みちのく行き当たりバッタリ (#/_ _)/ ――その⑧ 【道の駅 象潟「ねむの丘」】

2019.04.30

 次に向かったのが秋田県南部、山形と境を接しているにかほ市にある「道の駅 象潟『ねむの丘』」。


190430 kisakata-21
ついに海へ! 相方さんは初日本海


象潟といえば松尾芭蕉が『奥の細道』に詠んだ
象潟や 雨に西施が ねぶの花
で有名な景勝地。


190430 kisakata-22
道の駅の裏手にある西施像


かつては潟湖に松の生い茂る小さな島々が浮かぶ風光明媚な地形で“東の松島 西の象潟”と称されたが、1804年の地震で海底が隆起して陸地化した。現在は田んぼの中に102の島の名残が点在する地形だが、地殻変動以前のまま「九十九島」という名称が付けられている。


190430 kisakata-29


というわけで、現在の象潟の風景は芭蕉が見たそれとはまったく異なるが、鳥海山を背景に松の島々を浮かべた静かな浅海の眺めというものはさぞ美しかったであろうと想像力をかき立てるに十分なものがある。


190430 kisakata-11-2


「道の駅 象潟『ねむの丘』」は日本海に臨み、背後には九十九島と鳥海山を望む絶好のロケーションにある。


190430 kisakata-23


11時半到着とお昼ごはんにはちょうどいいタイミングで、2階の「レストラン眺海」へ。


190430 kisakata-12
190430 kisakata-18


このレストランからも右に日本海、左に鳥海山を望むことができる。


190430 kisakata-15


メニューには角館で食べられなかった稲庭うどんもあるが、それより象潟うどんというものに惹かれる。


190430 kisakata-13


稲庭うどんより約500円安いのだ。こんな場合、安く基本メニューっぽい名前(地名・店名等を冠する)を選ぶに限るというのは、券売機の左上の法則と同じ理屈である。
もう1品はカツカレー820円。


190430 kisakata-14


象潟うどん760円は、稲庭うどんによく似た細めの平打ち麺で、ツルッと喉越しがよい。薄口しょうゆの澄んだつゆに小口ネギと、関西風を思わせる上品なうどん。トッピングのネバネバのものはうわさのギバサかな?


190430 kisakata-16
190430 kisakata-17 190430 kisakata-24


カツカレーはカツが分厚くカレーも濃厚。普通においしいカツカレー。


190430 kisakata-19
190430 kisakata-20


この施設には天然温泉の足湯がある。
先ほど角館の武家屋敷通りを散策中に雨に降られ、靴の中まで水が染みて冷えていたので、これはありがたい。


190430 kisakata-26
190430 kisakata-27 190430 kisakata-28


足湯施設からも鳥海山が眺められ、ゆったりと湯につかっていると、気持ちがよくてなんか眠くなってきたなぁ o( ̄ー ̄;)ゞ ウーム…


190430 kisakata-25
鳥海山と、手前には九十九島の一つも


[DATA]
道の駅 象潟「ねむの丘」
秋田県にかほ市象潟町字大塩越73-1
https://www.kisakata.nemunooka.jp/
https://www.facebook.com/kisakata.nemunooka/



[Today's recommendation]

※旅の間ネコ不在のため猫写真はお休みします

◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/dNfXPgSN5v8


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

kenbooさま

足湯だけでもそのあと眠気に襲われてヤバかったので、入浴してたらアウトでしたね。前日、車中泊だったし。
展望台に気づかなかったのは悔やまれます。
うどんは興味深いものがあります。やはり北前船の京文化の名残でしょうか…

No title

ねむの丘は足湯もいいですが、上の大浴場がいいんですわ。
日本海を見ながらゆっくり入れますし、サウナもあるし。
2時間の制限つきだったような気もしますが、庄内に転勤で
住んでいた時、秋田方面にツーリングに行って帰りに
ここで風呂入ってから家に帰るのが至福でした。

象潟うどんも乾麺で稲庭チック。実は庄内にも大山稲庭うどん
といううどんがあって、これまた美味。絹入りうどんなんてのも
ありましたねぇ。あのエリアはこの手のうどんがウマいんです。
西回り海運文化圏だからかなぁ。

Re: No title

KUONさま

西施ドラマは断然ランナウェイのほうを見たいです。ハッピーエンド好きのお子ちゃま志向なので(笑)。
なんかいろいろごっちゃになって、(昔の)象潟というと洞庭湖とかの景色が思い浮かぶんですよね。見たことないけど。

角館の武家屋敷の街並みは30年以上もぼんやり覚えているくらい印象的なものがあります。
前はたしか秋でしたが、桜(しだれ)の季節は格別ですね。

震災は、直接的には家を失った両親が2カ月近く東京の狭いわが家に来ていたというのがいちばん大変でした。
いわば当事者なのでいろいろドライに見てましたね…。

No title

こんばんは。

みちのくの旅日記、楽しませていただきました。「西施」のことは、中国の大河ドラマのような呉越を題材の作品で知りました。ドラマの中で、柳腰の、うりざね顔の、本当に美しい女性として出て来て、二本観たのですが、結末はみごとに反対の描かれ方で。一本は死を選び、一本は恋人とランナウェイしていました。

俳人芭蕉は、どんな憧れごころで、その女性を句のなかに取り込んだのでしょうね。おかげで西施は、海を隔てたこの国でも、永遠の存在となっている・・・。

前回の、角館の武家屋敷の記事もワクワクと読ませてもらいました。数年前に訪れて、アイスクリン売りのおばさまに、桜の頃にぜひいらっしゃい、と言われていて。こちらでその、みごとな桜を味わわせていただきました。素晴らしい街並み、また訪れてみたい場所です。

お身内のことにはほぼ触れておられませんが、あの震災がいかに大変なものだったか、勝手にあれこれ、思い描いていました。失礼ならお詫びします。

おいしいモノも召し上がられて。・・でココ終わって、すみません(笑)。

実はもう、ご自宅に戻られていて、と改めて知り、明日からのご多忙にも、ばっちり備えはできげおられるのだな、と、勝手に安心しました。


ありがとうございました。


Latest Articles
怒涛の 1 Coin Week ② ――絶品うどんに天ぷらを付けて… 【手打ちうどん こげら】 Aug 25, 2019
怒涛の 1 Coin Week ――焼き肉定食が、なんと! 【安楽亭 田無店】 Aug 24, 2019
交差点の隠れ家中華 【金龍亭】 Aug 23, 2019
ランチずし最強宣言! 【東鮨】 Aug 22, 2019
絵心をそそる門前の茶屋 【小林屋】 Aug 20, 2019
関東(ry) うどんロード ―2 【おぎの屋 板倉店】 Aug 19, 2019
オープン1年、市内要注目エリアに 【野口製麺所 本町店】 Aug 18, 2019
気軽に立ち寄るカウンター寿司の原点? 【すし食堂 勝】 Aug 17, 2019
実りの季節へ 【収穫祭 小山園】 Aug 17, 2019
ガラパゴス化する? 都会の洋食文化 【タカセ 池袋本店】 Aug 16, 2019
国立クオリティを村山プライスで 【アジアン酒場 アビマーニ】 Aug 14, 2019
灼熱のカツカレー 【太丸食堂】 Aug 13, 2019
Category
Ranking
         
          
Category-2