青梅街道 田無宿の歴史を伝える 【坂平】

2019.02.22

 田無駅北口、青梅街道筋のうなぎ屋「坂平」。
文久元(1861)年創業といわれる正真正銘の老舗である。


190222 sakahei-22


田無の歴史を伝える座談会記録『田無のむかし話』に、「坂平」について次のような記述がある。

――高級料亭で、奥座敷がいくつもあり、その一部は今でも使われている。黒光りした廊下の額に入っている明治28年の料理飲食業の許可証がこの店の歴史の古さを物語っているようだ。6月になるとうなぎのシーズンが本格的に始まり蒲焼の匂が道行く人の胃袋を刺激する。だがうなぎ料理の食べられるのは町の名士、登記所のお客ぐらいなもので、庶民には縁遠かった。(田無市立中央図書館 編、『田無のむかし話 その3 ―明治末期から大正初期にかけての青梅街道の町並み―』(1979)より)


190222 sakahei-27 190222 sakahei-26


地図は明治末期~大正初期の町並みを再現したもので、登記所(法務局)が現在の田無アスタの位置にあり、青梅街道から登記所への通路入り口に「坂平」があった。


190222 sakahei-13


アスタ裏へ出て登記所の客のお大尽になったつもりで「末広」前から「坂平」に抜ける路地に入る。


190222 sakahei-11


実は事情により酒を抜いている。…と聞いたら僕を知る人は相当びっくらこくであろう局所的大事件で、断酒は胃カメラをのんだ3年2カ月前のとき以来。つまり約850日連続記録が途切れたと。禁酒は昨日(2月21日)で11日目となり、ふだん焼酎1升を3~4日というペースなのでこの間3升浮いた計算で、乙類1升パック約1300円として4000円。
この4000円がお大尽の軍資金である。


190222 sakahei-14


お店は想像していたよりずっと小さく、右手に4人テーブルが3卓、左が小上がりで2人用座卓3つ。幾棟かが連なったようなつくりに見え、奥に個室や広間等があるのかもしれない。


190222 sakahei-16


真ん中のテーブルに着いて、うな重 並1900円を2つ注文。


190222 sakahei-17 190222 sakahei-18


「肝吸いお付けしますか?」とおかみさん。
うな重には+100円で付く肝吸い(単品は200円)もお願いして、2人前ジャスト4000円。


190222 sakahei-19


それにしても、いまどき2000円でうな重にありつける機会というのもなかなかないが、それが創業150余年の老舗となるとかなり貴重といえよう。


190222 sakahei-20


先客は小上がりにちょこんと腰かけている年配男性1人で、真横にそういうふうに座られていると落ち着かないなぁ… と思っていたら持ち帰りの客だった。
通りから様子がうかがえる焼き場では大量のうなぎが扱われていたように見えたので、持ち帰り需要が多いのかもしれない。


190222 sakahei-24

190222 sakahei-25


かば焼きは強めに焼かれ、ふっくら感はないが臭みが落ちて香ばしい。
たれは照りの強い見た目から想像するほど甘くはないが、継ぎ足して煮詰めたような濃厚さが老舗の歴史を感じさせる。


190222 sakahei-23


現店主が5代目とのことで、一緒に仕込み~焼きにあたるのが息子さんで6代目。
おかみさんはたいへん気さくな方で、いまはときどき訪ねてくるお孫ちゃん(6代目のお子さん)と会うのが何より楽しみと話していた(今日がたまたまその日だった)。


190222 sakahei-21


来し方を思い出でつつ、行く末の見通し良好のようである。


190222 sakahei-12


[DATA]
坂平
東京都西東京市田無町2-4-7



[Today's recommendation]

wachat190222.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/zH3JpqhpkXg


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

馬場さま

お気遣い痛み入ります。
僕も怖くて医者に行けないクチなので、ドックに立ち向かう勇敢な戦士の無事生還をお祈り申し上げます。

「はや幸」閉業はいまだに心に開いた穴のようです。
やはりそこを引きずってしまうので、新規開拓にしても正攻法では難しいのかな… と感じなくもないです。
この「坂平」のように歴史的背景から探りを入れるのも一つの方法かもしれません。
小平団地北の「宮川」という謎のうなぎ屋もちょっと気になってるんですが…

Re: No title

ツキさま

おっしゃるとおり、ふらっと立ち寄ったような近所のご老人ごと一様の風景写真のごとく、ですね。
それが過去形のワンシーンのように映ったとして、だから切り捨てるのか、尊重するのかは、人生かなにかの岐路のようです。
おカネ最優先は貧しい国家の在りよう… とか何とか、誰か言ってませんでした?

No title

こんにちは、馬場でございます。

私も実はもう数年うなぎを食しておりません。
理由は多分ご想像の通りでしょうか、
以前に触れておられた「はや幸」さんの閉業です。
あれ以上のうなぎがあるのだろうか?と
がっくりと力が抜けてしまい。。。

こちらもやはりhobohoboさんと同じく、
本町うな正さんに当たりをつけてはいるのですが
なかなか足が向かずのままでして。
しかしそろそろ次のお店も開拓せねばですし
こちらのお店にも足を伸ばしてみようかなと。

そんな事より(苦笑; お加減が気にかかります。
私も負けず劣らずの大酒飲みだったりするのですがw
来月6日に人生初のドックに逝って参ります。
その結果が恐ろしい今日この頃でして(汗;

くれぐれもご自愛くださいね。

No title

並とは言え庶民にはまぁ・・という食事です。それでも今どき、この値段で肝吸いも付くとなると嬉しいなぁ。
時代とともにお店も通りも様変わりしたのでしょうが、六代続いて今に至る。小上がりで出来るものを待つ年配の男性も、この家の空気と風情を作る要でもあるのでしょう。その名を西東京と変えても、土地の在りようが伺えます。
hobohoboさん、良い一日を過ごされましたね(笑)

自分、自宅で晩酌をする習慣がありません。年齢とともに弱くなったこともあり、付き合い以外での飲酒も無くなりました。昨夜、三ヶ月ぶりに近所の方と相席しましたが本日の日曜日、体が重たく諸々の作業捗らず・・反省
Latest Articles
怒涛の 1 Coin Week ② ――絶品うどんに天ぷらを付けて… 【手打ちうどん こげら】 Aug 25, 2019
怒涛の 1 Coin Week ――焼き肉定食が、なんと! 【安楽亭 田無店】 Aug 24, 2019
交差点の隠れ家中華 【金龍亭】 Aug 23, 2019
ランチずし最強宣言! 【東鮨】 Aug 22, 2019
絵心をそそる門前の茶屋 【小林屋】 Aug 20, 2019
関東(ry) うどんロード ―2 【おぎの屋 板倉店】 Aug 19, 2019
オープン1年、市内要注目エリアに 【野口製麺所 本町店】 Aug 18, 2019
気軽に立ち寄るカウンター寿司の原点? 【すし食堂 勝】 Aug 17, 2019
実りの季節へ 【収穫祭 小山園】 Aug 17, 2019
ガラパゴス化する? 都会の洋食文化 【タカセ 池袋本店】 Aug 16, 2019
国立クオリティを村山プライスで 【アジアン酒場 アビマーニ】 Aug 14, 2019
灼熱のカツカレー 【太丸食堂】 Aug 13, 2019
Category
Ranking
         
          
Category-2