変わっていくこと、変わらずにいること 【村山ホープ軒 東大和店】

2019.04.17

 「村山ホープ軒 東大和店」は去年12月以来。

前回「村山ホープ軒 東大和店」の次の記事が吉祥寺の「ホープ軒本舗」。
今回は千駄ヶ谷の「ホープ軒」からの「村山ホープ軒 東大和店」。
この系統はあとを引くようだ。

料理写真が、特に色味的に前報とほとんど変わっていない点について、あらかじめお詫び申し上げます (*_ _) ス、スマン…


190417 murayama-hope-13


前回と変わっている点が2つある。
まず、庇テント。トレードマークともいえる黄色から、赤地に白抜き文字に。


190417 murayama-hope-11

190417 murayama-hope-21 190417 murayama-hope-22
過去写真:2018.05.10(左)、2018.12.11(右)

190417 murayama-hope-12


これは武蔵村山の本店と同じデザイン。本店もこの色に変わったのは最近のことだと思うが。
ちなみに暖簾は前回すでに黄色から白に変わっていたことに、いま写真を見直して気づいた。


190417 murayama-hope-14


もう一点はスタッフで、若い女性がいる。
以前、一度目にした魔法使いの弟子と同じ人だと思う。お見かけしたのはそのとき以来だが、ずっとやられてきたのかはわからない。


190417 murayama-hope-15


いずれにしろ、この時代の変わり目に心機一転、テコ入れ的な動向は明るい話題。
元号が変わるタイミングの年末、さらには年度末と、ある程度予想してはいたが店を畳むケースがググッと増えていることに衝撃を受けているだけに。


190417 murayama-hope-17 190417 murayama-hope-18 190417 murayama-hope-19


注文はラーメン700円+もやし130円。
いつもと変わらないラーメンの味。


190417 murayama-hope-16


変わっていくことと、変わらずにいることと。
あるいは、変わらないために変わっていくことと。


190417 murayama-hope-20


[DATA]
村山ホープ軒 東大和店
東京都東大和市南街4-13-12



 野火止緑地の“青い”花たち


190417 nobidome-11 190417 nobidome-12 190417 nobidome-13
タチツボスミレ ジロボウエンゴサク ムラサキケマン

190417 nobidome-14 190417 nobidome-15 190417 nobidome-16
ヒメオドリコソウ ハナダイコン ハナニラ



[Today's recommendation]

wachat190417.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/zqNTltOGh5c


関連記事

Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Latest Articles
甘味処の軽食は…? 【あづま】 Oct 12, 2019
20数年ぶり? の価格改定 【九州ラーメン いし】 Oct 10, 2019
立ち食いそば屋で、あの天ぷら! 【木曽路】 Oct 09, 2019
ここにも歴史の生き証人が… 【とき】 Oct 08, 2019
ボリューム感にビビらされ… 【一翆】 Oct 07, 2019
漆塗りの付け台でいただく1CLにぎり! 【寿司金】 Oct 05, 2019
懐かしの屋台ラーメンを彷彿させる… 【ラーメン えどっこ】 Oct 04, 2019
あのグループの本家本元! 【丸長中華そば店】 Oct 03, 2019
ラーメンの消えた日 【ラーメン一二三】 Oct 02, 2019
1CLシリーズ、まとめてみた Sep 30, 2019
ふらっと大内宿 ――後編 【浅沼食堂】 Sep 29, 2019
ふらっと大内宿 ――前編 【大内宿】 Sep 27, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2