FC2ブログ

みちのく行き当たりバッタリ _ ( _“_;) ――その③ 【割烹 清川】

2019.04.29

 「春蘭亭」でまったりとなって、そのあといい気分で街を散策し、駐車場に戻ったときには11時半を回っていた。昼ごはんを盛岡でというのはちょっと現実的でなくなっており、そうなると、普段昼しか外食しないので気づかなかったが今日は夕食も外でとらなければならないわけで、じゃあジャジャ麺は夕方でいいか、と方針変更。


190429 kiyokawa-28 190429 kiyokawa-29
190429 kiyokawa-27
城下町ならではの鉤の手(左上)を通って登米神社へ


そうと決めたら盛岡に急ぐ必要はないので平泉に寄り道することにして、ならば昼ごはんは平泉でか…? といっても何も思い浮かばない。
さっきどこかで見た地図を思い出す。この登米の街外れの川べりに、うなぎ屋が記してあった。


190429 kiyokawa-30
13番が「東海亭」、16番が「清川」


駐車場の斜向かいに土産物センター兼観光案内所みたいなのがあって、そこで聞いたらうなぎ屋は2軒。
「この時間じゃ、どっちも混んでいると思いますよ」とのことだが、とにかく歩いて行ってみることに。
登米は油麩(仙台麩)発祥の地といわれ、途中、油麩丼を出す店がたくさん並んでいるが、一度うなぎと決めたら油麩ではちょっとなぁ… ( ̄ω ̄;) ウーム…


190429 kiyokawa-34 190429 kiyokawa-33


1軒目、明治8年創業の「東海亭」は、店内から外まで順番待ちの列が延びている ( ̄▽ ̄;) !!ガーン


190429 kiyokawa-11


明治でこうなら、もう1軒の「清川」なんか享保だっていうんだからどんなことになってるんだか… と、半ば諦め気分で行ってみれば意外にすいている。
ラッキー! …かどうかは食べてみないとわからないが。


190429 kiyokawa-12
190429 kiyokawa-13 190429 kiyokawa-14


「1階と2階、どちらがよろしいですか?」と聞かれ、迷わず2階に通してもらう。
お店の脇はもう北上川の自然堤防で、2階からなら土手の向こうに川が見えるんじゃないかと、誰もが考えるはずだ。


190429 kiyokawa-15


ところが2階大広間はガランと静まり返り、僕らが最初の客。
混むのは苦手だが、こうまですいていると若干不安なものが…。


190429 kiyokawa-17


それでも窓外には北上川が、辛うじてではあるが川面まで望め、土手の桜も、まあ咲いているということにして、実に気持ちのよい席である。


190429 kiyokawa-16


注文は、うなぎ丼 きも吸い付き2200円×2。


190429 kiyokawa-18


実はどこかの地図にうなぎ屋が載っているのを見たとき、今朝出発前に姉が言っていたことを思い出していた。
「登米には有名なうなぎ屋があって、お父さんはよくテッちゃんと一緒に行っていた」
テッちゃんは僕とは年の離れた従兄弟で、父親から見れば年の近い甥にあたる。一昨年亡くなり、父はひどく気落ちしていたという。
それがこの店だったかもしれないな… と、ちょっとしんみりする。


190429 kiyokawa-19


ぱっと見、照りの強い焼き上がりのうなぎで、甘めのタレかもという第一印象に反し、どちらかというと辛口、個人的には好みの味付け。


190429 kiyokawa-20


ふっくら蒸し加減もちょうどよく、くさみのない非常においしいうなぎ丼であった。


190429 kiyokawa-21


木の芽がそのまま添えてあるのはこの時期ならでは。
お新香にワサビの葉のしょうゆ漬けというのもうれしい。


190429 kiyokawa-22-2


一輪挿しのプレゼントまでいただいて、お値段以上、期待以上の昼ごはんとなった。


190429 kiyokawa-31 190429 kiyokawa-32


店を出て、土手の上を歩いて駐車場に戻る。


190429 kiyokawa-24


「清川」は享保元年(1716年)創業。登米は古くから開けた地で、江戸期は北上川の水運で栄えた城下町・宿場町。治水のための河川改修が行われた分岐点の上流であり水量豊かで、登米大橋のあたりは川幅が約300メートルにも及ぶという。


190429 kiyokawa-25


北上川産天然川うなぎは5月解禁。


190429 kiyokawa-26


[DATA]
割烹 清川
宮城県登米市登米町寺池桜小路79



[Today's recommendation]

※旅の間ネコ不在のため猫写真はお休みします

◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/JZF1xUrD_Fg


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

No title

hobohoboさま

いやいや、音と絵にお父上の気持ちを見てしまい。
時間まで伝わってくる様でした。

Re: No title

ツキさま

ありがとうございます。
自分の記事のコメントにジーンときてしまいました(笑)

No title

うなぎと一緒に、背景に流れる音がご馳走です。
先に掛かった橋と、物憂げな川面の色。これ見よがしに差さない日差しも優しいし。
中瀬に網を張っているのでしょうか。
船頭を待つ二艘の舟がまるで、お父上と、在りし日の方を想わせますよね。
Latest Articles
ふるさとの復興支援イベント! ――出張カキ小屋「牡蠣奉行」 Dec 15, 2019
1CLシリーズ、まとめてみた ――その2 Dec 14, 2019
追憶のチャンポンを求め… 【長崎ちゃんぽん・皿うどん 球磨】 Dec 13, 2019
高田馬場を代表するロシア料理の名店 【チャイカ】 Dec 12, 2019
すっきりとしてかつ味わい深い… 【麺蔵 もみじ】 Dec 11, 2019
意外やマッタリ落ち着く自宅型すし店 【愛寿司】 Dec 09, 2019
ソースメーカー直営の甘味・惣菜処 【さくら茶屋】 Dec 07, 2019
価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】 Dec 06, 2019
ドカ盛り1CLに、感謝… 【来々軒】 Dec 05, 2019
駅ビルに残る“新宿な”異空間 【ビア&カフェ BERG】 Dec 04, 2019
四季のヘルシーメニューを穴場カフェで 【季節のテーブル 野の花】 Dec 02, 2019
年内限定特別価格! と○ふ◯コースを堪能 【葉月】 Dec 01, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2