FC2ブログ

百余年続く本物の和スイーツ 【寒天工房 讃岐屋 新宿本店】

2018.12.29

 穴八幡参りのあと「八幡鮨」で昼ごはんにして、そのまま歩いて高田馬場方面へ。
高田馬場駅を通り越して、さかえ通り→田島橋→落合橋のコースで神田川右岸へ。


181229 sanukiya-11


そのまま川沿いにの道をしばらく歩いたところに目的のお店がある。


181229 sanukiya-13


創業大正3(1914)年という100年企業の寒天屋さん「讃岐屋」。昼ごはんの150年企業「八幡鮨」と合わせて254歳。足す意味があるかどうかわからないが。
こちらは前に相方が入って気に入ったので連れていってくれるという。


181229 sanukiya-15181229 sanukiya-16


道行く人に開かれた縁側が気持ちいい、小さなお店。


181229 sanukiya-17-2181229 sanukiya-27-2


お店の中はお正月ムードで華やか。
入り口正面のショーケースを右に回り込むとイートインコーナー。テーブル席が3つある。


181229 sanukiya-28


入ってみればすごく落ち着くいい店だけど、男ひとりでは絶対無理 ヾ( ̄ω ̄;) ムリムリ…
注文は粋を気取って豆かんてん。かんてん屋だし、これは外せない。
でも体は冷えきっているで、もう一品はぜんざい。


181229 sanukiya-20


かんてん、うまい。子どものころ、天草の採れる土地で育ったワタシにはわかる、本物の香りと食感。
ぱきっとして賽の目が大きくて、これが江戸好みなのか。
また塩味の効いたえんどうがたまらない。


181229 sanukiya-24


師走の寒風にさらされた体を温めてくれたぜんざい。
あずきの香りがよく、香ばしい餅が2つも入ってうれしい。


181229 sanukiya-22


寒天、えんどう、黒糖に、あずきと餅。
シンプルなだけに材料のよさが伝わってくる。ごまかしの利かない本物の和スイーツをいただきました。


181229 sanukiya-23-3


おまけで出してくれたわらび餅。普通のわらび餅のイメージからすると相当繊細でプルプル。
これは店内で買えるそうだ。


181229 sanukiya-26181229 sanukiya-18-2


神田川は桜並木が続く。
来年の桜の季節が楽しみだ。


181229 sanukiya-29



[DATA]
寒天工房 讃岐屋 新宿本店
東京都新宿区高田馬場3-46-11
http://www.sanukiya.co.jp/
https://www.facebook.com/寒天工房-讃岐屋-460549330642263/





[Today's recommendation]

wakacha181229-2.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2




https://www.youtube.com/watch?v=aqXYqzQcXLM


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Latest Articles
お弁当の極意 【だんごのいずみ屋】 Mar 04, 2021
ハレの日のごちそう 【いとう屋 久米川店】 Mar 02, 2021
お弁当の季節 【仙石】 Mar 02, 2021
コロナ禍で居酒屋メニュー 【むらやま 久米川店】 Feb 28, 2021
惜しみなく、中トロ 【柴源】 Feb 26, 2021
ワンランク↑↑な、ワンコイン弁当 【鍋香居 久米川店】 Feb 26, 2021
うどんどころの二八そば 【こうちゃんうどん】 Feb 23, 2021
2人で1パック… な、お年ごろ 【一圓 三鷹北口店】 Feb 20, 2021
飲食店、とある成功事例 【すしの万葉 秋津暮れ六つ】 Feb 19, 2021
危険なスパイラル 【東京餃子食堂 久米川店】 Feb 18, 2021
最強のカレーパンとは? 【ボンジュールボン東村山店】 Feb 16, 2021
タヌキをめぐる冒険 新章 【モンテリマール洋菓子店】 Feb 15, 2021
Category
Ranking
          
          
Category-2