fc2ブログ

望郷の名物カツ丼 【滝乃家】

2017.02.05

 去年の秋からずっと出前のみの営業だった「滝乃家」。書き入れ時の大みそかも休業でちょっと心配していたが、最近復活しているのを確認。
家族で昼ご飯を食べに行くということになったので、それならばと。
子どもたちに地元の良店を伝える義務があると最近考えるようになり、長女がこちらに来たことがなかったからちょうどいい機会だ。


takinoya21.jpg


「ふるさと福井名物ソースカツ丼」が滝乃家の名物である。
望郷の念から生まれた人気メニューというわけだ。


takinoya22.jpgtakinoya11.jpg


この年代の地方出身者というと、私はどうしても集団就職に思いを巡らす。
福井から上京して、はじめ工場勤めだったがいろいろあってそば屋に丁稚奉公し、独立してこの街に店を構え、その後長らく近隣住民の食を支えてきた… というような人生物語を勝手に想像してしまう。
あくまでも想像ですから、念のため。


takinoya23.jpg
ミニソースカツセット(温かいたぬきそば)900円/長女


カツ丼好きの長女に、ソースカツ方面を強く勧める。
長女は久米川界隈のカツ丼をけっこう制覇していて、聞いただけでも「キッチン若松」「はま好」「巴屋」「狩勝」「しなの」と、若い女性とは思えないディープなラインアップだ。1人で入ることもあるらしい。
目下、私は「かつ秀」と「寳来屋」、そして「八海食堂」のタレカツ丼を推している。


takinoya26.jpg
鴨せいろそば850円/次女


考えてみればこの店ではちゃんとそばを食べたことがないような気もするが、次女が頼んだ鴨せいろはなかなかそそられるビジュアルなのだった。


takinoya27.jpg
ソースカツ丼800円/わし


僕はソースカツ丼。
この日、大量の出前が入ったのか厨房はしっちゃかめっちゃかだったので、違うものを頼みたいところだったが少しでも手間が省けるよう、あえて長女とダブらせた。
この店では昼時、「いまちょうど出ましたから」という、いわゆる“そば屋の出前”と称される昭和的電話対応の実演を見ることができる。


takinoya24.jpg
カレーライス700円/妻


妻のカレーも調理の手間要らずのオーダーだ。
この日いちばんの収穫は、ちょっと食べさせてもらったこのカレーがわしのストライクゾーンの真ん中付近に来たことかな。

次回はミニカツカレーセットでいこうと思う。


takinoya25.jpg


[DATA]
滝乃家
東京都東村山市青葉町2-1-3







https://www.youtube.com/watch?v=8FImBAEHx5s


関連記事

Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Latest Articles
厄払いからの… 暑気払い! 【小川藤】 Aug 16, 2022
厄除けあれこれ 【喜多院】 Aug 15, 2022
17万石の風格 【川越城本丸御殿】 Aug 14, 2022
Emptyな悪循環からの… 【とんかつ太郎】 Aug 13, 2022
天空の古民家 【小林家住宅】 Aug 11, 2022
田園地帯の古民家カフェ 【繭久里カフェ】 Aug 09, 2022
関東(ry) ロード ―5 【手打ちうどん・そば 子亀】 Aug 08, 2022
ここにもガラパゴス系!? 【バスラーメン】 Aug 06, 2022
猛暑後半に備える 【焼き鳥野島】 Aug 05, 2022
暑いときほど、アツアツ💦 【さんらいず亭】 Aug 04, 2022
単なるノスタルジアにあらず 【河内屋】 Aug 02, 2022
80’sファンシーな 【迷夢】 Aug 01, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2