FC2ブログ

帯ドラマのある風景 【はま好】

2017.04.03

 飲食店の客を観察していて思うのだが、1人客がテーブルに着くとき、多くの人は入り口に背を向ける角度を選ぶような気がする。自分もだいたいそうする。もちろん店のつくりにもよるが。

久米川のさくら通りの定食屋「はま好」。
引き戸を開けると、店主とその奥さんがカウンター席からパッと立ち上がった。そのヒマそうな様子では先客はないのかと思ったら店主の後ろ、3卓あるうちの真ん中のテーブル席に常連風中年男性がこっち向きに座っていた。
この店は入り口の横にでっかいテレビが配置してあるので、多くの1人客はテレビ向き、つまり入り口に向かって座る。僕は奥のテーブルに、男性の後頭部越しにテレビを見る形で着席した。


hamako25.jpg


「今日はお刺身はメバチ」と店主。「あと時間かかるけど自家製のハンバーグもできるよ」
声がでかい。そう、ここの店主は大きい声でひと言ひと言はっきり話す人なのだ。
「めばちまぐろの刺身、玉子焼、冷奴定食」980円を注文。

ジュージューと玉子焼を焼く音、サクサクと大根のツマを刻む音。なんかアットホームで和む。
テレビでは倉本聰脚本のドラマが流れている。自分はテレビには疎いから倉本聰のことも全然知らないが、店主が先の常連客に解説している。山田太一や倉本聰は安定感がどうのこうの。『北の国から』の演出がどうのこうの。
「『北の国から』なんか見たことないからわかんないよ」と、常連客はにべもない。
僕と同じぐらいテレビに興味がない人のようだ。


hamako21.jpg


定食は、刺身と玉子焼と冷奴のほかに、自家製っぽいたくあん漬け、大根と豆腐のみそ汁が付く。
新鮮な刺身、いまどきあまりお目にかからないような家庭的な玉子焼、たくあんもみそ汁もしみじみおいしい。サービスで大根の葉の煮びたしも付けてくれた。
しかしこの店で特筆すべきはご飯のおいしさなのであった。

あれはアメリカ産牛肉のBSE騒動のころだからもう10年以上も前のことだが、この店に連続して3回入った。1回目に食べた看板メニューの牛丼がおいしかったから再訪したのだが、BSE問題で提供を見合わせているとのこと。輸入再開後に行ったときには、なんだかあんな騒ぎがあったから牛丼は出す気になれないな… と店主は語っていた。
その後、絶品牛丼はたぶん復活していない。

そのころ定食を食べるたびに、ここのご飯はうまいな、と感じていた。一回一回炊いてるんじゃない? と思うほどおいしかった。
去年久しぶりに訪れて、やっぱりご飯がおいしかった。今日はさらにおいしく感じられた。


hamako28.jpghamako23.jpghamako24.jpg


ひと仕事終えた店主は、客(わし)に背を向けてカウンターに座ってドラマ鑑賞を再開した。画面では石坂浩二、小松政夫、近藤正臣といった往年の名優が顔をそろえている。
「近藤正臣もおじいさんだ」と男性客。僕もそうだが、このへんのメンツなら知っている。
たまたまこういう古びた店で、どういうわけか懐かしの俳優陣を眺めているというのも不思議な感覚だ。

その後、この人たちのおしゃべりは“おじいさん論”へと展開していった。


hamako29.jpg


[DATA]
はま好
東京都東村山市栄町2-21-12


chat170403-2.jpg


関連記事

Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Latest Articles
インスタまとめ ―その2 Aug 06, 2020
ひと味違うこだわりのカレー屋さん 【カマナ】 Aug 02, 2020
丼モノの時代へ! 【八海食堂】 Jul 31, 2020
冷やし中華にも、のせてみました! 【すぱいす】 Jul 27, 2020
所沢周辺ユルポタシリーズ ―その3 Jul 24, 2020
平時でも入るのに勇気が要りますが… 【焼き鳥野島】 Jul 21, 2020
いまや定番! 持ち帰り餃子といえば… 【秋津ナンバーワン】 Jul 19, 2020
新しい日常で魚屋増殖中? 【海鮮鮨 義 東村山店】 Jul 18, 2020
もう一つの応援イベントで、秘密のお店へ 【うなぎ・天ぷら いしい】 Jul 15, 2020
タイ料理のちょっとジャンキーな吸引力 【サワディー 久米川店】 Jul 13, 2020
1CL弁当から白壁土蔵の直売所へ 【さくら茶屋】 Jul 11, 2020
気迫の伝わる肉塊ごろごろ弁当 【炭火焼ホルモン 豚珍館】 Jul 10, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2