FC2ブログ

来し方が凝縮されたそば屋のカレー 【しなの】

2018.03.09

 このところなぜかそば屋に入る機会が多くなっていて、このブログの記事用に過去のそば屋の写真を網羅的にチェックしていたら、久米川の「しなの」の品書きにカレーがあることに気づいた。こういうお店のカレーは絶対おいしいだろうな… と想像したら、無性に食べたくなったのだ。
なにしろそこいらのカレーじゃない。“カーレライス”である。


shinano180309-11.jpg


「しなの」は久米川駅南口、「西友久米川店」脇の道(西友通り商店街)を抜けて左折、西武新宿線の踏切(小平第5踏切)手前に位置する。
看板には“古来の自家製造の店”とあって、それがどういうものかは知らないが、実際この店のそばは独特。ウェーブがかかって、ねっとりとした歯応えである。


shinano180309-31.jpg


しかし、やはりというか、古来製法とはいえソバ・ウドンのみでは心もとないとでもいうのか、“街そば”の例に漏れず品書きが多彩。
特に中華部門は人気で、ラーメン類がよく出ている印象を受ける。
もちろん御飯の部も、ソースカツ丼まで手がけるフトコロの深さは注目に値する。
そしてこういう展開においてHub的役割を担っているのがカレーだったりするのである。


shinano180309-32.jpg


1時15分を回って昼のピーク時は過ぎているが、それなりに覚悟を決めないと入れないお店である。意外に客入りがいい。で、クセの強そうな常連さんが多いという経験則。
もう一つ、この店は何の気なしに暖簾をくぐった瞬間、時空の狭間に飛ばされそうになるから要注意。
このあたりの印象というか考察のようなものを以前書いているが、とにかくこの店のタイムスリップ感は半端ない。昭和ノスタルジーをお求めの方にはまたとない優良物件である。


shinano180309-12.jpg


13:17――おそるおそる引き戸を開けて、そっと店内をうかがう。
お客さん、ゼロ。やれやれ…。

本日は戦略がシンプルかつ明快なので迷いようがない。
カツカレーがあればカツカレー。なければ以前撮ったメニュー写真で見つけてあるエッグカレー。
カウンター上の壁に額付き黒板の品書きが3枚――“自家製造の手打そば・うどん”“中華の部”“御飯物”
ありました、ロース肉カツカレー。
1050円。高いな…。
迷ってしまった(笑)。


shinano180309-16.jpg


結局、お試しに1000円超はリスキーと判断、エッグカレー720円に。
エッグカレーは品書きで“カーレライス”の横にあって、正式には“エックカレー”。
カタカナ文字の濁音・拗音・長音の扱いに昔の人は不得手で、こういうほのぼの表現をよく見かける。ラメーンとかチャーシュ麺とかスパゲッテーとか。


shinano180309-13.jpg


そのエックカレー、予想に反して目玉焼きのせ。いや、勝手にスライスゆで卵を想像していただけだが。
ご飯はきっちりメロン形のライス型で盛り付けてある。丸皿は鮮やかなターコイズブルーで、カレーを取り囲む青・白・黄のコントラストが美しい。横には真っ赤な福神漬け。


shinano180309-17.jpg


写真を撮らせてもらっていると、おかあさんが「最近、皆さん写真撮ってるけど、どうするのかしら?」と。
「どうだ、おいしそうだろう! と自慢するんですよ」と僕。
「でもうちなんか年寄りの作るものだからねぇ…」
と戸惑いの表情を浮かべる。
こういうやりとりは、いつも複雑な気持ちにさせられる。


shinano180309-33.jpg


「どれぐらいやられてるんですか?」
「昭和45年からだから… 昭和って64年までよね? もう49年ぐらいになるのかしら…」
「もう50年ですね。こないだ、向こうのラーメン屋さんが、『もう残ってるの、うちとおそば屋さんだけ』って言ってました」
「あらま(笑)。ラーメン屋って… 『狩勝』さん?」
「そう」
「狩勝さん、がんばってるからね。何年ぐらいになるって?」
「40年って」
「じゃ、うちのほうが早いのね(笑)」


shinano180309-21.jpgshinano180309-20.jpg


カレーは、50年分のいろんなものが濃縮したような、甘く優しい味わい。
このカレーでカレーうどんにしたらさぞおいしかろう… と、ここを経由して次に展開するのがそば屋のカレー。
古きよき時代を巡り歩くような楽しさが、街のそば屋の魅力である。


shinano180309-24.jpg


[DATA]
しなの
東京都東村山市萩山町4-1-22





[Today's recommendation]

Vaughan Williams Tallis Fantasia Barbirolli
Ralph Vaughan Williams
『Fantasia on theme by Thomas Tallis, rtc.』
Sir John Barbirolli(Cond)/ Sinfonia Of London, etc

https://www.youtube.com/watch?v=ANyy5_Zpbr0



chat180309.jpg
◆ 猫写真はこちら


関連記事

Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ちはー

つかりこさま

そうなんですよ。
どういう製法なのか、ユニークな縮れそばなんです。
中華麺みたいにもんで寝かせるんでしょうか?

いろいろ楽しめるお店ですよ。
怖さもありますけど(笑)。

Re: こんにちは

くろすけさま

ものすごく煮込んであって、具はほとんど崩れているようなカレーでした。
僕基準ですが、辛さは全然ないですね。
野菜の甘味が強い感じです。
あと福神漬けがすごく甘かったです(笑)。

型押ししてあるライスって、洋食屋さんのワンプレートランチみたいなのではときどきありますけど、カレーはずいぶん久々に見たような気がします。
いろいろ懐かしいお店です。

ちはー

文中リンクで、しなのさんの過去ログを拝見しましたが、
おおーっ、この蕎麦の麺はユニークですねー。
太めでちぢれてる?!
これは、逆にそそられますわー。

こんにちは

懐かしい感じのカレーですね^^
個人的に強い辛さが苦手なもので・・・最近は辛さを強調したり、スパイスの
種類を売りにしたりで、外でカレーを食べる機会は皆無に近くて^^;
こちらのお店ではいかがだったのでしょう?

それと、ライスの型押しも懐かしいですね
アルマイトの奴、自宅にもありました・・・ケチャップライスとかに使ったり。
ハンバーグでもご飯のこの形にして出すと、洋食屋さんに行った気分に
なったものでした。
何か、探してみたくなりました^^
Latest Articles
インスタまとめ ―その2 Aug 06, 2020
ひと味違うこだわりのカレー屋さん 【カマナ】 Aug 02, 2020
丼モノの時代へ! 【八海食堂】 Jul 31, 2020
冷やし中華にも、のせてみました! 【すぱいす】 Jul 27, 2020
所沢周辺ユルポタシリーズ ―その3 Jul 24, 2020
平時でも入るのに勇気が要りますが… 【焼き鳥野島】 Jul 21, 2020
いまや定番! 持ち帰り餃子といえば… 【秋津ナンバーワン】 Jul 19, 2020
新しい日常で魚屋増殖中? 【海鮮鮨 義 東村山店】 Jul 18, 2020
もう一つの応援イベントで、秘密のお店へ 【うなぎ・天ぷら いしい】 Jul 15, 2020
タイ料理のちょっとジャンキーな吸引力 【サワディー 久米川店】 Jul 13, 2020
1CL弁当から白壁土蔵の直売所へ 【さくら茶屋】 Jul 11, 2020
気迫の伝わる肉塊ごろごろ弁当 【炭火焼ホルモン 豚珍館】 Jul 10, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2