“サッポロ”というコンテンツ 【コタン】

2019.03.05

 このブログは基本的にお店屋さんを取り上げるものであるから、まず場所を説明しておきたい。手っ取り早いのが道順、つまり道の名前を出すことだが、この道路名というやつが実にめんどくさい。
都道府県道レベルで見てみると、使い慣れた名前はだいたい通称や愛称(通り名)であって、行政上の名称は路線の起終点を順に並べた「県道○○△△線」とすることが原則とされている。たとえば通称「世田谷通り」は、正式には「東京都道・神奈川県道3号世田谷町田線」となる。Wikipediaもそうなってる。
それじゃ説明にならんだろう。

そんな感じ(中略)でいろいろめんどくさいので、駅前商店街の細道の名前なぞ、なかなか調べがつかなかったりするのである。


190305 kotan-31


なぜそんなことを長々と書いているかというと、☝ この道の名前を調べるのにたいへん苦労したから。
西荻窪駅北口のJ:COMショップとカラオケ館の間の道を、「西荻まち歩きマップ2015」では「八幡通り」としている。理由は井草八幡宮への最短ルートであるから。別説として、途中の橋が「駅通橋」なので「駅通り」なのかもしれない、とも。どちらも簡潔・明快でストンと落ちるものがある。
逆に言えば、個人レベルでもこのように決定していけるところも、混乱のもとであるのだが。


190305 kotan-12-2


さて、この八幡通り、まあ古い人には洋食「真砂」のあった通りといったほうがわかりやすいと思うが… って、はじめからそれで済んだんじゃないの? \( ̄ー ̄;) ォィ!
…というのはおいといて。


190305 kotan-30


えー、あらためてこの八幡通り、100mほど入ったあたりの三軒長屋の一角のラーメン屋「コタン」。
おしゃれな店が並ぶ西荻にあって異質なオーラを放っている。


190305 kotan-14


1971(昭和46)年創業。
建物が古いということなら西荻は骨董の街であり古い物件のリノベーションの盛んな地域でもあるので、ぜんぜん珍しくない。
古いのはコンテンツ自体であり、いわゆるオワコン的な…?


190305 kotan-15


この店の標榜するところは、都内でも見ることが少なくなったサッポロラーメンである。


190305 kotan-16 190305 kotan-17


“サッポロ”についてはこれまで取り上げてきたお店を参照していただきたい蝦夷えぞえぞえぞ菊えぞふじ狩勝ニューコタン元祖札幌やどさん子どさん子ピリカピリカ


190305 kotan-20


1時すぎでお客さんはなし。
3年ほど前に一度入ったことがあるが、そのときもこんな感じだった。


190305 kotan-18 190305 kotan-19


入り口に掛かっている看板のランチメニュー:ラーメン(味噌:しょうゆ・塩)、餃子3個、半ライスで750円(税別)を、味噌ラーメンでオーダー。


190305 kotan-21


「ライスお付けしてよろしいですか?」とご主人。
「お願いします」と答えておいて、“よろしいですか?”が気になったのであらためてカウンター上のメニューを見直してみると、“お好きなラーメンに、プラス100円で餃子(3個)、ライスお付けします”と書いてあり、その上に“各50円、50円”と手書きで追加してある。つまりライスなしで700円という選択もできるわけで、なかなか親切だと思った。


190305 kotan-22 190305 kotan-23-2


お新香もつき、一式まとめて5分ほどでの提供。


190305 kotan-24-2


味噌ラーメンのスープはあっさりしている印象だが、徐々に合わせみそのニンニクが効いてくる。あっさりな分、だしのうま味が前に出てくる感じ。


190305 kotan-25


炒め野菜はモヤシ、キャベツ、ニンジン。
このテのラーメンでは珍しくデフォルトでチャーシューがのる。チャーシューは店主自慢の品のようで、おいしいとろとろチャーシューだ。


190305 kotan-26 190305 kotan-27


餃子はひと口サイズで、これもニンニクがかなり効いており、小ぶりながらパンチのある味だ。


190305 kotan-28


コンテンツのはやりすたりということでは、たとえばすぐ近くの「坂本屋」は中華屋のカツ丼、南口の「はつね」はタンメンで、それぞれ大行列店となっている。昭和の王道的大衆食堂メニューとしてサッポロみそラーメンも引けを取らないように思えるが、そこが微妙なところである。
“日本一の”と冠されることもあるほかの2店のように、じゃあ“日本一のサッポロラーメン”と誰かが言ったとして、それで行列ができるかというと、それも微妙なところで…。

それでも“私が愛してやまない「みそラーメン」なんです” (by 山本〇博?)


190305 kotan-29


[DATA]
コタン
東京都杉並区西荻北3-22-20



[Today's recommendation]

wachat190305.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/07Fp-omNXCw


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

kenbooさま

そうなんです。
「ひごもんず」の誘惑を振り切って進むと、ひっそりと。
あんな狭い道でなぜか目に留まらず素通りしてしまうのは、手前には生えているシマトネリコ? の陰になっているからかもしれません。
同じ長屋の「萬福飯店」も鶏そばがおいしかった記憶があります。前におっしゃっていた五目焼きそばも、ここならいいかも…

No title

ひごもんずのある通りの奥にこんなお店があったんですね。

この手のサッポロラーメンはホントに最近見なくなりましたねぇ。
食べたら悪くないんですが、やはり一時期ブームになった
食べ物はその後の反動があるんでしょうか?
一昔前は街道沿いにこの手の店はいっぱいあったんですが。

Re: No title

ツキさま

おっしゃるとおりです。
こういうお店まで行列ができたら行くとこなくなっちゃいます(笑)。

ただ、木彫りの熊はいい仕事してると思うんですが街行く人々とかみ合ってないというか…
もっとこう西洋アンティーク的クマ? 的要素を打ち出すとかすれば違った展開も…
いや、でもやっぱりいまのままがいいんですけどね。

No title

だけど、こういう処があるからホッとして食事もできるわけで(笑)
ご苦労を想うと経営者の方には申し訳なくても、日差しの強すぎる夢の世界より、たまには片隅の日陰が落ち着くことも。

餃子には白米という人も多かろうし、ランチセットを細かく選べる気配りは嬉しいですね。店内の掃除も行き届いているようですし、画面からもご店主の真面目さが伝わってくる。
ここはひとつ、看板の熊に招き猫ばりの引きを期待したいところです。しっかりっ、ご店主!!
Latest Articles
ラーメンハウスという業態は… 【白龍】 Oct 22, 2019
いい感じの田舎そば 【喜作】 Oct 21, 2019
マイナーファミレスの魅力とは? 【不二家 秋津店】 Oct 20, 2019
昔なじみにばったり… みたいな? 【らーめん たつ】 Oct 18, 2019
格を高く、敷居を低く 【椿】 Oct 17, 2019
熱々ウマウマ、超オトクな中華定食 【東来聚】 Oct 16, 2019
街の変遷を垣間見るがごとき… 【おかめ】 Oct 14, 2019
甘味処の軽食は…? 【あづま】 Oct 12, 2019
20数年ぶり? の価格改定 【九州ラーメン いし】 Oct 10, 2019
立ち食いそば屋で、あの天ぷら! 【木曽路】 Oct 09, 2019
ここにも歴史の生き証人が… 【とき】 Oct 08, 2019
ボリューム感にビビらされ… 【一翆】 Oct 07, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2