どこまでも昭和な、新年のカレー 【錦乃】

2019.01.10

 だいぶ過ぎてしまったが、正月三が日の食事について――
われわれの子ども時代はまだ土地土地の風習が残っていたと思うが、僕の生家では雑煮のメイン感が際立っていた。
三が日は包丁など道具の使用が禁じられていたので、大みそかに大根、にんじん、ごぼうの千切りを大量に用意する。子どもも総動員で。それが雑煮の具。だしは干しダコだった。
朝は雑煮としるこ(あんころ餅と称した)。昼ごはんなしの2食制で、腹が減らないように子どもは朝に7つも8つも餅を食べる。夕ごはんは4時ごろと早く、白いご飯だったが、おかずはおせちのようなものばかりで、汁ものはやはり雑煮。2日の夜ぐらいになればさすがに飽きる。
飽きたといってもそこはド田舎、食堂など1軒もない。変化をつけるにもインスタントラーメンがせいぜいといったところ。
そこに登場したのが、レトルトカレー。
“おせちに飽きたらカレー”と大々的に展開されたCMキャンペーンが、“無理しておせち食べ続けなくていいですよ”と、いわば国民にお墨付きを与えた。


190110 nishikino-22


『みんなの暮らし日記ONLINE』に掲載されているmarinさんこと翻訳家・森嶋マリさんのカレーのコラムを読んでいたら、いろんなことが思い出された。
正月3日か4日あたりにカレー食べたなぁ… とか。
ランちゃんかわいかったな、とか、樹木希林さんも定番だったな、とか(それは年賀状印刷か…)。


190110 nishikino-14


そのmarinさんから「今年のカレーはまだか?」と、厳しいツッコミが飛んできた。
そうなのだ。
上記コラムに“おせちに飽きたら食べたいものランキング”の結果より“二大人気”と分析されているカレーとラーメンのうち、僕はラーメン派。
少なくともこの10年、正月一発目に食べるのはラーメンであった。


190110 nishikino-12


それはカレーよりラーメンが好きということではなく、正月早々営業していて、なおかつカレーを提供している“味のあるお店”というものを発見できていないということ。
さらにいま現在の事情でいえば、節約モードに入っているので、カレーはさらに選択肢が狭まる。


190110 nishikino-15


でも思い出しました。安いカレーの店。
しかもさらなる節約モードを満足させてみせます。裏技を使って。


190110 nishikino-16


花小金井の北口駅前の「錦乃」。
基本は中華料理屋だが、看板に“カレーとラーメン”と書いてあるようにカレーの押しが強い。


190110 nishikino-17


カレーライスが400円、カツカレーが600円。一概に比べられるものではないが、カレー部門に限れば昨日の激安中華「寳来屋」(各450円、800円)よりさらに安い。
節約モードにおいてカツカレーが食べられるのである。


190110 nishikino-18


注文から約10分。
スプーン in お冷や、乳酸菌飲料付きにて提供 フフ♪ (* ̄ー ̄) v


190110 nishikino-20 190110 nishikino-21


こちらのカレーは“日本のカレー(おうちカレー)”に違いないが、より煮込まれて具材が煮崩れたいわゆる“2日目のカレー”的。野菜の甘みが強いが、意外にスパイシーだったりする(S&B風という意味で)。
カツのサイズは安かろう小さかろうということはなく、ボリューム的にも十分満足できる。


190110 nishikino-11


お支払いで倹約の隠し札“割引券”を提示。
これでカツカレーが550円に。


190110 nishikino-19


割り引くにもかかわらず、おばちゃんはほかの客のときよりうれしそう。割引券はリピート客の証しだから。
「また使ってください」と、出した券が返ってきた。
50円で幸せ気分♪


190110 nishikino-13
190110 nishikino-24


[DATA]
錦乃
東京都小平市花小金井1-12-2



[Today's recommendation]

wachat190110.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2




https://www.youtube.com/watch?v=gM1MOaO9lZ8


関連記事

Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ちはー

つかりこさま

あの蔓ボーボーは美容院でしたか。
廃屋かと思ってました(笑)。

安いですよねー。
ホント、40年前でもこんな値段で食べられましたっけ?

> それにしても、大場久美子のV!
> この曲は、オンタイムで知っていましたが、
> 水着姿で聴くと、違う曲に聴こえます。(汗)

↑ククレカレー絡みですが、ひねくれ者なのでフツーにキャンディーズ使いたくなくて…
つかりこさんあたりツッコんでくれないかなー… と思っていたので、ありがとうございます(笑)

Re: No title

ジャムさま

こういうカレー、大好きなんです。
安いからというわけでもなく、わざわざ食べに行く感じですね。
お店も、おっちゃんもおばちゃんも、味があっていいですよー。

Re: はじめまして

焼き鳥おうじさま

コメントありがとうございます。

懐かしい雰囲気のお店が好きで、こういうことになってます。
でもこのあたりでもそれほどたくさん残っているわけではなく、年々減っていってもいます。
たしかにスカイツリーで変わったとは聞きますが、たまーにそちらのほうに行くと、やはり味のあるお店がやたら目に留まって興奮してしまいます。
下町の歴史と懐の深さを感じ、うらやましい限りで。
できればそっち方面にもどんどん踏み込みたいんですが、なかなか…

今後ともよろしくお願いします。

ちはー

あ、蔓ホーボーの美容院のある三叉路の近くですね。

すごい!バツグンに安いですねー。
40年くらい前でもこんな値段だったか?

それにしても、大場久美子のV!
この曲は、オンタイムで知っていましたが、
水着姿で聴くと、違う曲に聴こえます。(汗)
変なとこに食いついてすんません。

No title

おはようございます。
カツカレー美味しそうですねえ(^_^)
味わい深くてそそられます。

はじめまして

お邪魔します。
いつも読み逃げさせてもらっていました。すみません。

ここのブログに出てくるお店いいですね。
なんかなつかしさがこみ上げてきます。
カレーもお店の雰囲気もいいなあ。
うちの近くも、数年前までは似たようなお店がたくさんあったのですが、
スカイツリーができてからというもの、カフェもどきやイタリアンなんかが増えて、
それが、できたり、変わったり激しくて。

食堂巡り楽しみにしています。
ちょっとご挨拶まで。また、来ます。

Re: No title

carmencさま

FC東京のグラウンドから花小金井の間、東京街道を通ればディープなお店が4~5軒あります。
ディープすぎて1軒も入ったことないですけど(笑)。
駅前も、この一角だけに古い中華屋が3店も固まっているという、実はナゾの街です。
ロータリー周りはチェーン系が目立ってますが、ちょっと外れには新しめの人気店も含め、けっこうあるんですよ。

Re: No title

marinさま

marinさんの本格的レシピの反対をいってみました。狙ったわけじゃないけど(笑)。
こういうユルイ看板、見ただけでうれしくなります。
場末の飲み屋にしか見えない外観・内観もよいです。

僕も1年に1回くらいしか行かないほぼ一見客ですけど、乳酸菌飲料は必ず付いてきます。
忙しくないときは食後にコーヒー(砂糖入り)も出てきますよ♪
ぜひ行ってみてください。

Re: No title

ツキさま

恵方カレーですか。
気づきませんでした(笑)。
実は下のほうの写真の「千客万来」の大入り額の右に穴八幡宮の一陽来復の御守が小さく写っていて、その方角が恵方です。
つまり写真のアングルの逆。
毎年厳重に落下防止策が施されるその御守を拝むだけでもご利益がありそうです。

No title

お安い!!
カツカレーがこのお値段、そのうえ、また使ってと返してくれるなんて
菩薩のようなおばちゃん!!
ほっこりしていいお店ですね

FC東京の練習を見たあとで花小金井で食事しようとして
どこに入っていいかわからなくてうろうろしました。
結局駅に近い喫茶店だったか、新青梅に戻って馬車道か
どちらかにしたはず
花小金井はお店少ないと思ってましたが
結構ありますね〜

No title

正月明けのカレーはここですか!
道端のほうの看板は『中華料理』でて、店の前の看板は『カレーとラーメン』!!
それだけでもう、私的には充分にディープな香りが。
600円のカツカレーじゃ、カツに期待できるわけがないと思ったら、その期待(?)はみごと裏切られました。

自転車エリアだから、行ってみようかな~。
一見さんの私にも、乳酸菌飲料つけてくれるかな。

コラムを紹介してくださって、ありがとうございました♪

No title

花子の駅のそばでも、店内は市場エリアのそれを思わせるような小慣れた雰囲気。
ひとり者が黙って落ち着くのにも向いているような・・・

そして何より、おばちゃんの笑顔でカレーの味に一手間のスパイス。
50円の割引券がお年玉になって戻るあたり、恵方に向いて掻き込みたい恵の味ですよ。

フードロスの話題にさえ話題性や視聴率を求める拝金社会にあって、黄色い看板は花子神社の鳥居と見ました。
二泊一礼
Latest Articles
ラーメンハウスという業態は… 【白龍】 Oct 22, 2019
いい感じの田舎そば 【喜作】 Oct 21, 2019
マイナーファミレスの魅力とは? 【不二家 秋津店】 Oct 20, 2019
昔なじみにばったり… みたいな? 【らーめん たつ】 Oct 18, 2019
格を高く、敷居を低く 【椿】 Oct 17, 2019
熱々ウマウマ、超オトクな中華定食 【東来聚】 Oct 16, 2019
街の変遷を垣間見るがごとき… 【おかめ】 Oct 14, 2019
甘味処の軽食は…? 【あづま】 Oct 12, 2019
20数年ぶり? の価格改定 【九州ラーメン いし】 Oct 10, 2019
立ち食いそば屋で、あの天ぷら! 【木曽路】 Oct 09, 2019
ここにも歴史の生き証人が… 【とき】 Oct 08, 2019
ボリューム感にビビらされ… 【一翆】 Oct 07, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2