FC2ブログ

満腹必至のサービスランチ 【笑顔】

2017.02.06

 「笑顔(にこ)」の月曜日のAランチは絶品あんかけ炒飯が期待されるということで長女と行ってみたのだが、豚バラレタス炒飯という初めて見る料理名。それもいいかも、と2人ともAランチ(豚バラレタス炒飯+昔風ラーメン)に。
注文してからあらためてお品書きを確認すると、このものはレギュラーメニューにはないのだった。
もちろん普通においしかったが、長女は食べきれず。そりゃそうだ、ラーメンも炒飯もほぼフルサイズなんだから。(私が手伝いました)

そういえば以前、同じような組み合わせの日、常連風の年配女性に「笑顔」のお父さんは屈託なくランチを勧めていた。
「あんかけ炒飯とラーメンなんですけど、どうですか?」
「そんなに食べられないわよ」
とあっさり断わられ、おいおい、お勧めしてるよ、とあきれつつ様子をうかがっていた私は笑ってしまった。だってこの量はオレだってきつい。ご高齢の女性にはまず無理だ。
そういうことに頓着しないのはご自身が大食漢だからなのだろうか?


niko1-12.jpgniko1-11.jpg


それで思い出したのだが、八坂の寳来屋で食事したときのこと。2時すぎに入ると男性客が1人、ラーメンとどんぶり飯をかっこんでいた。すごいな、と感心しながら眺めていると、男性はおもむろに空の丼を手に立ち上がり、厨房に入り込んで釜からご飯をてんこ盛りによそい、席に戻って何事もなかったかのように食事を再開した。しばしあっけにとられたが、よく見るとその人は客ではなくこの店の主なのだった。

再び笑顔。
やはり炒飯+ラーメン型のランチを食べたときのこと、なぜか順番を飛ばされた。すぐ気づいたお母さんは平謝りで、状況を察知したお父さんが速攻で作ってくれてリカバリーできた、というか知らない店でもないんだから提供順が違ったぐらいこっちは何とも思わないのだが、会計のときの店主のひと言にはギョッとさせられた。
「ちょっとずつ量多くしておきましたから」
そうだったのか…。その日はすごく腹が減っていたこともあってか気づかなかったが、事によったら…。

考えてみれば11時ごろから2時すぎまでひたすら、うまそうな炒飯やラーメンを作り続けるのだ。オレだったら空腹感に耐えられないだろう。炒飯+ラーメンぐらい軽く平らげられそうだ。――というものすごい短絡思考で料理人=大食い説は成立する。

ともかく、笑顔のランチはものすごくお得であり(例:あんかけ炒飯900円と昔風ラーメン600円の組み合わせが800円)、それは店主のサービス精神と大食い(?)ゆえの客の幸福なのである。

(混み合っていたので店内撮影は遠慮した)


niko1-13.jpg


[DATA]
笑顔
東京都東村山市栄町2-10-9


関連記事

Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Latest Articles
すっきりとしてかつ味わい深い… 【麺蔵 もみじ】 Dec 11, 2019
意外やマッタリ落ち着く自宅型すし店 【愛寿司】 Dec 09, 2019
ソースメーカー直営の甘味・惣菜処 【さくら茶屋】 Dec 07, 2019
価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】 Dec 06, 2019
ドカ盛り1CLに、感謝… 【来々軒】 Dec 05, 2019
駅ビルに残る“新宿な”異空間 【ビア&カフェ BERG】 Dec 04, 2019
四季のヘルシーメニューを穴場カフェで 【季節のテーブル 野の花】 Dec 02, 2019
年内限定特別価格! と○ふ◯コースを堪能 【葉月】 Dec 01, 2019
忘れえぬ夕べの味玉 【阿佐谷ホープ軒】 Nov 30, 2019
高級感ある焼き肉ランチ 【和牛亭あらかわ】 Nov 29, 2019
ハレの日のごちそう感 【うどん弥 根古坂】 Nov 28, 2019
高度成長期を知る団地の中華屋さん 【桃園 若葉町店】 Nov 26, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2