FC2ブログ

町おこしパン2題 +α 【ホームベーカリー マドンナ】

2018.09.04

 東村山市には「里に八国」という食の地域ブランドがある。
この土地で時代とともに培われてきた食の一つ一つを掘り起こし、広く知らしめ守り伝えるべく、市商工会がブランド名の商標登録を取得、地域ブランド推進委員会が選定にあたるというもの。
現在、「飲食部門」「食品部門」合わせて20品が認定されている。


180904 madonna-11
下宅部遺跡はっけんのもり


“八国”とは、東村山市北西部にある八国山のこと。
映画『となりのトトロ』の“七国山病院”は、八国山の麓にいまもある2つの病院がモデルとされる。


180904 madonna-12
手前がはっけんのもり復元池状遺構、奥が八国山


市の象徴であり心のふるさと“八国”を冠する、東村山の豊かな自然や歴史に育まれた食の数々。それが里に八国ブランド商品である。


180904 madonna-21


八国山に近い「ホームベーカリー マドンナ」は、創業40年の古株のパン屋さん。
僕らがこの町に住み始めたころ、ベーカリーといえばここ、という存在だった。


180904 madonna-14


こちらの“縄文土偶パン”は、パンでは唯一の八国ブランド商品。
店内陳列棚のPOPには「下宅部遺跡から発見された、縄文時代の女の人をかたどった土偶をモデルに焼き上げました」とある。


180904 madonna-16


下宅部(しもやけべ)遺跡は、市内多摩湖町で発見された縄文時代後晩期から中世までの遺跡。
遺跡の一部分は「下宅部遺跡はっけんのもり」として保存されている。また、出土した30万点を超す資料は、遺跡近くの「八国山たいけんの里」で収蔵・公開されている。


180904 madonna-18


「パン生地にはライ麦、さらに三温糖も加え素朴な茶色を演出、縄文人も食べていたクルミがたっぷり」
上記ホームページトップに土偶の写真が掲載されているが、造形的にこのパン… ビミョー w( ̄▽ ̄;)w ワォッ!!


180904 madonna-23


本日購入したのは、縄文土偶パン150円のほか、野菜サンド155円、コロッケパン125円、黒焼そばとキムチのパン150円、低糖塩あんぱん100円(2個)。


180904 madonna-19 180904 madonna-20
180904 madonna-22


ちなみに黒焼きそばとは、地元のソースメーカー「ポールスタア」のオリジナルソース“東村山黒焼そばソース”を使用した、真っ黒な焼きそば。
この黒焼そばソースをはじめポールスタアの“東村山シリーズ”のソース4種も八国ブランドである。
さらに、このソースをベースにした中華料理店「彩雅」の“彩雅 黒焼きそば”も認定品。


180904 madonna-24


東村山黒焼そばソースはイカスミと鹿児島特産の黒酒をベースに作られた濃厚でちょっとクセのあるソースだが、そこにキムチを組み合わせた。街のパン屋さんとしては、なかなか意欲的なアプローチといえる。


180904 madonna-15


歴史や自然、産業と、地元のよさに目を向けたアイデアパンを作り続ける昔ながらのパン屋さん。ほかにも各種サンドイッチや惣菜コッペパン、菓子パンから、バゲットやカンパーニュなどハード系まで、幅広く取りそろえる。
つい、あれこれトレーに載せてしまっているのだった。


180904 madonna-17


〽 一度はおいでよ三丁目 ソレ! みたいな内容になってしまったが、決して東村山市商工会の回し者ではありませんよー (( ( ̄  ̄*) イエイエ…


180904 madonna-13
前方の緑が八国山


[DATA]
ホームベーカリー マドンナ
東京都東村山市諏訪町1-25-14
https://higashimurayama.mypl.net/shop/00000346107/



[Today's recommendation]

BEYONCÉ I Am Sasha Fierce
Beyoncé
『‎I Am... Sasha Fierce』

https://www.youtube.com/watch?v=rgxfthPHTwc



wachat180904.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ツキさま

土偶パンは、見た目はナンですが、おいしかったですよ(笑)。
僕はもともとこの土地の者ではなく、どちらかというと海洋民族ですが、小平や東村山のうどんには尊いものを感じます。
すすけたような色の地粉のうどんと、畑の恵みのゴボウやニンジンの天ぷらの組み合わせは、まさに土の味がするたべものだと思います。

No title

縄文土器。クソだなんて恐れ多くて思いもしませんが、今の時代には地味すぎる。忘れたわけではないけれど、卒業した小学校のプールサイドの思い出よりも地味な記憶です。
作る創作パンを『創作?』と鼻で笑う人たちもいるとしても、ここに店を構えた”証”を旗印にする尊厳を忘れてはならない。売れ残っても売れ残っても、今日を生きているであろう。。
僕はそんな気がします。日本人は、アメリカ人や中東人よりも、アフリカ人や欧州人よりも、どんな人よりも自分の生まれた土を忘れてはいけない。
今夜の記事は、薄墨色の空よりも重たい景色を想わせてくれました。
Latest Articles
すっきりとしてかつ味わい深い… 【麺蔵 もみじ】 Dec 11, 2019
意外やマッタリ落ち着く自宅型すし店 【愛寿司】 Dec 09, 2019
ソースメーカー直営の甘味・惣菜処 【さくら茶屋】 Dec 07, 2019
価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】 Dec 06, 2019
ドカ盛り1CLに、感謝… 【来々軒】 Dec 05, 2019
駅ビルに残る“新宿な”異空間 【ビア&カフェ BERG】 Dec 04, 2019
四季のヘルシーメニューを穴場カフェで 【季節のテーブル 野の花】 Dec 02, 2019
年内限定特別価格! と○ふ◯コースを堪能 【葉月】 Dec 01, 2019
忘れえぬ夕べの味玉 【阿佐谷ホープ軒】 Nov 30, 2019
高級感ある焼き肉ランチ 【和牛亭あらかわ】 Nov 29, 2019
ハレの日のごちそう感 【うどん弥 根古坂】 Nov 28, 2019
高度成長期を知る団地の中華屋さん 【桃園 若葉町店】 Nov 26, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2