FC2ブログ

時をかける絶品カレー 【どっぽ】

2018.06.09

 20世紀半ば以降、隆盛を極めた喫茶店は、1982~83年ころには店舗数約16万を数えた。まさにわれわれの学生時代がピークだったわけで、その後減少に転じ、世紀末にかけてじわじわ衰退していく。1999年の店舗数は約9万4000と、10万店を切っている。(数字は(一社)全日本コーヒー協会 統計資料 等を参照)


180609 doppo-33


1980年代、喫茶店はどこにでも存在し、僕らは当たり前のように喫茶店を使った。コーヒーだけじゃなく食事にも利用した。
当時の喫茶店メシといえば、ピラフ、スパゲティ、ピザトーストといった、調理にさほど技術を要さない簡易なものが中心。
なかには自家製のカレーを出す店もあって、そういうところはワンランク上というか、知性や思想性のバックグラウンドのようなものをちらつかせていたようにも思われたが、カレー=インド=ヒッピーみたいな連想から、ひと回り上の世代の文化への憧れの念からそう感じるところがあったのかもしれない。


180609 doppo-13


いまでも古い喫茶店の店先に“カレー”の文字を見かけるとグッとくるものがある。
実際に食べてみると、家庭のカレーのようなありきたりなたべもので拍子抜けしたりする。ヒッピーコミュニティの残り香を感じさせ… というわけには、なかなかいくものじゃない。


180609 doppo-14


青梅街道を移動中、“喫茶 ランチ”の置き看板を発見した。
「こんなとこにそんなもの、あったか?」と、矢印のとおり脇道に入る。20mほど先に“コーヒー カレー”の電飾スタンド看板。
こういう“カレー”の文字にグッとくるのである。


180609 doppo-15 180609 doppo-16 180609 doppo-17


行ってみると、民家の裏口のような細い通路になっている。これはいわゆる自宅開放型カフェだな、と判断した。
通路を進んだら、もうお店に入らざるを得ない状況になりそうで、その先の探索を断念。ひと月ほど前の話だ。


180609 doppo-18 180609 doppo-19
左は青梅街道からのアングル、右は反対側から。スタンド看板の位置に“裏口”がある


本日、東大和市駅付近を散歩中にそのお店のことを思い出した。
行くだけ行ってみようと、ハミングホールの北側の住宅街に入る。青梅街道とは逆側からのアプローチで、あてずっぽうに入ったのだが、しばらく進むと住宅地の真ん中に前に見たのと同じような看板がある。


180609 doppo-21 180609 doppo-20


矢印に従って左に折れ、少し歩く。
風格のあるレストラン風のお店が出現した。忽然と。


180609 doppo-22


この前は一本隣の道から店の裏側を見ていたわけだ。
自宅開放型どころか店先に3台分の駐車スペースを備えた立派な独立店舗である。
しかも新しくはなさそう。


180609 doppo-23
入り口右脇の通路が裏の道路に通じている


なぜこのお店の存在にこれまで気づかなかったのか不思議でしょうがない。
まるで時空を超えていままさに出現したばかりであるかのようだ。


180609 doppo-24 180609 doppo-25


店内はゆったりと広く、駐車場側の窓際に2人掛けテーブル6脚、右奥に8人掛けテーブル、カウンター5席。先客は年配女性の単独客2人で両端に陣取っているので、必然的に窓際の中ほどに座る。


180609 doppo-28


お店の人はご夫婦かな、60代くらいの男女。注文をとりに来たおばさまがテーブル2つをくっつけて広くしてくれた。
本日のランチBどっぽのカレーライス ①サラダ付き(×2)を注文。


180609 doppo-26


BGMはジャズピアノ。
壁は天然木やコルク材、天井の中央部は吹き抜けのように一段高い天窓になっている。
自家製ジャムや焼き菓子が売られていたり、室内楽の案内(なんと、店内で演奏!)があったりと、文化の香り漂う空間。
隠れ家感たっぷりで、懐かしさに浸ってまったりとなる。


180609 doppo-27


運ばれてきたカレーを見て、「吉祥寺カレーだね」と相方。
黒っぽい色合いといい、ざらッとしたボディ感といい、「まめ蔵」「くぐつ草」「武蔵野文庫」に代表される吉祥寺カフェカレーにそっくりなのである。


180609 doppo-11


オリジナル配合のスパイスが香り、ココアのような苦味が少々。タマネギの甘味が強いが、それ以上に特徴的なのがビーフかな? 肉系のコク味が強いこと。味のバランスがよくとてもおいしいカレーだ。
付け合わせのラッキョウ、ニンジンの甘酢、切り干し大根のハリハリ漬け風も、自家製の優しい味。デザートの梅ゼリーも、もちろん自家製。


180609 doppo-12


明るく健全そのものの運営スタイルはヒッピー的要素とは結び付かないが、80年代喫茶店文化のDNAは間違いなく受け継がれていると感じる。
「どれぐらいやられてるんですか?」と支払いのときに聞いてみた。
「38年になります」とご主人。
まさしく、われら80's世代。


180609 doppo-29 180609 doppo-30


それにしても僕がまったく気づかなかったのはいよいよ腑に落ちない。
やはりこの店には時空魔法がかかっているに違いない。


180609 doppo-31


[DATA]
どっぽ
東京都東大和市南街1-19-5



[Today's recommendation]

Eric Satie Oeuvres Pour Piano Jean-Joël Barbier
Eric Satie
『L'Œuvre Pour Piano』
Jean-Joël Barbier(Pf)


take five time out
Dave Brubeck Quartet
『Time Out』


https://www.youtube.com/watch?v=hqXpaTu8UrM



chat180609.jpg
◆ 猫写真はこちら


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

鍵コメさま

温かいお言葉をありがとうございます。
楽しくやっていければいいかなと思ってます。
これからもよろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: おばんです

つかりこさま

とりあえず、って言って喫茶店入ってましたよね。
それで、入り浸るの(笑)。

喫茶店って、内装とか食器とかメニュー表のデザインでも、美観的にちょっと意識高いところがありましたよね。
街の普通の喫茶店でも妙に音楽に凝ってる店があったり。
飲み物や食べ物も独特だし。
だから文化や情報の発信源だったんだと思うんです。

そういうものがなくなっていったのは本当に残念でなりません。

おばんです

若かった'80年代、僕にとって昼間に「街に出かける」と言えば、
映画を観に行くことか、喫茶店に行くことを意味していました。
田舎から上京する時、「いろんな喫茶店がある!」って
わくわくしたのでした。
用もないのに、喉が乾いている訳でもないのに、
とりあえず喫茶店へ、ってな感じ。
最近、大きな資本のカフェ人気に押されちゃって、
個人でやってる喫茶店がどんどんなくなっていますよねぇ。
残念でなりません。
Latest Articles
インスタまとめ ―その2 Aug 06, 2020
ひと味違うこだわりのカレー屋さん 【カマナ】 Aug 02, 2020
丼モノの時代へ! 【八海食堂】 Jul 31, 2020
冷やし中華にも、のせてみました! 【すぱいす】 Jul 27, 2020
所沢周辺ユルポタシリーズ ―その3 Jul 24, 2020
平時でも入るのに勇気が要りますが… 【焼き鳥野島】 Jul 21, 2020
いまや定番! 持ち帰り餃子といえば… 【秋津ナンバーワン】 Jul 19, 2020
新しい日常で魚屋増殖中? 【海鮮鮨 義 東村山店】 Jul 18, 2020
もう一つの応援イベントで、秘密のお店へ 【うなぎ・天ぷら いしい】 Jul 15, 2020
タイ料理のちょっとジャンキーな吸引力 【サワディー 久米川店】 Jul 13, 2020
1CL弁当から白壁土蔵の直売所へ 【さくら茶屋】 Jul 11, 2020
気迫の伝わる肉塊ごろごろ弁当 【炭火焼ホルモン 豚珍館】 Jul 10, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2