FC2ブログ

菓子で季節を味わう? 【御菓子司 三陽】

2018.09.23

 9月23日は彼岸の中日すなわち秋分、翌日は旧暦8月15日すなわち中秋の名月。
旧暦の日付は、月の満ち欠けに基づいて1カ月を定める太陰暦。
秋分は二十四節気の一つで、太陽黄経180度のとき。二十四節気は太陽の黄道上の動きを視黄経の15度ごとに24等分して決められる、れっきとした太陽暦である。


180923-sanyo-20 (2)


ちなみに旧暦は新月の日を1日とする。月の満ち欠けの周期は約29.5日なので、満月はだいたい15日になり、ひと月は29日か30日になる。
ここで、1年は29.5日×12カ月で354日。太陽暦の約365日と11日も開きが生じる。仮に同時に1月1日がスタートしたとして、10年放っといたら、太陰暦では9月中旬には大みそかが来てしまうのだ。
これを微調整するのが二十四節気。節気(中気)と月の関係から19年に7回の頻度で閏月を挿入する(1年13カ月となる)ことでズレを補う。
旧暦は“太陰太陽暦”と呼ばれる暦法である(詳しくはこのへんを)。


180923-sanyo-13.jpg


三鷹の宇宙関係イベントの帰り、宇宙を引きずった書き出しになってしまっている。
が、切り替えも速い。
お彼岸にはおはぎ、十五夜には月見団子(笑)。


180923-sanyo-14.jpg


ということで和菓子屋さんへ。
武蔵小金井の「御菓子司 三陽」は1971年創業の人気店。
こちらは麩まんじゅうが有名である。


180923-sanyo-11.jpg


入り口にガラスの大瓶にススキが生けてある。
しかも葉に矢筈様の白斑が入るタカノハススキ(鷹羽薄)と、風流にもワンランク上な感じ。
「ススキ、ご自由にどうぞ」
と、粋な計らい。


180923-sanyo-16.jpg


お月見まんじゅう、おはぎ各種、お彼岸だんご…。
いろいろあって迷う。
迷ったときは定番商品。
と、麩まんじゅう。こし・つぶ各180円×2。


180923-sanyo-15.jpg


麩まんじゅうは夏の和菓子だ。
季節感的にどうなのか、くどい前振りは何だったのか…。


180923-sanyo-17.jpg 180923-sanyo-18.jpg


暑さ寒さも彼岸まで、という。
“まで”はまだ含むので、ぜんぜんOK o( ̄◇ ̄ゞラジャ
と、強引にまとめ、さあ明日から秋。


180923-sanyo-12.jpg


[DATA]
御菓子司 三陽
東京都小金井市本町2-9-10



[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=QLncD0ta2jQ



wachat180923-2.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

つかりこさま

麩まんじゅうの、麩に練り込んである青いの、青ノリだって知ってました?
必ずそうかは知りませんが、このへんで買うとかなりの率で青ノリです。
そのへんもちょっと夏っぽさの演出なのかな、と思ってるんです。ところてんにも通じるような。

三陽は鷹の台にもあって親戚という未確認情報があります。
どちらもレベルの高い和菓子屋さんという印象です。

Re: No title

ツキさま

あんな場所に映画館って驚きです。
小金井街道から入ってすぐのところの古本屋とかは名残なのでしょうか…
いまやお店がほとんど残っていない商店街に人がごった返しているモノクロ写真をよく見ますが、高度成長期のエネルギーはすごかったんですね。
そういえば記憶が曖昧になるほどに昔、自分が生まれた地方都市も、繁華街はごった返してました。
三陽の菓子は何でもおいしそうです。

No title

麩まんじゅうって、夏の和菓子だったんだ!
知らなんだー。
ツレも、「そうだよ、冷やして食べるもんだよ」
って言っていました。
なんせ、麩まんじゅうを生まれて初めて食べたのが
ハタチの時で、いまだに「うめー!」以上に発展していない
状態なもんで。(汗)
三陽さん、メモっときますね。

No title

記憶が曖昧になるほどに昔のことなんですが、このお店の向かいあたりに名画座がありました。百円玉を何枚か握って、ゴジラやガメラを見に行った記憶があります。今では跡形もないようですが、大人になってから歩いてみるとピンク色な映画をやっていたりして夢の跡地もこうなるのかと時代を感じたものです。
三陽さんには記憶がないけれど、みたらし団子でも買って食べてみたら少しは記憶も鮮明になるかな(笑)

Re: 三陽さん

美雨さま

水ようかん、水まんじゅう、麩まんじゅう、葛桜… と、風雅な涼菓子はいろいろありますよね。
ところが今年の夏はこれらを全然いただいていなかった。
暑すぎて和菓子どころじゃなかったんでしょうか?
ということで、いまごろ慌てて買い求め、季節感がずれ込んだという次第です。

「三陽」はこのあたりの和菓子屋で特に好きなところです。
次のお月見「十三夜」には、月見だんごか月見まんじゅうかな…?

三陽さん

あれ!?
今、コメントを入れたはずなのですが、消えてしまったようです( ;∀;)
hobohoboさん、小金井までおだんごならぬ麩まんじゅうを買いにいらしたんですね^^
地味ですが、小金井でもコアなファンがいる老舗の和菓子屋さん、美雨も線路のあちら側にお買い物に行く際、立ち寄ります。お値段もリーズナブルでありがたいお店です。
ススキが小粋なはからいで風流ですね^^。お菓子で季節や二十四気を感じるhobohoboさんもまた、風流ですね^^
Latest Articles
すっきりとしてかつ味わい深い… 【麺蔵 もみじ】 Dec 11, 2019
意外やマッタリ落ち着く自宅型すし店 【愛寿司】 Dec 09, 2019
ソースメーカー直営の甘味・惣菜処 【さくら茶屋】 Dec 07, 2019
価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】 Dec 06, 2019
ドカ盛り1CLに、感謝… 【来々軒】 Dec 05, 2019
駅ビルに残る“新宿な”異空間 【ビア&カフェ BERG】 Dec 04, 2019
四季のヘルシーメニューを穴場カフェで 【季節のテーブル 野の花】 Dec 02, 2019
年内限定特別価格! と○ふ◯コースを堪能 【葉月】 Dec 01, 2019
忘れえぬ夕べの味玉 【阿佐谷ホープ軒】 Nov 30, 2019
高級感ある焼き肉ランチ 【和牛亭あらかわ】 Nov 29, 2019
ハレの日のごちそう感 【うどん弥 根古坂】 Nov 28, 2019
高度成長期を知る団地の中華屋さん 【桃園 若葉町店】 Nov 26, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2