FC2ブログ

激変の団地の外れに郷愁の街中華 【昇龍】

2019.03.18

 子どものころからの床屋嫌いの自分にとって仕事が速いのは床屋の最高のサービスであり、「QBハウス」の登場は福音のように思われた。顔を覚えられるのが恥ずかしいのでしょっちゅう店を変えていた若いころのクセで、いまもQBハウスをローテーションしてしまう。ということで、久々の散髪はひばりが丘へ。


190318 shoryu-28


散髪のあとはお昼ごはん。
床屋は「西友 ひばりが丘団地店」内にあり、その周りの商業エリアとひばりヶ丘駅を結ぶバス通り(中原通りというらしい)にある古めかしい中華料理店「昇龍」へ。


190318 shoryu-27


この道は頻繁に通るので店舗外観は見続けてきたが、とにかく入りにくそうだなぁ… と(笑)。どの角度からも攻略の糸口が見つからないという難攻不落な店構えである。


190318 shoryu-13


店頭の品書きでセットメニューの有無等を確認しつつ呼吸を整えて入店。


190318 shoryu-11


当然のように先客なし。
ちょっと意表を突かれたような反応のおかあさん、ホールの電気をつけ、テレビのスイッチを入れ…。


190318 shoryu-14


なんというか、昨日の「千曲食堂」にも負けないというか…。
店内はあらゆる角度、みごとに年輪を重ねてます。


190318 shoryu-19


カウンターは物置状態で、テーブル2卓のみの小さいお店だ。
お店の人は年配のご夫婦?


190318 shoryu-20 190318 shoryu-21


「昇龍」といえば上野の有名店が思い出されるけれども、もちろん関係ないとは思うが自信ないので断定はしない。
とは思うけれども、「昇龍」といえばやっぱりギョーザしか思い浮かばない。
ギョーザ絡みのセットは… と? 正油ラーメン+ギョーザセット780円しかないようだ。


190318 shoryu-15


「えーと…」と、おかあさんは壁の品書きに注文の品を発見できず (; ^。^A ォィォィ…
注文後ややあって、「このセットでいいのよね…?」ともう一回確認された (-ω-;) ウーム…
出前主体なのか、来店客に慣れていなさそう、というか…。


190318 shoryu-23


ラーメンは濃口しょうゆの清湯スープという東京ラーメンの王道スタイル。
トッピングのバランス感覚もよい。


190318 shoryu-25 190318 shoryu-26
190318 shoryu-24
庇テントか暖簾の色が写り込んで赤っぽく見える。スミマセン…


麺は中太ストレート。肩ロースのチャーシューはかみしめると懐かしい味がする。


190318 shoryu-16


ギョーザは、街中華としては大きめ。具はゆるい感じで野菜主体。
野菜の甘味にニラ、ショウガがキリッと効いている。


190318 shoryu-18


この10年で大きく変わったひばりが丘団地と背中合わせな、何十年も変わらぬ姿のレッドリスト的存在。


190318 shoryu-17


[DATA]
昇龍
東京都西東京市ひばりが丘2-8-4



[Today's recommendation]

wachat190318-2.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




Vangelisの名作『China』のメーキング映像。見どころ(聴きどころ)は 05:57~『The Tao Of Love』
https://youtu.be/BZGui6q-f6o


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

TORUさま

味のある外観ですよね。
中はもっと? すごいので、正直アセりました(笑)。
でも味は正統派、おいしかったですよ。

Re: No title

たれかはさま

この道は4~5回ジグザグに折れて駅前となるバス通りなんですが、ほぼシャッター化してます。
往時をしのぶというには寂しすぎるところもあるんですが、でもラーメンはマッタリ… ですね。

Re: No title

ツキさま

この通りの東も西も、裏道にはほぼ商業施設はないと思います。
むしろきれいになった団地敷地に残された古い棟のリノベーションにおもしろい動きがあります。
いずれそういうところにも入ってみたいと思っています。

No title

レッドデータにのるであろうお店ですねえ。懐かしい味のするチャーシュー、食べてみたいなぁ。

No title

おはようございます。

街なみに溶け込み切ったような感じのお店ですね。
想い出の中の街中華的な?

供されたラーメンもしかりで、マッタリと...
特に何の用事もない休日のお昼ご飯をのんびり摂るのによさ気。

No title

この通りにバスが走っているのが良い。とうの昔に商店街としては息耐えているであろうはずの道に張られたオレンジ色のテント。その上に干された洗濯物が生きている証。並びに建つ個人病院の様子も気になります。
強いて言うなら、このブロックの裏を回る路地には、消し炭に似た往時の名残が有るかどうか・・探検の途が残されているような気がしました。

実店舗より出前にウェイトを置いた商売や相手にしてきた客の色も違う。近くに在りながら、千曲食堂の世界とはパラレルワールドな環境。用をなさなくなった網戸のようですが、それでも確かに仕込んだ餃子の餡が待ている。この町に静かに暮らしつつも腕には覚えありの強者が出入りしていそうです。

さぁ、僕もこれから行ってきます。名前は違うけど近所の昇龍へ。。笑
Latest Articles
ソースメーカー直営の甘味・惣菜処 【さくら茶屋】 Dec 07, 2019
価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】 Dec 06, 2019
ドカ盛り1CLに、感謝… 【来々軒】 Dec 05, 2019
駅ビルに残る“新宿な”異空間 【ビア&カフェ BERG】 Dec 04, 2019
四季のヘルシーメニューを穴場カフェで 【季節のテーブル 野の花】 Dec 02, 2019
年内限定特別価格! と○ふ◯コースを堪能 【葉月】 Dec 01, 2019
忘れえぬ夕べの味玉 【阿佐谷ホープ軒】 Nov 30, 2019
高級感ある焼き肉ランチ 【和牛亭あらかわ】 Nov 29, 2019
ハレの日のごちそう感 【うどん弥 根古坂】 Nov 28, 2019
高度成長期を知る団地の中華屋さん 【桃園 若葉町店】 Nov 26, 2019
肉料理&焼き鳥、期待の新店 【肉料理 KOU】 Nov 24, 2019
ひそかに続く三鷹ディープゾーン探訪 【かどや】 Nov 23, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2