FC2ブログ

ねりきりとお点前と、チャサンポー 【一欅庵】

2018.06.02

 今日、西荻窪にやって来た目的は2つあるらしい。

一つは西荻茶散歩(ニシオギチャサンポー)というイベントに参加すること。
――“西荻茶散歩”は西荻窪の101のお店が中心となり開催するイベントで、今年で10回目を迎えました。79の「チャサンポー店」では無料のお茶を、22の「チャサンポー飲食&サービス店」ではうれしい特典が楽しめます。体験型ワークショップや展覧会、お得なセールなど、各お店の趣向を凝らしたイベントが町中で行われ……西荻茶散歩実行委員会HP


180602 ikkyoan-36


もう一つは“和菓子体験”。
上記イベントの一環であるが、チャサンポー店の一つ「一欅庵」で、ねりきりづくりを体験できる。

冒頭に「らしい」と書いているのは、こういった事情を僕は当日現地で知らされるから。相方に言わせれば、「ずっと前から何度も言ってるのに、聞いちゃいない」。


180602 ikkyoan-12


一欅庵は五日市街道から少し入った場所にある。


180602 ikkyoan-13180602 ikkyoan-14


昭和8年に宮大工によって建てられたとされる、大正・昭和初期に流行した2階建ての洋館付き和風住宅。
その貴重な建造物を維持するには活用することが大事と考えた現当主が建物の貸し出しを始め、いまは作家の作品展や教室などの会場として利用されている。
一欅庵の名前は、門の傍らにある大きな欅の木と、家を建てた当主の祖父の名から一字とって名付けられたそうだ。


180602 ikkyoan-15180602 ikkyoan-16180602 ikkyoan-17


和菓子体験受付の和装女性に「見学でも大丈夫ですか?」と聞いてみる。
「一緒にやったらいいじゃん」と相方。
「そうですよ、せっかくですから」と受付のおねえさん。
「いや、それはちょっと…」


180602 ikkyoan-18


受付のすぐ後ろの茶の間的なところでいままさに体験教室が開かれている。茶の間だから超オープンスペース。
今日はチャサンポーに合わせて一欅庵も入邸自由なので、けっこう人が入っている。そのほとんどが女性。
たくさんの女の人の好奇の目にさらされてやったこともない和菓子づくりなんて、考えただけで冷や汗ものだ。だいいち主催者サイドに立てば、絵づくり的に、ヘンなおやじが混じっていて好ましかろうはずがない。

「順番になったらお声をかけますの、どうぞ邸内をご覧になってください」と受付嬢。


180602 ikkyoan-20180602 ikkyoan-21180602 ikkyoan-22
180602 ikkyoan-23180602 ikkyoan-24


1階応接間と2階書斎が洋室。子ども部屋の横は女中部屋。
2階でチャサンポーに合わせて企画された戌年展示「犬筥(いぬばこ)」を見ていると、くだんの和装女性が呼びに来た。


180602 ikkyoan-35


和菓子体験は1人500円。2種のねりきりから選べる。
「お二人で2種類同じものか別々か、どうなさいますか?」と。
え? お二人…? さてはたばかったな(笑)。


180602 ikkyoan-19


僕のお題は「紫陽花の花」。もうおひとかた、年配の女性と2人での受講となる。
受講仲間はたいへんフレンドリーで、女学生がそのままお年を召したようなチャーミングな女性。先に「紫陽花きんとん」をつくって楽しかったので、追加でもうひと品に申し込んだと。


180602 nerikiri-15


講師のあさ貴さん登場。クールな笑みをたたえていらっしゃる。
この先生、繊細な作品をこしらえる方との印象を覆すあっけらかんなオトコマエキャラで、放任主義というか放置プレイというか… そんな気配なきにしもあらず。甘えは許されそうにない。
30年ぶりぐらいに本気出しました。じゃないと、置いてかれる(笑)。

それにしても…
ナゼボクハ コンナトコロデ アンコ コネテルンダロウ…?


180602 nerikiri-11-3180602 nerikiri-12-3180602 nerikiri-13-3180602 nerikiri-14-3
180602 nerikiri-15180602 nerikiri-16180602 nerikiri-17180602 nerikiri-18
180602 nerikiri-19180602 nerikiri-20180602 nerikiri-21180602 nerikiri-22
180602 nerikiri-23180602 nerikiri-24180602 nerikiri-25180602 nerikiri-26
180602 nerikiri-27180602 nerikiri-28180602 nerikiri-29180602 nerikiri-30


受講仲間のおばさまが「このあと、私はお茶室でいただいていくんですけど、ご一緒にどうですか?」と。
珍しく固辞する相方の態度をいぶかしく思ったが、「え? いいんじゃないの?」と僕。
「ほんとにいいのね?」と相方は茶室の申し込みに行く。


180602 nerikiri-31


そのあと相方の「紫陽花きんとん」の会をぼう然と眺めていると、奥の茶室からぞろぞろと客が出てきた。客ではない和装の男性の姿も。
係の女性が「次の会は7人ですけど大丈夫ですか?」と和装男性に確認している。
なんかイヤな予感…。


180602 ikkyoan-25180602 ikkyoan-26


で、通されたお部屋、床の間に掛け軸の掛かる、まさに茶室。
先ほどの男性によるお点前なのであった。


180602 ikkyoan-32


僕はてっきり、テーブルがあって、緑茶が出てきて、自分の作ったお菓子をいただいて… というお気軽なシステムを思い描いていた。
しかも7人の客、僕を除けば全員オンナ…。

ナゼボクハ コンナトコロデ…


180602 ikkyoan-27180602 ikkyoan-28
「紫陽花の花」(ワタクシ作)、「紫陽花きんとん」(相方作)

180602 ikkyoan-29180602 ikkyoan-30180602 ikkyoan-31
お茶菓子はあさ貴さんによる干菓子。カエルは一欅庵のイメージキャラクター

180602 ikkyoan-33
茶室からの眺め

180602 ikkyoan-37180602 ikkyoan-38
お土産に買った手ぬぐい。受付の和装美人は手ぬぐい作家さんであった。ここにもカエルが

180602 ikkyoan-34
一欅庵のシンボルツリーの欅


いやー。今日は何度も冷や汗かいた。
一欅庵を出て、チャサンポー店を巡ってふるまいのお茶を飲みまくりました(笑)。


180602 chasanpo-11


それぞれのお店が趣向を凝らしていて、これはこれでおもしろい。
特に気に入ったのが、古本バル「月よみ堂」の甘茶入りミントティーと、木や植物・動物にまつわるもののお店「もりのこと」のレモングラスほうじ茶。


180602 chasanpo-12180602 chasanpo-13180602 chasanpo-14
180602 chasanpo-15180602 chasanpo-16180602 chasanpo-17
180602 chasanpo-18180602 chasanpo-19180602 chasanpo-20
180602 chasanpo-21180602 chasanpo-22180602 chasanpo-23
180602 chasanpo-24180602 chasanpo-25180602 chasanpo-26
180602 chasanpo-27180602 chasanpo-28180602 chasanpo-29


西荻窪の街はいま、中央線沿線でいちばんおもしろい。
(一欅庵の和菓子体験の様子はあさ貴さんのブログで)


180602 chasanpo-30


[DATA]
一欅庵(いっきょあん)
東京都杉並区松庵2-8-20
http://ikkyoraku.blog.fc2.com/





[Today's recommendation]

Almost Alice
Various Artists
『Almost Alice(Music Inspired By the Motion Picture)』

https://www.youtube.com/watch?v=uY58uPtAM68



chat180602-2.jpg
◆ 猫写真はこちら


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おばんです

つかりこさま

> 暑い中、散歩しながらお茶を飲み歩くのは
> 楽しそうですね。

↑いろんなお茶が振る舞われていて、それだけでも楽しかったですよ。
意識高い系が多いですから、いい意味で競争原理が働いてるんでしょうね。


> 奥さまのほうが、アジサイに見えるかなあ?

↑僕のほうのアジサイは、1つのガクを拡大した意匠なんだそうです。


> あー、趣味と実益を兼ねたことしながら
> 西荻に住めたら幸せでしょうねー。

↑和菓子の先生も、手ぬぐいの作家さんも、お茶席の甘水会の方々も、どなたからも日々の充実ぶりが伝わってくるようでした。
西荻ってホントいい街ですね。

おばんです

暑い中、散歩しながらお茶を飲み歩くのは
楽しそうですね。

練り切り、おじょうずーです。
奥さまのほうが、アジサイに見えるかなあ?
僕も得意ですよ、食べるのは。

すばらしい屋敷ですね。
こういうところで、抹茶の席が行なわれるなんて、
マジで粋ですね。

あー、趣味と実益を兼ねたことしながら
西荻に住めたら幸せでしょうねー。

Re: No title

carmencさま

いい企画でした。
一欅庵も素敵でした。

若い人が出店しやすい街なんでしょうね。
車通りの一本西の旧府道(いまは「おわら通り」というらしい)の五日市街道寄りはずいぶん変わったと思います。
イベント参加店を巡っているだけでも意識高い系みたいな空気を感じます。

金田一(春彦?)先生が似合う街、ではなくなりつつあるのかもしれませんけど…。

Re: こんにちは

イングリシュガーデンさま

いい企画でした。
さすが意識の高い街だけあって、皆さん凝ったお茶を出すんですよ。
マスキングテープ屋さんのオレンジティーとか、古本屋さんのローズヒップティーとか。
歩いてお茶を飲んで、また歩いて… というのがとても楽しかったです。

一欅庵は主に週末にイベントや教室の会場として開放されているようなので、行かれるときは一欅庵のブログ等でスケジュールをご確認くださいませ。

No title

いい企画ですね!!
素敵な家ですね〜

ここの近くに住んでました
ずいぶん色んなお店が出来てるようで変わりましたね
駅に向う方向はよく歩きますが
井の頭に抜けるだけだったりして
この辺の住宅地は詳しくないんですよね
ただし、この辺りに金田一さんの家がありました
金田一先生とはお魚屋さんで一緒になったことがあります^^

こんにちは

お茶を体験しながら歩けるのは楽しい企画ですね。
一欅庵、いいですね。
特に庭の見える和室での抹茶の体験、最高ですね。
自分はお茶から離れて数年、時々練り切と濃茶をいただきたくなることがあります。

荻窪に息子が7年ほど住んでいましたが、西荻には足を運んだことがありませんでした。
今度行ってみたいと思います。
Latest Articles
To Go に進路を取れ! 【KIMURAYA59】 Jan 27, 2021
門前〇〇そば 【峰英軒】 Jan 25, 2021
フレンチロースト 【cafe Fuu】 Jan 23, 2021
厄除け魔除け 疫病退散 【厄除けだんご ふかの】 Jan 21, 2021
ご褒美のスイーツ🥧 【kitchen neco】 Jan 19, 2021
いまあえて設備投資の勧め 【キッチンバー DenjiN】 Jan 17, 2021
It's alright だいじょうぶだぁ 【餅萬 西口本店】 Jan 14, 2021
ノスタルジーで日本情緒な… 【さくら茶屋】 Jan 12, 2021
さあ でかけよう 【ル・フレザリア パティスリー】 Jan 10, 2021
たぶん繰り返されるであろう… 【日乃出精肉店】 Jan 08, 2021
おせちもいいけど…? 【ダイヤ寿司】 Jan 06, 2021
地元神社めぐりからの… 【お食事処 なごみ】 Jan 04, 2021
Category
Ranking
          
          
Category-2