FC2ブログ

あの時代のC級グルメとは…? 【名代富士そば 小平店】

2018.10.11

 “グルメ”という用語がいつごろから日本で使われているのか知らないが、そこから派生し、いまやすっかり定着した“B級グルメ”の登場経緯は次のとおり。

――最初に登場したのは1985年とされる。フリーライターの田沢竜次が雑誌『angle』に連載した記事をもとに、『東京グルメ通信 B級グルメの逆襲』(主婦と生活社)が刊行された。そして1986年に文春文庫ビジュアル版で田沢竜次もメインライターとして参加した『B級グルメ』シリーズが刊行され、この用語と概念が広がった。(Wikipedea「B級グルメ」より)

時はバブル前夜。
“一億総グルメ”といわれた空前のグルメブームに、“グルメ=食通=高級”という既成概念を打ち砕く“B級”という提案が大きな役割を果たしたのは間違いない。
そして、インターネットなど存在しない時代において、一億総の下層構成員であるわれわれ“マルビ”(古っ…(笑))グルメにとって、この文春文庫『B級グルメ』シリーズはバイブル的存在だった。


181011 fujisoba kodaira-11 181011 fujisoba kodaira-12


シリーズの1冊『東京・横浜 B級グルメの冒険』(1988年刊)に収録されているフォトグラファー・アマリ眞一氏によるエッセー『アマリ君の「東京C級グルメ」』に、次のような一節がある。

――給料日前でお金が乏しくなり、かなりストレスがたまった時、 ~ 僕は立喰いうどん屋に行きます。 ~ うどんの上に、コロッケ、かき揚げ、竹輪天、生玉子の4種をのせてもらい、おにぎりも2個とっていっぺんにいただきます。これでも620円です。


181011 fujisoba kodaira-15


これをやってみたい、というのはずっとどこかに引っかかっていたんだと思う。

立ち食いそば屋をいちばん多く使っていた学生時代、たしかにトッピング多数という発想はあったが、立ち食いとはいえすねかじりの身でやってはならない贅沢だと感じていた。
社会人になったらなったで、世間体や社会的地位(笑)が邪魔をする。

それから30年。人間、年をとると恥の概念が薄れるという…。


181011 fujisoba kodaira-13


ということで、去年小平駅前にオープンした「名代富士そば」へ。
構想としては、春菊天をベースに、コロッケもしくはイカ天、生卵の3種のせ。


181011 fujisoba kodaira-22 181011 fujisoba kodaira-23


券売機でいくら探しても春菊天そばもイカ天そばも見つからないので、天ぷらは単品ということに発想を変え、“コロッケそば・うどん”410円をまず購入。
“天ぷら・コロッケトッピング 選べる”110円、“玉子生/温泉 選べる”60円をポチッとな。
その3枚を注文カウンターに提出。


181011 fujisoba kodaira-16


天ぷらは、天ぷら(野菜かき揚げ)、しめじ天(2個)、コロッケ、紅生姜天、紅生姜入りちくわ天(40円追加)の5種類。


181011 fujisoba kodaira-14


春菊がないのはちょっと痛いが、なかなかボリュームのあるしめじ天をチョイス。
玉子は生で。
ということで、いっぱいのっけ蕎麦、完成。
しめて580円。


181011 fujisoba kodaira-21


ビジュアル的に、どうだろう。
収まりがよい。
収まり、よすぎないか…?
コロッケかなり大きめ、しめじ天は通常サイズ2個、生卵… すべてがきれいに収まってる。
なんか、思ってたのと違う。


181011 fujisoba kodaira-20


あくまでも想像だが、器のサイズがわしらの標準と違ってるんじゃないだろうか?
昔、立ち食いといえば駅そば。いすどころか食べ物を置く天板のスペースもとれず、はみ出した客はどんぶりを手に持ってそっちのほうで食べていたりした。器のサイズも限られていたはず。
いま、立ったまま食べる立ち食いそば屋はほとんどなくなった。器の制約がなくなった… とか?


181011 fujisoba kodaira-17 181011 fujisoba kodaira-18


見た目、収まりがよく、はみ出し感がない。
過剰な感じを求めるから、肩すかしを食らう。
これを文献に忠実に天ぷら2個にしたらどうか? それでは本当に過剰で、美しくない。

昭和時代の理屈の世界に誘い込まれて、思わぬ袋小路に入り込んでしまったようだ。


181011 fujisoba kodaira-19


[DATA]
名代富士そば 小平店
東京都小平市美園町1-6-1 グリーンプラザ1F
https://fujisoba.co.jp/



[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=A2VpR8HahKc



wachat181011.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2



181011 koran 181011 hetsukaran
アマクサコラン(天草小蘭、Cymbidium koran) ヘツカラン(辺塚蘭、Cymbidium dayanum


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 駅のそば

泉大福さま

あまりに良い香りで下車…
駅そばってそういうとこありますよね(笑)。
所沢駅1番ホームは、最近までそういうんだったんです。

元神奈川県民でいちおう土地勘はありますので「日栄軒」、インプットいたしました。

駅のそば

エリア違いですが、京浜東北線の東神奈川駅の構内そば”日栄軒”は、大正7年創業(今年で創業100年目)で、つゆは店内でだしから取っている、という店です。先日、あまりに良い香りがするので、途中下車して寄ってしまいました。おばちゃん曰く、ときどき、そう言うお客さんも居るそうです。横浜方面に行かれるときは、ぜひ!

Re: No title

ツキさま

三鷹のあそこは、上品にやろうと意図してるけれども、街そばのDNAがそうさせてくれず、内容的に半端な感じになっちゃってますかね。
普通の街そばよりはちょっとおいしいけど、ちょっと高い。

> 小平という多摩の典型的なローカル色の強い駅前であっても鵜の目鷹の目で儲けをザルで掬う大口資本。富士そばから嫌味な匂いは感じませんが、確実に小さなお隣さんを蝕む流れを作ったことは間違いないはずですね。

↑そうですよね。
現場はまじめでいい人たちなのかもしれないけど、本部は資本主義の競争原理そのものという世界ですから…。

No title

改札前のお店については、自分は入ったことがなく友人たちからも噂を聞きません。出来た当初はへぎそばを扱うお店だったので興味の対象だったのですが、前を通るときには時間に追われていたり満腹状態だったりして残念な気分で通り過ぎてしまいました。まぁ縁がなかったのでしょうね(汗)
規模は違いますが、同じく勿体無いようなロケーションだと感じたのが三鷹の南口側の駅ビルの最上階のあそこですかね。悪くないけれど、目に止まらないというオーラを鎮めた妙な感じでした。こちらは入ってみましたが、日常使いとしてはチョット。店員さんの顔の疲れが空気の値段を落としていたのが残念ポイントでした。そういうお店って少なくないと思うのですが・・

小平という多摩の典型的なローカル色の強い駅前であっても鵜の目鷹の目で儲けをザルで掬う大口資本。富士そばから嫌味な匂いは感じませんが、確実に小さなお隣さんを蝕む流れを作ったことは間違いないはずですね。
えのき茸の根本に生える粉みたいな菌の仲間は見向きもされないのは仕方ありませんが、膝をつかずに立ち向かう姿勢には、力及ばずとも視線を送りたくなるのが人の情ですね。

Re: No title

kenbooさま

> 自分では頼まないのですが、これをつゆの中で
> ふやかして食べる人は「わかってる人」っぽくて
> 憧れます。

↑まったく同感です。
僕は通っぽくかっこつけたいときに頼むんですが(笑)、食べながら、このものの真価を自分は理解しているといえるだろうか…? と危うい気持ちにいつもなります。
本当はちくわ天のほうが好き… というのは内緒ですけど(笑)。

Re: No title

バニーマンさま

コメントありがとうございます。
たいへんお世話になっているつかりこさんとのやりとりを、興味深く拝見させていただいてました。

コロッケそばは銀座の老舗「よし田」が有名で、それで東京では普通の存在とイメージされるのかもしれません。
でも僕自身、昔「よし田」で1回食べた以外は、立ち食い屋さんでしかお目にかかったことはないですね。
普通のそば屋で普通のメニューなのかとか、たしかに謎のたべものですね(笑)。

Re: No title

carmencさま

昔のあの雰囲気の立ち食い屋さんは少なくなりましたけど、そば(麺)自体は確実に進化してると思います。
昔の雰囲気といえば、たしかcarmencさんの「どらいち」の記事(か、その予告記事か)に写真が載っていた小川の「戸隠そば」はシブいですよ(笑)。
逆にチェーン系はどこも、女の人でも入りやすい雰囲気になっていて、いいのか悪いのか微妙なところですが。

小平は、変わっているといえば変わってますかね… ゆっくりと。
西友横の商店街に、いまおそば屋さんはないですね。

Re: こんちはー

つかりこさま

僕も「富士そば」は若いころお世話になりました。
伊勢丹でバイトしてたころ、五丁目交差点付近にあった2店舗をよく使いました。
年がいってからは「小諸そば」になっちゃいましたけど。

> 「ビンボー」とか「節約」より、「早くて、けっこううまい」ですねー。

↑その感覚、わかりますねー。
で、「けっこううまい」の代表が、昭和時代は富士そばだったんですね、ワタクシ的に。
若いころ、普通の街のそば屋に入るぐらいなら立ち食いのほうがいい、と公言してましたから(笑)。

Re: こんにちは~

くろすけさま

この「富士そば」は去年できたばかりなのできれいなんですが、でも最近のチェーン系の立ち食いそばはみんなきれいですね。
古くからある店舗でも、この10年以内くらいで座れるように改装してるはずですから、どこも今風で昔のイメージとは違ってきてるんじゃないでしょうか。
家族連れはわかりませんが、都心は女性客も珍しくないかもしれませんね。

Re: No title

ツキさま

あと駅改札外に立ち食い屋さんありますけど、「富士そば」ができた影響はどうなんでしょう?
もしかしたら、富士そばの先にある普通のそば屋「清川」のほうが痛手なのかもしれませんが…。

No title

富士そば、勤務先のそばに残念ながら無いのよねぇ。

前の事務所の近くにはあって、490円カツ丼には
お世話になりました。あれはお値打ちです。

コロッケそばを選ぶとは通ですねえ。ワタシはどうも
コロッケそばの魅力がまだわからないので、あまり
自分では頼まないのですが、これをつゆの中で
ふやかして食べる人は「わかってる人」っぽくて
憧れます。

No title

こんばんは。
初コメです。
いつも読みながら腹が減って困ります(笑)

コロッケそばなんですけど、その存在は勿論知っていますが、
実物を見たことが無いですね。

岐阜県在住で、名古屋文化圏のような環境で暮らしていますが、
自分が食べて事は勿論なくて、まわりで誰かが食べるところを
見たこともないですね。

No title

いいですね〜
食べたいです〜
新宿東口に抜ける曲がり角に会った立ち食いに入ったとき意外に食べれるじゃん、
旨いんじゃないかと思いながら、あの雰囲気に感激しました
また入ってみたいと立ち食い蕎麦に憧れつつ思いを成し遂げられないまま長い年月を経てしまいました
コロッケをトッピングやってみたいですね。
それと舞茸と春菊天は大好きで家でよくやりましたが、竹輪天も憧れです
全部ノっけてみたいです♪
小平も少しずつ変わっているんでしょうね
一度だけ西友の奥の商店街の蕎麦屋に入ったことありますが、富士そばに惹き付けられます

こんちはー

富士そばさんには、大変お世話になりましたっけ。
仕事で徹夜の日に、市谷店によく行きました。

駅蕎麦や路面店は、なくなりつつあるようですが、
都内のビジネス街では、まだまだ元気なのではないでしょうか?
個人的なイメージでは、立ち食い蕎麦屋さんは、
「ビンボー」とか「節約」より、「早くて、けっこううまい」ですねー。
打合せに出かけたついでに、通りすがりにパパッと済ますって感じ。
それこそ、ファストフードですよね。
実はけっこううまかったり、盛りがよかったり、いろんな個性があって
ブログネタに尽きないものがあったりして。

富士そばさんは、トッピング盛りではちょっとお上品でしたねー。

こんにちは~

お写真の中に、店内の様子でしょうか?
「富士そば」さんって、こんなにお洒落な雰囲気なのですか?

地元にも駅前に1軒ありましたが、まだ入店した事がなく(外から中が
見えるのですが、こんな雰囲気ではありませんでした)、立ち蕎麦屋さんの
イメージとは全く異なるものですね

最近の流行として、家族連れや女性客も入店しやすくした店舗なので
しょうか・・・。

No title

そうですね。北口の立ち食い屋さんは天ぷらの種類も多くて、つい一品追加してしまうようなお店でした。
それが今は水餃子のお店。随分とコアな攻め方は、やはり一筋縄では立ち行かぬ小平駅の周りといった結果でしょうね。つい途中下車してしまいたくなる駅がそこにあります(笑)

Re: No title

ツキさま

所沢駅の1番ホームに漂っていたノスタルジーも、5年前には消えてしまいました。
それこそ一橋学園の「戸隠そば」は、いまや貴重な存在ですよね(笑)。

小平駅前の稲荷神社は、昨日もお参りしている人を見かけました。

北口の「う丼 丸徳」は、2年前に長期休業ののち、水餃子のお店に変わってしまいました。
丸徳は一見立ち食いですが、丼もののみそ汁を1人分ずつダシ汁から作るような、超マジメなお店でしたね。
水餃子の店もそれなりに気になる雰囲気ですが、まだ入ったことはないです。

No title

だって 富士そばなんですもの・・ 

今どきの感性で言えば、上月見そばといった趣きでしょうか。
立ち食いそばと言えば、ホームにあるお店にも椅子のある場所が増えてきましたね。ノスタルジーに興味なしという合理的な人も少なくないでしょうが、古典文化のひとつとして忘れたくない情景ってあるものです。
湯気で窓に涙が垂れるようなお店が、どんぶり一杯でこめかみの重くなる思いを受け止めてくれるということもあった人情の時代。三角巾のおばちゃん達の俯く気配さえも、七味に勝る価値があったように思います。忘れてはいけない日本の墓標が、そこには確かに存在したはずですね。

ミスタードーナツが消えて久しく、小平駅のロータリー内も微々たる変化を見せてきました。個人的には赤い鳥居が気になったり。北口側の立ち食いそばは、まだあるのかなぁ。。。
Latest Articles
すっきりとしてかつ味わい深い… 【麺蔵 もみじ】 Dec 11, 2019
意外やマッタリ落ち着く自宅型すし店 【愛寿司】 Dec 09, 2019
ソースメーカー直営の甘味・惣菜処 【さくら茶屋】 Dec 07, 2019
価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】 Dec 06, 2019
ドカ盛り1CLに、感謝… 【来々軒】 Dec 05, 2019
駅ビルに残る“新宿な”異空間 【ビア&カフェ BERG】 Dec 04, 2019
四季のヘルシーメニューを穴場カフェで 【季節のテーブル 野の花】 Dec 02, 2019
年内限定特別価格! と○ふ◯コースを堪能 【葉月】 Dec 01, 2019
忘れえぬ夕べの味玉 【阿佐谷ホープ軒】 Nov 30, 2019
高級感ある焼き肉ランチ 【和牛亭あらかわ】 Nov 29, 2019
ハレの日のごちそう感 【うどん弥 根古坂】 Nov 28, 2019
高度成長期を知る団地の中華屋さん 【桃園 若葉町店】 Nov 26, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2