FC2ブログ

禁断の花と幻の花と、ケシの実パン 【ふれあいガーデン 草星舎】

2018.05.10

 東京都薬用植物園をご存じだろうか。
西武拝島線東大和市駅の改札から徒歩2分。敷地面積3万1398㎡の園内に1600種余りの植物が栽培されている。


180510 soseisya-11


――昭和21年設立以来、薬務行政の一つとして、薬用植物を収集、栽培しています。現在は主に、危険ドラッグや健康食品の指導・取締りに向けた植物鑑別等の試験検査、調査研究を行うほか、薬用植物の正しい知識の普及に努めています。東京都薬用植物園HP


180510 soseisya-16 180510 soseisya-17 180510 soseisya-18
180510 soseisya-19 180510 soseisya-20 180510 soseisya-21


石原慎太郎都知事時代の2005年、東京都の行政評価で、東京都薬用植物園が“存続も含めて見直し”と発表された。担当局の福祉保健局での見直し案に運営改善案として民間委託が盛り込まれ、その後数次の見直しを経て、2010年度以降、園の運営業務は民間委託(ケシ、大麻栽培など一部直営)という形で存続することになった。


180510 soseisya-12


園内には薬草・有用植物・有毒植物や、山野草・水生植物なども栽培されるほか、温室・冷房室も設置。
希少な植物種も多く、近隣住民にとって憩いの場として親しまれているほか遠方からの来訪者も多い。年間の来園者数は12万人を超す。


180510 soseisya-13 180510 soseisya-14


この時期は特にケシの花が人気。
二重柵に囲われ何台もの監視カメラが設置された物々しい雰囲気の“ケシ・アサ試験区”では、法律で栽培が禁止されているケシやアサが植えられている。
こちらは都内で唯一、全国でも珍しいケシの花が見られる施設という。


180510 soseisya-15


たまたま出かけたこの日、園内には多くの薬学生風の姿が。
園のHPには“ケシの開花期(5月)には、麻薬取締員や薬事監視員、医学・薬学・看護学生を対象とした「ケシ特別講座」を実施しています”とある。


180510 soseisya-26


ケシ・アサ試験区と僕がよく行くロックガーデンの間に、ログハウス風の建物を発見。
“おいしいパンあります”の札が掛かっている。


180510 soseisya-27 180510 soseisya-28


僕はこの植物園に年に何度も訪れているが、この施設の存在を知らなかった。
HPによると、その一帯は“都民が体験的に学び交流する憩いの場”として2010年4月に新設された「ふれあいガーデン」という区画で、売店の名前は「草星舎(そうせいしゃ)」。
手作りパンや“土佐産ぶんたんドリンク”などのジュース類、キャンディ、お茶類などの食品のほか、植物苗、書籍、地元福祉団体による手作りクラフト品などを扱っているようだ。また、リースやクラフト作り体験、薬膳料理やハーブ教室、観察会などのイベントも実施している。


180510 soseisya-29


三度のメシよりあんパンが好きな家族に… と思ってのぞいてみる。
思ったよりもパンの種類が豊富。どれもおいしそうで目移りするが、手書きPOPの“ケシの実付き!”の文字を見て、よもぎあんぱん180円に決定。ケシの花を観賞したあとだけに。
もう1品、桜塩漬け北海道こしあん160円を選ぶ。


180510 soseisya-30


トレーがかわいいので撮影させてもらっていると、店員のおばさまが「一橋学園のバリーさんのパンなんですよ」と。
詳しく場所を教えてもらって売店をあとにする。


180510 soseisya-31 ホシノ天然酵母パン バリー 東京都小平市学園東町2-4-11


これまでその存在を知らなかったのは不思議でしょうがないが、民間委託の目的の一つが業務サービス水準の向上である点を考えれば、大きな役割を担っている施設であり、またその目的は十分達成されていると感じた。
薬用植物園を訪れる楽しみが増えた。


180510 soseisya-22 180510 soseisya-23


帰りしな、“青いケシ開花中”の張り紙を発見。“ヒマラヤの青いケシ”と呼ばれる人気の花だ。
このケシは麻薬成分を含まないため栽培が禁止されているわけではないが、ヒマラヤやチベット原産のため暑さに弱く、栽培が非常に難しい。“幻の花”といわれるゆえんである。
温室の横の冷房室で栽培されており、ガラス越しに鑑賞できる。


180510 soseisya-24 180510 soseisya-25


合法・違法・パン製法(?)
なぜか、ケシ・ケシ・ケシな一日。


180510 soseisya-32


[DATA]
ふれあいガーデン 草星舎
東京都小平市中島町21-1 東京都薬用植物園内
https://www.facebook.com/fureaigarden/
http://www.fureai-garden.net/



[Today's recommendation]

Delius On Hearing the First Cuckoo in Spring Beecham RPO
Frederick Delius
『On Hearing the First Cuckoo in Spring』etc.
Sir Thomas Beecham(Cond)/ Royal Philharmonic Orchestra

https://www.youtube.com/watch?v=YcrKIMf6sJo



chat180510-2.jpg
◆ 猫写真はこちら


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ちはーす

つかりこさま

最初みかんあんパン買うつもりだったんですけど、「けしの実付き」の文字を見つけてしまいました。
まあ、3つでも4つでも買えって話ですけどね。


> ケシの実で思い出しましたが、蕎麦の「芥子切り」ってご存知?

↑それは知りませんでした。
考えただけで香りそう、おいしそうですねー。
「玄治」あたりで扱ってるかも。
情報ありがとうございます!

ちはーす

薬用植物園、小平のその近くにも住んでいたので、
存在は知っていたのですが行ったことはなかったです。
マニアックですねー。
でも、パン屋さんはそそられます。
北海道、よもぎもいいですが、みかんあんパン気になります。

ケシの実で思い出しましたが、蕎麦の「芥子切り」ってご存知?
これはうまいですよ。
蕎麦の香りとケシの実の香ばしさが相まって、絶妙です。
どこかで見かけたら、ぜひぜひ。

Re: No title

ツキさま

売店の併設だけでもずいぶん印象が変わったと思いますよ。
東京都がえらいかどうかわかりませんが、誰かを褒めてもいいかと…。

「ペコペコ」、ずっと気になってました。
意外性に弱いので、ああいうやってるんだかやってないんだか、という構えの店先にランチメニューが出てたりするとドキドキします。
学園は西側エリア、北口の学園坂方面、この通り、さらにその先の団地北の商店街… といろいろあって楽しい街ですね。

No title

小学生の頃に中へ入って、温室に鉢植えのパイナップルが置かれていたのを思い出しました。
温室の中では想像力を膨らませて、魅惑のジャングルを体感しました・・が。現実は地味で、子供の目には夢のかけらもない公共事案でした。
それが今では立派にリニューアル。見事に青空の似合う憩いの園に。前を通るたびに気にはなっていたのですが、気の利いた売店まで併設したとはねぇ。少しはやるじゃないか、東京都(褒めすぎか?)

学園のパン屋さんは、前を通るたびに少しばかりオサレな気分になります。だけど入ったことがありません(汗)
そのパン屋さんの前を駅の反対方向へ歩くと、酒屋さんの向かいあたりに”ペコペコ”っていう洋食屋さんがあるんです。hobohoboさんがレポされているお店とは質が違うし気に入られるかは?ですが、価格が地元プライスでして(笑)
僕には、無駄に気を使って歩く国立の南口よりも、身の丈にあった手頃な街であります(苦笑)
Latest Articles
陰きわまって…!? 【じゃがいも】 Dec 03, 2020
田舎道に忽然と出現した… 【うどんやさん】 Nov 30, 2020
それでもハラは減るわけで… 【松屋】 Nov 27, 2020
門前の茶屋で大地の恵みを 【観音茶屋】 Nov 24, 2020
農村を巡り、体感するツーリズムとは Nov 23, 2020
ホッとする地元の… 【龍巳うどん】 Nov 21, 2020
関東(ry) ロード ―4 【つかさ】 Nov 19, 2020
意外に多い○○系 【うどんの讃輝】 Nov 17, 2020
丘を越えはるか 【村田屋】 Nov 15, 2020
軽く20kmほど歩いてみた 【村山温泉 かたくりの湯】 Nov 13, 2020
祝🎊 放映決定! 【ながしま 磯とり料理】 Nov 09, 2020
おもてなしの心 【ますや】 Nov 06, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2