FC2ブログ

人助け食堂に私たちのできることは…? 【はなみずき】

2018.08.17

 先日、通りすがりに手打ちうどん「はなみずき」の店先の品書きを見ると、いつの間にか定食類が充実している。


180817 hanamizuki-11-2


これはいい展開かも、しょうが焼き定食とかカレーとか気になる、などと思っていた。
で、久々に入ってみたのだが、話を聞くとあまり好ましい状況でもないらしい。


180817 hanamizuki-22


「はなみずき」のルーツは、うどん作りを就労支援に結び付けたある男性の活動にある。


180817 hanamizuki-12


お店のおかあさんが“師匠”と呼ぶ友広澄男さん(故人)が“弟子”にうどん作りを教え始めたのが2010年。
その後、東村山青葉町に「和こう」といううどん店を出すも、立地が悪く閉店を余儀なくされるが、店を畳んだあともその場所で弟子とうどんを打ち続けた。それを提供する場として支援者らの協力のもと開店したのが「はなみずき」。
一昨年暮れに友広さんが亡くなったあとも、お弟子さんは1人、うどんを打ち続けた。


180817 hanamizuki-16
読売新聞、2011.01.24


そのお弟子さんが辞めたという。
原因はうどん作りの作業場を退去したことで、繊細な方なので場所が変わったら続けられないということになったらしい。
定食類を増やしたのもそういった事情による。


180817 hanamizuki-17


肝心なうどんのほうは、いろいろな業者の製品を試し、なんとかお店のものに近い香川県のうどんに最近たどり着いた。
「うーん… まあ、いいだろう、という感じで(笑)」とおかあさん。
常連さんからもお墨付き? をもらった。


180817 hanamizuki-15


以上の話は食べ終わってから聞いたもの。
なので注文は、うどんと定食の両方を食べようくらいしか考えずに、天ざるうどん700円(自分)と日替わり定食(サバの塩焼き)500円(相方)にした。


180817 hanamizuki-31


ところが天ざるうどんは天ぷら定食に間違えられて、結局本日はうどんを食べられなかったのだが、その香川県の代替うどんを食べてみたかったような、定食が充実していたので間違えられてよかったような、ビミョーな感じが残ってしまった (´- -`) ウーム


180817 hanamizuki-51


壁の品書きを見ると、天ざるうどんは天ぷら5種と書いてある。一方、天ぷら定食は、天ぷらの品数は書いていないが小鉢、みそ汁、おしんこ付き。価格はどちらも700円。
で、出てきたうどんならぬ定食の天ぷらは、ナス、オクラ、エノキ、パプリカ、サツマイモ、カボチャ、タマネギとニンジンのかき揚げの7種。しかも小鉢が3品も付いた。
やっぱり定食のほうが断然オトクだったんだろうなぁ…(笑)。


180817 hanamizuki-52


天ぷらはどれもカラッと揚がっていておいしい。家庭の延長のようかというと、家庭でこのレベルの天ぷらはなかなか出てこないんじゃないかな。特に素材のうま味・甘味が凝縮されたようなエノキなんか、絶妙。


180817 hanamizuki-32


小鉢料理は、カウンターに大皿で並べてある手作り総菜を使っている。じゃがベーコン、白菜やエノキのマヨネーズあえ、切りコンブの煮物と、まさに家庭的。
大皿と一緒に並んでいる赤飯を1パック、晩ごはん用に購入。


180817 hanamizuki-21


日替わり定食も小鉢2品とおしんこが付いて500円は破格。
いや、天ぷら定食は700円でも破格。
食後にコーヒーまで付いた。
いろいろ頭が下がります。
「人助けのつもりで始めたら大変なことになっちゃって…」と、お店を切り盛りするおかあさん、なんとボランティアでやっているそうだ。


180817 hanamizuki-53


天ぷらが上出来だからこそ、つくづく思った。
「せっかくおいしいうどんなんだから、もったいないですね」
「ええ。これからも粘り強く、説得を続けていきます」


180817 hanamizuki-23


[DATA]
はなみずき
東京都東村山市本町4-13-25





[Today's recommendation]


https://youtu.be/qMdf1onDkxA



chat180817-22.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


関連記事

Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ツキさま

たしかに侮りがたいですね(笑)。
でもジモティコンシャスかというと、近隣住民もビビるほどのオーラを放っておりますから…。
まさに広くジモティにこそもっと利用してもらいたいですね。
かくいうワタクシも、まあ近いっちゃ近いので、おかずぐらいは(安いですし)、もっともっと買いに行こうと思ってます。

No title

これは気になる穴場ですね。価格のコスパ感も良いのですが、お店を守るおかあさんの存在も気になるところです。
駐車場などに困る立地と思われますが、そこがまたジモティコンシャスな知られざる避暑地となっている所以でしょうか。
侮りがたし、奥が深いぞ久米川界隈(笑)
Latest Articles
朝ラーといえば… 【中華そば 大和】 Aug 04, 2021
お高いようで、意外に…? 【たかはしや】 Aug 02, 2021
安い=ウマい! の法則 【ミートショップいのうえ】 Aug 01, 2021
暑気払いの和菓子 【福栄堂】 Jul 30, 2021
日本の夏、カレーの夏 【大丸食堂】 Jul 29, 2021
焦がれてやまない… 【松ちゃん】 Jul 27, 2021
東京唯一の… 【やさいの食卓 八農菜】 Jul 25, 2021
いまも変わらぬ素朴な味 【内田酒まんじゅう】 Jul 24, 2021
夏の土用です 【うなぎ源八】 Jul 23, 2021
夏の休日 【ますも庵】 Jul 22, 2021
朝ラーふたたび 【十七代目哲麺】 Jul 20, 2021
あつがなついぜ! 【彩雅】 Jul 19, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2