FC2ブログ

人気ラーメン店の、ちょっといい話 【麺屋 どらいち】

2018.06.18

 僕は行列店が苦手だ。
自分が並ぶのも好きじゃないが、もっと嫌なのが後ろに並ばれること。せかされているようで、ものを食べた気がしない。
特にラーメン屋はカウンターだけというところも多いので、背後に並ばれればますます落ち着かない。


180618 doraichi-14


西武線小川駅西口、職業能力開発総合大学校向かいにある「麺屋 どらいち」。北多摩北部でも特に人気が高く、行列の絶えないラーメン店だ。
お店の前はよく通るが、そんな感じでいつも混んでいるので自分にはハードルが高い。

ところが今日、自転車で前を通ったら店先に行列がない。しかも店内にもお客さんが2人しかいない。
時刻は13:27。
14時台でも行列当たり前という店だから、めったにないというか、大げさでなくこれは初めて見る光景だ。
実はこちら、ブログのお友だちcarmencさんイチオシのお店。推しが強いので一度は食べてみたいと思っていた。千載一遇のチャンスである。


180618 doraichi-12


入り口左手に券売機。
「縦に同じ味になります」と店主が声をかけてくれる。
こういう場合、いちばん左・いちばん安い… が基本形と考えてよいので、どらそば680円をポチットナする。
「席はどこでもいいですよ」とご主人。
カウンター8席のみ。左端と右から2番目に先客がいるので、必然的に真ん中らへんの席に座る。


180618 doraichi-11


提供は意外に早く、約3分。
どらそばは塩豚骨ベースのスープに節粉がかかって、動物系と魚介のダブルうま味というコンセプトのようだ。ニンニクが効いてうま味も濃厚だが過剰なところのない好みの味。
麺はストレートの細麺で、塩豚骨なだけに九州系を思わせる。あぶりチャーシューがトロトロかつ香ばしい。


180618 doraichi-17


食べ始めてすぐにお客さんが1人。
「右端の席にお願いします」とご主人。
この店は混んでいる状態が通常なので細かな交通整理が基本オペレーションなのだと、そのとき気づいた。僕の入ったタイミングは珍しくすいていたので、“どこでもいいですよ”というまれなケースだったと。


180618 doraichi-15 180618 doraichi-16


しかしすぐに、“どこでもいいわけではなかった”という事態に。
次に入店したのが男子高校生4人組だった。
左端の客はすでに出ているが、それでも空いているのは僕の左3席、右2席。

速やかに右に2つスライドして、5席つづきで空けてあげました。


180618 doraichi-18


店主はたいへん恐縮しているが、僕にとってはごく当たり前の行動。
そして、“情けは人の…”じゃないが、これは自分のための行いでもある。

だって、そのまま動かなかったらどうなるか。4人組が僕の背後に立って席が空くのを待つか、2人ずつに分かれて僕の左右に座るかのどっちかだ。
相手は男子高校生ですよ。落ち着いて食べていられるはずないじゃないですか(笑)。


180618 doraichi-20 180618 doraichi-21


というわけで、座り直して心静かに食事を再開したのである。

すぐに、スッと小鉢が差し出された。
「まかないですけど、よろしかったら」とご主人。
小鉢には味玉。
形が崩れてまかない用に回してあったと思われるもの。席を譲ったお礼だという。

今度はこっちが恐縮しきり。でもこういうの、すごくうれしい。
図らずも僕の“どらそば”は一番人気“どらたま”にグレードアップした。


180618 doraichi-19


人気ラーメン店のルポはどうしても味の系統や具材・食材に切り込むような内容になりがちだが、そうではなくてもっと本質的なコミュニケーションというか、ご主人の善意に接する機会を得られ、それをこのような形で報告できる幸運に恵まれたことを感謝したい。


180618 doraichi-13


[DATA]
麺屋 どらいち
東京都小平市小川西町4-23-5



[Today's recommendation]

Claude Debussy - LEnfant Prodigue
Claude Debussy
『L'Enfant Prodigue, etc.』
Jessye Norman、José Carreras、Dietrich Fischer-Dieskau
Gary Bertini(Cond)/ Südfunkchor und Radio-Sinfonieorchester Stuttgart

https://www.youtube.com/watch?v=0ShjToPSsOM



chat180618.jpg
◆ 猫写真はこちら


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

carmencさま

もちろんおいしかったですよ。
味を表現する言葉の持ち合わせが少ないのと、僕のいいかげんな味覚で書き散らかすのはやめようと思っているので、あっさりな表現になってしまってますが。
↑グルメブログ失格ですね(笑)。

真ん中のパウダーは、魚粉というんでしょうか、サバ節かイリコあたりの粉末だと思います。
豚骨と魚介を合わせるという、ダブルスープならぬパウダー溶解スタイルですね。
トッピングのホウレンソウは家系っぽいですし、九州テイストも感じられ、いろんな路線がうまくまとめられたラーメンだと思いました。

No title

いらしたんですね
羨ましいです〜
今はあの時以上に広まって人気店になってるんですね
彼は地域の人が来続けられるようにと絶対取材は断ってました
あの頃は2時〜4時頃だと結構空いていて入りやすかったです

味玉のサービス、なるほど〜
そう言う事でしたか
良いエピソードですね

ところで真ん中のは白胡麻などでしょうか
以前の記憶では真ん中は黒い色で黒ごまとブラックペッパーと多分山椒など
何種類かのスパイスをミックスしたのがノっかってました
変わったのかな
初めて行ったときは好きな山クラゲがノっていて感激しました
次に行ったらメンマに変わっていてちょっとガッカリでしたが
メンマも好きですしそれはそれで楽しんで食しました

お味については言及してらっしゃらないのでちょっと心配
お気に召されてたらいいのですが

白胡麻?ナッツ系?などのミックス?
そのあたりのことも含めて味わいに
またあのカウンターに座りたいです
Latest Articles
お弁当の季節 【仙石】 Mar 02, 2021
コロナ禍で居酒屋メニュー 【むらやま 久米川店】 Feb 28, 2021
惜しみなく、中トロ 【柴源】 Feb 26, 2021
ワンランク↑↑な、ワンコイン弁当 【鍋香居 久米川店】 Feb 26, 2021
うどんどころの二八そば 【こうちゃんうどん】 Feb 23, 2021
2人で1パック… な、お年ごろ 【一圓 三鷹北口店】 Feb 20, 2021
飲食店、とある成功事例 【すしの万葉 秋津暮れ六つ】 Feb 19, 2021
危険なスパイラル 【東京餃子食堂 久米川店】 Feb 18, 2021
最強のカレーパンとは? 【ボンジュールボン東村山店】 Feb 16, 2021
タヌキをめぐる冒険 新章 【モンテリマール洋菓子店】 Feb 15, 2021
きっと、また来ます 【味っ子】 Feb 14, 2021
すし食べたい、食べさせたい 【鮨孝】 Feb 13, 2021
Category
Ranking
          
          
Category-2