夢幻のごとき過日の面影 【食堂 蘭】

2019.05.22

 清瀬市北西部の旭が丘団地は入居開始が1967年と、築年数50年超の物件である。
2016年公開の是枝裕和監督作品『海よりもまだ深く』の舞台として知られ、監督自身9歳から28歳までこの団地で暮らしていたという。

駅から遠く便利とはいえないが、それゆえに“自前の”立派な商店街を備えている。いや、備えていた、というべきか…。
今回取り上げる「食堂 蘭」は、この衰退商店街の真ん中にひっそりたたずむ食堂遺産である。


190522 ranshokudo-43
左が東京都清瀬市、右が埼玉県新座市


ブログ記事をつくるにあたり基本情報を調べて初めて知ったが、ここには都県境が引かれていて、道を挟んで団地側が清瀬市、商店街側が新座市になる。
人々は、清瀬市から新座市にラーメン食べに行ったり、新座市から清瀬市に寿司を出前したりしている。埼玉県の小児科にかかって東京都の薬局で薬出してもらったり、東京都の郵便局で買ったハガキを埼玉県のポストに投函したりしているわけである。
まあ実際に生活している分にはそんなことはどうでもいいとは思うが。


190522 ranshokudo-11

190522 ranshokudo-12 190522 ranshokudo-13

190522 ranshokudo-14

190522 ranshokudo-15 190522 ranshokudo-16

190522 ranshokudo-18 190522 ranshokudo-19


このあたりをたまに自転車でうろついたりしていたのはもう20年も前のことだろうか。
そのころすでにだいぶくたびれていたように記憶しているが、それでもいまよりずっとお店も人出も多かった。


190522 ranshokudo-17


ショッピングモール(これは清瀬市側)内の去年倒産した「スーパーナカヤ」はシャッターを下ろしたままで後継テナントも決まらず、衰退ぶりを強く印象づけている。
で、このスーパーの場所、以前は「クイーンズ伊勢丹」だったと記憶しているが、本当だろうか σ(・・?) ホエ…?
こんなとこにクイーンズがあったはずないんじゃないの…? と考えだすと、自分の記憶にまったく自信が持てなくなる。
キツネやタヌキに化かされでもしていたかのようで。


190522 ranshokudo-20

190522 ranshokudo-21 190522 ranshokudo-22

190522 ranshokudo-23

190522 ranshokudo-24 190522 ranshokudo-25

190522 ranshokudo-26


最近まで営業していた表通りの中華屋も今回見たらなくなっていた。
飲食店で残っているのは、すし屋2軒と焼き肉屋とうどん屋と、この「食堂 蘭」くらいだろうか。


190522 ranshokudo-27


「食堂 蘭」の店頭メニューで特徴的なのが曜日サービスで、水曜日の今日はチキンカツ、からあげ、アジフライ、コロッケ、もつ煮の各定食が690円。


190522 ranshokudo-29


メニューを確認のうえ、入店。


190522 ranshokudo-30


店内は10席足らずのL字カウンターのみ… と思ったら、壁に備え付けの小さいテーブルというかカウンターというか、そちらも一応2人席として利用可。
スタッフはご夫婦と思われる年配のお二人。


190522 ranshokudo-31


サービスの下げ幅が大きくいちばんオトクなのが770円→690円のアジフライだが、無難な感じのからあげを注文。
おかあさんが揚げ鍋に火を入れる。


190522 ranshokudo-37


一膳飯屋とか一杯飲み屋のようなものをイメージしていたが、壁のていねいなレタリングの品書きを見ると、エビフライ、コロッケ、カレーライス、ナポリタン、ミートソース… と、ベースは洋食屋だろうか。
実際、途中で奥から出てきて調理を交代したご主人は、ビシッと白いシェフスーツをまとっている。


190522 ranshokudo-32


からあげは小ぶりがごろごろ。このタイプにありがちな揚げすぎということもなく、しっとりジューシー。
付け合わせの具なしナポリタンが洋食屋origin説を裏づけるようだ。


190522 ranshokudo-33


でも、何げにご飯がおいしい。
何かの葉っぱのしょうゆ漬けのような小鉢の漬物も自家製じゃないだろうか?


190522 ranshokudo-34


食後はコーヒー or 紅茶 or ウコン茶(この日はなし)が付くというサービスのよさ。


190522 ranshokudo-35 190522 ranshokudo-36


食べるスピードがこういう場所では速すぎると自覚せざるを得ず、店を出れば相対論的時間軸のズレがいくばくかは生じているんじゃないかと、あたりを見回してみるのである。


190522 ranshokudo-28


[DATA]
食堂 蘭
埼玉県新座市あたご3-7-3



[Today's recommendation]

wachat190522.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/SZgIk2b68gQ


https://www.youtube.com/watch?v=ZDglQDpqqAM


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

marinさま

> 孔雀苑のレポ、楽しみにしてます♪

どんどん課題がたまっていくような…(笑)
でもそれが楽しくてやっているのであって。
これからもいろいろ教えてください。

No title

小金井街道ののちに電気屋、いまはドラッグストアの、あの場所ですね。
そういえば、小さなスーパーのような店があったような。
その頃は私がちょうど東久留米を不在に(?)してた時期だったかな。
なんだか、気になるので、友達に訊いてみよう!

孔雀苑のレポ、楽しみにしてます♪

Re: おっはー

つかりこさま

自由、平等、友愛の国フランス共和国を象徴するような出来事ですね、「反乱の年(5月革命)」は。
で、この2人はシャルロット・ゲンズブールのご両親ということになります。

> まあ、僕が言った「'69年の勢い」とは、
> そういうエロな勢いのことですなー。

↑ご教示、ありがとうございました。(違うがな)

おっはー

むはは
フランスに日本のような「69」に対するエロ感覚って、
あるんでしょうかね。

フランス語は全然わかりませんが、ちょいと調べたら、
'68年はフランスでは「反乱の年(5月革命)」と呼ばれている
みたいですね。
3月の学生運動から始まり、政治運動、労働者運動などへと拡大し、
国中が警官と左翼の衝突の場となったようです。
(この騒乱は、世界中へ飛び火した)

その年にド・ゴールが辞めて、騒ぎが静かになった'69年のことを
歌った曲なんでしょうね。
5月革命には「セ〇クス革命」なども含まれていたようですから。
ジェーン・バーキンが「♪'69年は、エロのとし~」なんて、
まっ、エッチ。

まあ、僕が言った「'69年の勢い」とは、
そういうエロな勢いのことですなー。(違うがな)

Re: No title

marinさま

「和食さと」の向かいの角地より少し南にあったように思うんですが、勘違いでしょうか? クイーンズといってもコンビニに毛の生えたような小さな店舗で、のちに電気屋? か何かに変わったような気がします。

先日、上の原のビバホームでサツキを買ったりとかちゃっかり利用していて、寂しいのとウキウキが同居しているのは僕も一緒ですね。

あの急坂の途中の「孔雀苑」ですか! いやー、ずっと気になっているお店です。
あの坂の通りと、それから坂の下で交差する川沿い(暗渠?)の通りには、どこか引き付けられるところがあって、ときどき踏み込むことがあるんですが、いまは何も発見できません。
ただ「孔雀苑」の並びに最近までカフェ? のような古本屋? のようなお店があったように思うんです…

あの坂はひばりが丘からの帰りに通るルートの一つで(行きは上りがキツいので使わない(笑))、孔雀苑の「営業中」の札を横目で見ると「お、まだやってる」みたいに安心はするんですが、あれも入りづらい店構えですよね(笑)。
でも、そうかぁ。今度入ってみようかな…。

No title

すみません、昨日のコメントに名前を書き忘れましたm(_ _)m

むむっ? 小金井街道のマルフジとは、東久留米のですか? クィーンズ伊勢丹があったという記憶はないんですが、うーん、どこだろう……。

上の原団地の新たな商業施設には、恥ずかしながら踊らされてるような~。
新しいお店に、ウキウキしながら出かけたりしてます。
それでいて、古い商店街が衰退するのはすごく寂しいという、私の中での矛盾……。

私が生まれ育ったのは、東久留米でも駅はひばりヶ丘寄りの地域。
当時、家の近くの小さな商店街はそれなりににぎわっていて、普段の食料品はそのあたりの店でほぼすべて揃いました。
肉屋、パン屋、魚屋、よろず屋(かな?)、本屋、豆腐屋、酒屋、八百屋、文房具屋、薬屋、駄菓子屋、床屋、美容院、etc.……思いかえしてみると、あんな小さな商店街に、よくもあれだけの店がそろってたものだと感心します。
いまはもう見る影もないし、そこが商店街だったってことも、知らずに通り過ぎる人のほうが多いかもしれません。
でも、私にとっては、あの商店街が原風景で、だから、消えゆく商店街に強烈に哀愁を感じちゃうんでしょうね。

その、いまはなき商店街の片隅で、営業してる中華料理屋の「孔雀苑」
私が子供の頃にはまだなかった店ですが、それでももうかなり古びた店になってます。
入ってみたいけど、入れていないお店のひとつです。

Re: こんちはー

つかりこsama

> みんなで690円の定食を食べて、'69の頃のような勢いもらいたい

↑いやー、張る動画間違えました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZDglQDpqqAM
でお願いします !!( ̄  ̄)δ

Re: こんちはー

つかりこさま

> 住居としての団地と一緒に、商店街まで併設して、
> 一大町を作ってしまおうという、高度成長期の勢いが見て取れて、
> 僕には悲哀感ではなく、わくわく感が湧いてきます。

↑まさに、うまく言えないけどモエる、というのは、自分的にそういう感覚なんだと思います。
田舎の人間からしたら、それはもうありえないエネルギーですから。

でも、そうやって生まれたものが失われていくことに対する同時代人としての共鳴感に、胸がうずくのかとも思うんですよね。

新所沢の物件も記憶にありますし、建物の造りには詳しくなくてもおもしろい建造物は印象に残ると思うんですが、そういう意味では表参道ヒルズは僕にはヘタクソにしか映りません。薄っぺらく…
RestructureでなくRenovationを、と考えてしまうわけです。

※最新記事でリンク張らせてもらってます。スンマセン。

こんちはー

団地萌え!
・・・というと、滅びゆくものへの同情、哀愁のように聞こえて、
失礼に思われると困るのですが、僕の場合は純粋に建物の造り
と言いますか、いまでは見ることのできない意匠と言いますか
にぐっと引き寄せられるんですよ。
もちろん、そこにいまでも人が住んでいて、栄えていても
同じ引き寄せられ方をするのです、
かつての原宿の同潤会アパートのように。

写真のテラスハウス式というか、メゾネット形式というか、
縦に1・2階で1軒で、長屋になった構造には、
既視感があります。
これは、日野市の多摩平団地にもありましたし、
新所沢駅前につい近年まであった団地もそうでしたし、
いまはなき、阿佐ヶ谷住宅もそうでしたね。
(上記は3つとも新しくなってしまいました)

スーパーナカヤさんのあったモールみたいなのは
めずらしいと思いますが、日野は豊田駅前のアーケード通りが
こういう団地ショップの連なりでした。
シントコの一角には、四方をこういう建物で囲まれた “パティオ” とでもいうような
造りの「四角い中庭商店街」がありました。(これはとても興味深かった)

建物の高さや、二階の窓の付け方などを見るとどこのものもよく似ていて、
きっと、'50~'60年代に当時主流の工法で建てられたものなのだと
いう気がします。
住居としての団地と一緒に、商店街まで併設して、
一大町を作ってしまおうという、高度成長期の勢いが見て取れて、
僕には悲哀感ではなく、わくわく感が湧いてきます。

しかしながら、昭和の高度成長が過去の栄光であるように、
こういった建物もコミュニティも過去のものになりつつありますよね。
でもでも、世界的な不況と数々の自然災害に見舞われた日本はいま、
新しい状況での戦後を迎えているないかと感じています。
なら、僕らの世代ももっとがんばらねば、って漠然としたモチベーションが
湧いてくるんです、こういう建物を見ていると。

なんか、わけのわかんないコメントになっちまいましたが、
みんなで690円の定食を食べて、'69の頃のような勢いもらいたい
と思うのは僕だけ・・・・・ですよねぇ。

Re: No title

mさま

旭が丘はせいぜい見て回るだけという距離感ですが、もっと生活圏に近い滝山の商店街はイオンができてガクッといきましたね。とにかく子どもの姿が消え、ハーメルンの笛吹きみたいで空恐ろしいものがあります。
ひばりが丘は西友が移転してにぎやかになったようにも見えますが、それが個人商店を圧迫している部分は否定できないでしょうし。
あと例の上の原の再開発。まあ、そんなものに関係なく西堀銀座はとっくに崩壊してました(これもなぜか新座市)。

でも衰退商店街って、うまく言えないですけど、モエるっていうんですか?
現状を目の当たりにすれば、それはたしかに暗鬱な気持ちになりますが、でもそこに人があふれていた光景も容易に回想することができる。自分は田舎生まれなのでこういう街は憧れそのものでしたし、時代的にもそっち側に属していると思っています。懐古趣味を否定するものではないので。
それとやはり、滅びゆくものへの同情と共鳴。
なんか、キューンとなるんですよね…
うまく言えませんが。

ところで、クイーンズって小金井街道のマルフジの向かいにもあったような気がするんですが、何だったんでしょう?
あれも蜃気楼…?

Re: No title

ツキさま

若葉町も郵便局の隣のショッピングセンターはまだなんとかなってるようにも見えるんですが…
けやき台は「欅菜館」、その並びの肉屋、アーケード側ではNPO系の食堂、博多ラーメン… と、残存も新参もあって、まあ踏ん張ってますかね。
子どもは、そもそも少なくなってることに加え、商店街に寄り付かないようですね。

No title

そうですか、ここまで衰退していたとは。
いや、そうだろうと予想はしていたけれど、写真でもはっきりわかる侘しさ。
たしかにクイーンズ伊勢丹があったはずですね。でも、それもいまとなっては、蜃気楼だったのかと思えるほど……。

公団住宅と言えば、生まれ変わったひばりが丘団地。
きれいになってにぎわってる感がありますが、その商店街はかろうじてシャッター街を免れているような状況。
住人が増えても、個人商店に人が戻るわけではないんですね。反面、近くのイオンは盛況。
かく言う私も、基本的に買い物は大手スーパーマーケット。ときどき、馴染みの個人商店です。ちょっと反省。

No title

hobohoboさま

>若葉町団地というのはオザキショッピングセンターでしょうか。

今日、そのオザキショッピングセンターの前を通りました。本当にさみしくなりました。この界隈ですと、五日市街道反対側のけやき台団地の方が商店街に残存部隊が残っているように感じます。
若葉町の珈琲屋さんのご店主から伺ったのですが、けやき台と若葉町の小学校が統合されるとのお話でした。あれほどの規模の二大集積であっても、子供の数はどんどん減っているのですね。この先の日本を暗示しているようです。

Re: No title

ツキさま

衰退商店街は、すっかり一般住宅への建て替えが進んで商業区域の面影をとどめないものもあれば、ここのようにシャッターの遺構と化しているところもあって、後者の痛々しい姿は胸を打つものがあります。
滅びゆくものへの同情・共鳴から、そういう場所に引き寄せられるんだと思います。

若葉町団地というのはオザキショッピングセンターでしょうか。
小平団地外れのハイハイセンターにも似た見事な構造ですよね。
たぶん薬局ぐらいしか残っていませんけど…

No title

団地の商店街とかアーケードって、ほぼ死滅している例が多いですよね。
うちの近くには三つの団地が有りますが、その一つの周りにはもはや1店舗も無し。どういうわけか、残りの片方では電気屋さんが頑張っています。商売成り立つのかな?電池の自販機があったりして。他の団地ではどうだろう。
こちらの蘭さんは、間違いなく住民の味方。正義のナポリタンに唐揚げ8個!引越しの多かった自分には、こういう思い出色の商店街が羨ましいです(笑

ご存知の立川市若葉町団地の御蕎麦屋さんを擁する小さなアーケード。あそこの入り口にはむかし、たこ焼きを焼いている海苔巻きや赤飯を売るお店があったんですよ。千切りキャベツが入ったボリュームのある大型のたこ焼きで、今となってはセピア色の味です。
Latest Articles
甘味処の軽食は…? 【あづま】 Oct 12, 2019
20数年ぶり? の価格改定 【九州ラーメン いし】 Oct 10, 2019
立ち食いそば屋で、あの天ぷら! 【木曽路】 Oct 09, 2019
ここにも歴史の生き証人が… 【とき】 Oct 08, 2019
ボリューム感にビビらされ… 【一翆】 Oct 07, 2019
漆塗りの付け台でいただく1CLにぎり! 【寿司金】 Oct 05, 2019
懐かしの屋台ラーメンを彷彿させる… 【ラーメン えどっこ】 Oct 04, 2019
あのグループの本家本元! 【丸長中華そば店】 Oct 03, 2019
ラーメンの消えた日 【ラーメン一二三】 Oct 02, 2019
1CLシリーズ、まとめてみた Sep 30, 2019
ふらっと大内宿 ――後編 【浅沼食堂】 Sep 29, 2019
ふらっと大内宿 ――前編 【大内宿】 Sep 27, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2