別価格! と○ふ◯コースを堪能 【葉月】 Dec 01, 2019
忘れえぬ夕べの味玉 【阿佐谷ホープ軒】 Nov 30, 2019
高級感ある焼き肉ランチ 【和牛亭あらかわ】 Nov 29, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2