FC2ブログ

研究所でタヌキ研究… じゃなくて 【ファンフル】

2018.04.01

 国分寺駅より徒歩10分、JR中央線のすぐ北側にある日立製作所中央研究所。
1942年創設。約20万平方メートルの敷地内には、多摩川の支流である野川の源流の湧水や、創設時から自生する樹木が維持・管理されている。
約120種・合計27000本の樹木には、メジロやシジュウカラ、コゲラなど40種類以上の野鳥が飛来する。

研究所内の緑地は春秋の年2回、地域コミュニケーションの場として市民に公開されている。
今年の春の庭園公開は4月1日。

この日、矢川~谷保の散策のあと閉園時間15時の1時間ちょっと前に研究所に入ることができた。

ちなみに“自転車ご遠慮ください”だったみたいだが、われわれを含め多くのチャリ族を親切に仮駐輪場所に案内してくれている。
ほかにも“お願い”がいろいろあるので、橋を渡ったところで配られている案内の紙にはちゃんと目を通そう。

正門を入ってすぐに橋で、この谷が深い! 高所恐怖症の自分は足がすくむレベルで、なんでこんな駅チカがこんなことになってるのか!? と、びくびくするやらわくわくするやら。


180401 hitachi-31


まもなく芝生の広場。
ぐるっと屋台が囲む。地元の人気カフェから、なぜかバッタ屋的なものまでと幅広い。
といっても、一民間企業におじゃましているわけだから当然といえば当然だが、全面アルコール禁止。
ほぼ10km歩いて、喉カラカラ。谷保の「増本」では、先があるのでグッとこらえていたが、ここでもビールはおあずけ。


180401 hitachi-33


それにしても、特におもしろみのない普通の芝生の庭園。
期待外れだったかな、と。


180401 hitachi-18


芝生の外れに下り道。
こっちも行けるのかな…? と下ってみると、その先がこの庭園の核心部なのであった。


180401 hitachi-32


56年前の記述を見つけた。研究所開設20周年の論文集に、当時の研究所長が寄せたレビューの前書き部分である。

――中央線国分寺駅北側、恋ヶ窪の一角に、武蔵野のなごりをとどめている幽すいな森がある。これが日立中央研究所の所在地で、敷地約20万平方メートル、構内の谷合からは今なお泉がわき出ていて、これを集めて広大な池を作り、池には白鳥が静かに浮いている。先年皇居のお堀から一つがいの寄贈を受けたものであるが、つい先ごろふ化したばかりのひなの姿も見られる。武蔵国、国分寺の跡もほど近いところにあって、構内の森から、谷からなにか神秘的な昔のいぶきさえ感じられる。(星合正治、日立製作所中央研究所の歴史と概要、日立評論、1962年別冊論文集号 日立製作所中央研究所創立二十周年記念論文集、1-7、1962より)


180401 hitachi-17180401 hitachi-16
180401 hitachi-14180401 hitachi-15180401 hitachi-13


過半世紀を経て受ける印象は、この情景描写と変わらない。


180401 hitachi-19180401 hitachi-20



小径には、案外最近見ないヤマブキやヤマツツジ、ウグイスカグラが咲き、大きな池にはハクチョウが浮かぶ。いろいろな種類のサクラはもう花吹雪だ。
高度経済成長を支えた企業研究者が目を休めたであろう、あたかも時が止まったかのような光景。


180401 hitachi-21


池の周囲を時計回りに歩いて、振り返ると、森の向こうに高いビルが見える。
高さ135メートルの超高層ツインタワー「ココブンジウエスト・イースト」。
ちょうど今日、一部開業を迎えた。
これだけは、まさに今日そのものの風景なのであった。


180401 funfull-19


国分寺に寄ったのにはもう一つ理由があって、それはたぬきケーキが買える店があるから。


180401 funfull-31


先日の「サン・ローザ」閉店のショックを埋めるためにどうしても来たかった「ファンフル洋菓子店」。


180401 funfull-14
180401 funfull-12180401 funfull-15


お店は昔の洋菓子店そのもの。


180401 funfull-33
オランジュケーキ255円、モンブラン265円、たぬき240円


たぬきは小ぶりで上品な感じ。
中のスポンジはココア味。ほかのケーキもそうだが、味と作り、価格までも昭和の名残を感じさせる。


180401 funfull-34


店主のご婦人の笑顔に、少し立ち直れた気がする。


180401 funfull-32


[DATA]
ファンフル
東京都国分寺市本多2-1-1





[Today's recommendation]


https://youtu.be/eaPJKz1o0R4



chat180401-2.jpg
◆ 猫写真はこちら



180401 hitachi-22
4月1日、日立製作所中央研究所


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

くりみんさま

くりみんさんから甘いもんの会にコメントをいただくとはー(笑)

たぬきケーキ、黄色モンブラン、懐かしいですよね。
でも家族がデザートという時間、僕は記憶が飛んでることが多いので、味のほうはなんとも…
「横から突っついてたよ」とは言われますが、
タヌキ、おいしかったんやろね…
としか(笑)

No title

わぁ、懐かしいな~
たぬきのケーキ(^^)
そして、黄色のモンブランも!

昭和だ~(^^)

Re: ちはー

つかりこさま

そうなんです。
日立は想像以上に広く、起伏が激しく、ぜいたくな感じでした。
秋の庭園公開は11月18日(日)だそうです。
気が早いですけど、紅葉ですね。
ぜひどうぞ。

ファンフルのひさしは、たしかについ最近までもっと古ぼけてた気がしますね。
ごくごく最近、変えたのかもしれません。
タヌキはほかに、小手指の「モンテリマール」というところで扱っているようです。

> ちなみに、ウチの田舎の老舗の「たぬき」とそっくりのケーキは
> その昔、「くま」でした。(笑)

↑「くま」、いいですねー(笑)
まだあるんですかね。

パークレーンとラドン温泉情報(笑)も、ありがとうございました。

ファンフルの向いには、
国分寺パークレーンとラドン温泉がありました。

ちはー

おー、懐かしいビジュアルをありがとうございます。

11年以上も住んでいたのに、
日立の敷地内に入ったことはありませんでした。
そもそも、市民への開放日があることすら知らなかったです。(汗)
想像以上に広く、自然自然しているんですね。

「たぬき」、ファンフルにあったんですね!
ファンフルは、毎日の通勤や休みの日でも、必ずと言っていいほど
横を通ったので、とても見慣れた、懐かしいたたずまいです。
僕がいた頃とは、ひさしが新しくなっていると思われますが、
ほぼ当時のままです。
国分寺は “スイーツ村” のイメージは全然ないので、
競争が少なく、孤高に生き残ってきたんでしょうね。
以前の貴殿の記事で、「たぬき」は懐かしいケーキの定番だったと
教えられ、「そういえば、あったなー」と思い出しましたが、
あのファンフルにあったとは!!
なるほど、僕が住んでいた当時は「ただ古いケーキ」なだけで、
気付きもしなかったのですが、いま「ふる新しいケーキ」に
なったんですね、お店と共に。

ちなみに、ウチの田舎の老舗の「たぬき」とそっくりのケーキは
その昔、「くま」でした。(笑)
Latest Articles
ひと味違うこだわりのカレー屋さん 【カマナ】 Aug 02, 2020
丼モノの時代へ! 【八海食堂】 Jul 31, 2020
冷やし中華にも、のせてみました! 【すぱいす】 Jul 27, 2020
所沢周辺ユルポタシリーズ ―その3 Jul 24, 2020
平時でも入るのに勇気が要りますが… 【焼き鳥野島】 Jul 21, 2020
いまや定番! 持ち帰り餃子といえば… 【秋津ナンバーワン】 Jul 19, 2020
新しい日常で魚屋増殖中? 【海鮮鮨 義 東村山店】 Jul 18, 2020
もう一つの応援イベントで、秘密のお店へ 【うなぎ・天ぷら いしい】 Jul 15, 2020
タイ料理のちょっとジャンキーな吸引力 【サワディー 久米川店】 Jul 13, 2020
1CL弁当から白壁土蔵の直売所へ 【さくら茶屋】 Jul 11, 2020
気迫の伝わる肉塊ごろごろ弁当 【炭火焼ホルモン 豚珍館】 Jul 10, 2020
狭山茶の茶園カフェにお立ち寄り 【和田園製茶所】 Jul 06, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2