FC2ブログ

ひの食堂で活力チャージ 【ひの食堂】

2018.12.08

 12月は巡回月間? 東村山本町の「ひの食堂」も7月以来。
店の外に漂うおいしそうな匂い。オソロシげな外観イメージを裏切る清潔でアットホームな雰囲気の店内。寡黙で職人かたぎのご主人。近藤マッチなおかみさん――いつもと変わらぬ「ひの食堂」。

だが壁の猫カレンダーの下には「お知らせ」の張り紙が…。


181208 hino-13


“お知らせ 都合により8日(土)夜は休ませていただきます”
ホッと胸をなで下ろす。


181208 hino-23


普段から張り紙を見るとドキドキするが、このところ悲報が続いていて過敏になっている。
前々報、前報の「狩勝」「ネパール」の件以外に、国分寺「秀永」、東久留米「浜波」が痕跡もなく閉店してしまっていることを、ブロ友さんたちはご存じだろうか。


181208 hino-15181208 hino-16


小上がりの小さいほうのテーブルに着き、とんかつ定食750円と海老フライ・焼肉定食800円を注文。
先客2、後客4というほどほどの客入りもいつもどおり。


181208 hino-20


味ももちろん変わらない。


181208 hino-32


とんかつは久々に食べたが、専門店にもひけをとらないクォリティでこの値段はすごいな… と再認識。


181208 hino-19


あとに入ったお客さんが上とんかつを頼んだ。いまだ食したことのない最高額メニューの一つ。
最高額といっても950円。


181208 hino-31


950円といっても、750円の(並)とんかつのレベルを踏まえて考えれば…。
次はそれで決まりだな。


181208 hino-22


幸せの味、元気の出るたべもの、といつも僕は表現している。
お店を出て、活力チャージされていることを実感する。
今日もガンバロー!



181208 hino-12


[DATA]
ひの食堂
東京都東村山市本町3-18-2





[Today's recommendation]

wachat181208.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2




John Winston Ono Lennon(1940.10.9-1980.12.8)
https://www.youtube.com/watch?v=wADRRYNHhOA



 牡蠣、届きました!

2018.12.07 磯崎共同かき生産工場/宮城県松島町磯崎 O22-354-323O

仙台の友人KE君からカキが送られてきた。
いつもいつも、スマンスマン。
松島湾の磯崎産のカキ。KE君があちこち試して、たどり着いた産地である。


181208 isozaki-11
181208 isozaki-12181208 isozaki-13
181208 isozaki-14


殻付きはフライパンで蒸しガキに、生食用むきガキは、生ガキ、ソテー、カキフライ、つくだ煮と、順次フルコースで楽しむ。
潤沢だから、できること。


関連記事

Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

unagiさま

このお店は自慢できます、地元民として。
安いというのはもちろんありますが、なによりおいしいんです。
いまどきの味付けでなく、昔の洋食屋のちょっと高級感… という要素を思い出させます。

そちらは定食系ではテレビでよく見るでっかいハンバーグのローカルファミレスとか独自路線のイメージがあって、個人店がなくなったというのは意外な感じがしますね。
物価が高いといわれれば、たしかにそういう印象も(笑)。

でも後継者問題はどこも避けられないのかな…

No title

こんにちは
とんかつ定食、おいしそうですね。
ぼしゅーむもあて安定のうまそうな定食がどれも千円切っていて
何時も羨ましいです。
私の地元はむかしからうまくてもまずくても定食は千数百円越えだったりしていました。
物価が高いのは給与水準が高いんじゃなくて、おっとりしすぎな県民性のためとか言われていましたけれど、どうなんだろう。
逆にそのせいで個人の定食屋さんはみんななくなってしまいました。
先日後継者がいないから・・というお話がありましたが
やっぱりどこも厳しいんでしょうか。
こういうお店いいですよね。

Re: おばんです

つかりこさま

つい4~5日前、あの道を通ったら見当たらないんですよ。引き返しても、やっぱりない。
たしかここのはず、という場所には居抜きの感じで真新しい店が入ってました。
あとで調べたら、ご主人の体調不良という情報にけっこうヒットしますね。
4月閉店という情報も。
いや、半年以上も通っていないはずがないんだけど、なぜ気づかなかったのか…
ショックですよね。
こういうのがこのところ非常に多くて…

牡蠣うまかったです。松島へおいでの際は、ぜひまた。
ひの食堂もうまい。東村山へお越しの際は…

Re: No title

ツキさま

そうなんです。キャベツがおいしい(笑)
ドレッシングだけでなく料理のソースがじわじわ染みてきて。
料理が仕上がるころ、ご主人が「いーよー」とおかみさんにご飯・みそ汁用意の合図を送るんですよね。
淡々とその繰り返し。
それにしても、張り紙におびえて過ごす今日このごろ…

おばんです

うおーーーっ、秀永がなくなってしまったー!!
まだ酸辣湯麺を食べていなかったのにー!
おおお、独身時代から足しげく通っていた店なので、
ちょっとショックでかいです。
うむむ、あんな一流店の味を気楽に楽しめる店は
めったにないのにぃ。
そうか、僕が何年も行かなかったからか、僕のせいか。
それとも、どこかに広い店舗物件でも見つけて
バーションアップしたのか?
ううう、すんません、取り乱してしまいました。

松島の牡蠣、いいですねー。
生牡蠣はもちろん、カキフライもじぶんちで作ると
バツグンにうまいですよねー。
松島の道端で食べた、殻付きのやつの焼き牡蠣を
思い出します。

焼肉とエビフライの組み合わせ!
これも夢のようなタッグですね。
しかも安い!

・・・それにしても、うううう、しっかし、ううう、
ショックでうわの空

No title

その千切りキャベツ、肉汁が染みて旨味倍増。料理は大将で付け合わせは女将。袖触れ合うもという死語が今なお息づく。食堂って、そういう場所ですよね。
失くしてはいけないものに目を瞑る。長く生きていると人にも自分にも嘘をつくのが上手くなります。こんな時代でも、席に座れば幸せは皆同じ皿に盛られてくる。うちの近くの食堂も、そんな所です。
貴重な場所だから、お知らせの紙にドキッとさせられる。罠みたいな張り紙ですね(笑)
Latest Articles
ひと味違うこだわりのカレー屋さん 【カマナ】 Aug 02, 2020
丼モノの時代へ! 【八海食堂】 Jul 31, 2020
冷やし中華にも、のせてみました! 【すぱいす】 Jul 27, 2020
所沢周辺ユルポタシリーズ ―その3 Jul 24, 2020
平時でも入るのに勇気が要りますが… 【焼き鳥野島】 Jul 21, 2020
いまや定番! 持ち帰り餃子といえば… 【秋津ナンバーワン】 Jul 19, 2020
新しい日常で魚屋増殖中? 【海鮮鮨 義 東村山店】 Jul 18, 2020
もう一つの応援イベントで、秘密のお店へ 【うなぎ・天ぷら いしい】 Jul 15, 2020
タイ料理のちょっとジャンキーな吸引力 【サワディー 久米川店】 Jul 13, 2020
1CL弁当から白壁土蔵の直売所へ 【さくら茶屋】 Jul 11, 2020
気迫の伝わる肉塊ごろごろ弁当 【炭火焼ホルモン 豚珍館】 Jul 10, 2020
狭山茶の茶園カフェにお立ち寄り 【和田園製茶所】 Jul 06, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2