四十余年、おつかれさまでした 【狩勝】

2018.12.06

 3週間前に伺ったとき、12月いっぱいで閉店すると聞かされた久米川のサッポロラーメン「狩勝」だが、その後お店の外面に変わったところはなく、淡々と毎日が過ぎていった。
表に閉店のお知らせの張り紙がされるでもなく。


181228 karikachi-12


「お客さんみたいな人、ときどきいるんだけど、今度来たとき『あれ? いつの間にか閉まってる…』ってなるかな…」とお店のおかあさんが言っていた。
僕みたいな、とは常連にはいないタイプという意味だと思うが、そういうところには口づてに伝わることもなく、つまり表立って告知しないままひっそり閉めようという腹づもりかも… と感じた。


181228 karikachi-13


なので躊躇するところもあったのだが、でも自分ならそれはイヤだな、「あれ? いつの間にか…」となりたくないなと思ったので、少しでもお店のファンの方に伝わればと、前回あえて記事にした次第である。


181228 karikachi-14


「もう1回、来れたら来ます」と言ってあった。
できれば家族そろって行きたいが、年末ぎりぎりでないと都合が合わない。12月いっぱいといってもいつまでやるのか? 「銀行は28日までだしねぇ…」とおかあさんは言っていた。
結局、大っぴらな告知は出ていない。
最終日の可能性のある28日に相方だけでも一緒に、ということになった。


181228 karikachi-20


のれんが掛かっていて、ひと安心。
お店に入ると、テレビ台に張り紙がしてあった。“12月末日をもって閉店することになりました”
「年末、最後までやることにしたんですか?」と聞いてみる。
「やらないわよ。明日まで」とおかあさん。
やっぱりぎりぎり危なかったわけだ。


181228 karikachi-15


注文は決まっている。
「狩勝」ではかわりばんこに食べてきた、みそラーメンとしおラーメン。それに餃子1皿。
体力的に作るのが大変になったという話はだいぶ前に聞いていたので、同時に作れると思っていた、みそとしおを頼んだわけである。


181228 karikachi-16


しかし、まずしおラーメンが来て、みそがやって来るまでにそれから4分かかった。


181228 karikachi-17


その間に餃子。
家族で入って餃子2皿頼むと、半分は決まって失敗して(ひっついて皮が破れちゃって)値引きしてもらっていた。小さいが餡がみっちり詰まっておいしい餃子なのだ。
今日の焼き面カラッとした焼き上がりは、過去最高傑作かも。


181228 karikachi-18


明日閉める店なのにサービスメニューは普通に継続中で、レギュラー価格550円のみそラーメンは500円。
いちばんたくさん食べたのは、やっぱりみそラーメン。
しんみりする…


「40何年、ずっと変わらないまま来たのよ、私たちは」とおかあさん。「でもこのあたりはすっかり変わっちゃった」


181228 karikachi-19


こういうことはこの先も避けられないだろうが、「狩勝」のおかあさんの最後まで明るく朗らかなキャラは救い。
お店は閉じてもこのあたりで暮らしていることに変わりはない。
これからも、街でひょっこり出会うことがあると思うよ。


181228 karikachi-11


[DATA]
狩勝(かりかち)
東京都東村山市栄町2-7-1



[Today's recommendation]

wachat181228.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2




https://www.youtube.com/watch?v=F2aEikKiGcc


関連記事

Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ツキさま

せつないですね。
でもお店のおかあさんは、吹っ切れたのか、普段と変わらず明るかったです。
お二人とも元気なまま引退ですから、まあよかったんじゃないでしょうか。

Re: おばんです

つかりこさま

> 「好きこそものの上手なれ」ですねー。
> 写真がきれい!愛がこもっていると思います。

↑ありがとうございます。
みそもしおも好きでした。
もう食べられなくなっちゃいました。

でも最後に行けてよかったです。
年末にいろいろありましたが、閉めるお店でも、こういう形なら全うしたといえるので、まあ、おつかれさまでしたと。
もうすぐ終わりますが、個人的にはおもしろい1年でした。

No title

読んでいる僕まで、少し胸が締め付けられます。

おばんです

「好きこそものの上手なれ」ですねー。
写真がきれい!愛がこもっていると思います。

店に入らないとわからない張り紙の閉店案内。
常連客に対する愛とか、変わっていく街に対する諦念とか・・・
もののあはれを感じます。
それに最後に触れられてよかったですねー。

あー、一年が終わるし、平成も終わるし、
いろんなことが終わっていきます。
Latest Articles
ラーメンハウスという業態は… 【白龍】 Oct 22, 2019
いい感じの田舎そば 【喜作】 Oct 21, 2019
マイナーファミレスの魅力とは? 【不二家 秋津店】 Oct 20, 2019
昔なじみにばったり… みたいな? 【らーめん たつ】 Oct 18, 2019
格を高く、敷居を低く 【椿】 Oct 17, 2019
熱々ウマウマ、超オトクな中華定食 【東来聚】 Oct 16, 2019
街の変遷を垣間見るがごとき… 【おかめ】 Oct 14, 2019
甘味処の軽食は…? 【あづま】 Oct 12, 2019
20数年ぶり? の価格改定 【九州ラーメン いし】 Oct 10, 2019
立ち食いそば屋で、あの天ぷら! 【木曽路】 Oct 09, 2019
ここにも歴史の生き証人が… 【とき】 Oct 08, 2019
ボリューム感にビビらされ… 【一翆】 Oct 07, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2