FC2ブログ

看板が伝える街そばの魅力 【玉川そば店】

2018.03.03

 昔、どこの商店街にも必ず1軒はあったそば屋がそのまま生き残ったようないわゆる“街そば”は、そば自体にそれほど重きを置いているわけではない、ような気がする。
少なくとも、産地や品種、収穫時期、保存方法、挽き方、水… とこだわる蕎麦職人のごとき“蕎麦道”を追究するような方向性は、絶対ない。

品書きを見ると、そば・うどんにとどまらず、各種定食や丼物、カレー、中華… と展開するのは当たり前。
高度成長期、街のそば屋は大衆食堂という位置づけでファミリー層を主体にさまざまなニーズに多品種・小ロットで対応していた。
いま、この世界は一品追究型がポイント高い傾向にあるが、街そばの多種多様、一見節操のないメニュー構成はそういう存在理由のなごりであり、大いに尊重すべき食堂文化なんだと思う。


tamagawa180303ー11tamagawa180303ー12tamagawa180303ー13
小平市小川西町「戸隠そば」、東久留米市幸町「福幸軒」 、西東京市柳沢「辰巳庵」

tamagawa180303ー15tamagawa180303ー16tamagawa180303ー17
小平市たかの台「新月」、東村山市青葉町「滝乃家」、東村山市萩山町「しなの」


そういう街そば、看板や品書きで非そば・うどんをストレートに訴求する、あっけらかんなケースをときどき見かけ、それはそれで妙に刷り込まれていたりする。
そんななか、看板に「そば」「うどん」と並んで「洋食」と、三本柱のように表示してあるおそば屋さんが、東久留米南沢の「味の玉川」。


tamagawa180303ー14


本日はこのもっと先に用事があって12時前に自転車で出たんだが、途中ガス欠(ハラ減った)。
補給ステーション的に「玉川」に立ち寄る。


tamagawa180303ー18


このお店はいつも店頭に“本日のおすすめセット”の看板が出ている。それをそのまま書き写すと…

岩手産とりのてり焼・大根の煮物・かぼちゃの煮物・蒸しどりともやしのピリカラあえ・ライス・みそ汁・おしんこ(出前もいたします)756円(税込)

ホワイトボードに10行にわたって書き込まれたこれ全部で1セット。
ハラ減らしには入店前にして逆上必至のお出迎えである。


tamagawa180303ー20tamagawa180303ー21


店内は左にテーブル席4卓、右が小上がりで座卓4つ。ちょっと微妙な埋まり方をしているので、いちばん落ち着きそうな右奥の席に上がらせてもらう。


tamagawa180303ー23


相方に早々に「おすすめセット」と宣言されてしまい、僕はちょっと迷う。
いや、メニューがものすごく多く、ちょっとどころじゃなく迷う。
迷ったのにはほかにも理由があって、以前ここで2人で定食を食べたとき、あまりのボリュームにギブアップ寸前になった。その教訓を踏まえ、また、そば屋というところに敬意を表し一度はそばを食べておきたい、と2人分のバランスに苦慮する。
で、僕が選んだのが、きのこづくしそば864円。


tamagawa180303ー22


こちらは厨房に店主ご夫婦? とホール係のおばちゃんの3人体制。
おばちゃんたちの接客は非常にていねい。客に応じた声かけをしていて、分け隔てのない感じを受ける。プロ意識が高そう。


tamagawa180303ー24tamagawa180303ー25


おすすめセットは迫力満点。メインの皿は長径30cmはありそう。
てり焼きはご飯が進む甘辛味。同じ鶏でもあえ物は酸っぱ辛くさっぱり系。
大根の煮物とは切り干しのことのようだ。かぼちゃで腹が膨れる(笑)。
この店は漬物がおいしい。以前入ったときに付いた自家製千枚漬けは絶品で、お土産に買って帰るお客さんもいたほど。


tamagawa180303ー26


きのこづくしは、予想外のあんかけタイプ。
きのこは、干しシイタケ、ナメコ、ヒラタケ、ブナシメジ、エノキの5種。ほかに豆腐がたっぷり入り、ミツバがのる。
そばは白い更科系で、量はかなり多い。
途中、シイタケやナメコの香りが移って、つゆがどんどんおいしくなっていく。

ちなみに
〇マツタケずくめ ×マツタケづくし
×きのこずくめ 〇きのこづくし
という案件に関しては、こちらの記事がわかりやすい。


tamagawa180303ー27


この店は1回や2回来ただけじゃ、真価はわからないと思う。ビーフシチューセットやハンバーグカレー、クリームコロッケセットと、やはりウリの洋食メニューには引かれるものがある。洋風焼うどんって、うどんナポリタンみたいなものだろうか?
出前用のお品書きをもらってきたので、今度はもっと綿密に作戦を練って挑もうと思う。

おなかを満たしたところで、本日の目的地・西武柳沢に向かう。  (つづく)


tamagawa180303ー19
tamagawa180303ー28


[DATA]
玉川そば店
東京都東久留米市南沢5-3-10



[Today's recommendation]

Full Moon
Full Moon
『Full Moon』




chat180303-1.jpg
◆ 猫写真はこちら


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

カノッチさま

どうなんでしょうね…
子どものころ、ラーメンやチャーハンの出前とってた店、実はそば屋だったとあとで知りました。
かき氷の出前もその店だったんですよねー。
高度経済成長期にはすでにそういう店があったということなんでしょうね。

No title

だんだんに蕎麦だけでは食べに来てくれないようになってメニューを増やすのかなあ、それとも創業したころからメニュー豊富だったのでしょうかね?

Re: No title

さくらパパさま

お気遣いありがとうございます。
ですよねー(笑)。

このブログにほとんど出ませんが、実のところγ-GTPとかそっち方面に問題を抱えてそうな生活スタイルなんですね。
怖くて健診も受けられないレベルで…。

気をつけます、飲みすぎに…。



No title

こちらも三多摩出身なので楽しく拝見しております。

中性脂肪と血糖値に気を付けて取材してください。

Re: ちはー

つかりこさま

> 昭和の時代は、都心のほうだったら、蕎麦屋で手打ちで品数が少なくて
> 値段が高くてもそこそこ商売になったのだけど、

↑たしかに、わざわざ行くような手打ちのそば屋って、都心それもだいたい下町のほうに固まってましたよね。
どこでも見られるようになったのって、平成になってからじゃないですか?


> 高度経済成長期と言えども、住宅地で商売しようとするならば、
> 「多品目」、「安い(または量が多い)」、「出前」が必須だったと。

↑このお店はその3項目を見事にクリアしてますね。
安くはないが、やたらと多い。


> こちらは、“住宅地市場戦略” をしっかりクリアして生き残ってきたんでしょうね。
> すかいらーくなんかができる前の「ファミレス」だったんでしょうね。

↑ファミレスですか、なるほど。
ソフトクリーム扱ってたりしますもんね。

中学のとき、カレーを食べに行く食堂があって、まあ「ただの食堂」くらいに思ってたんですけど、そこが実はそば屋だったということを大人になって知った、というケースがあります。

ちはー

おおー、すばらしい!
メニューの品目が超多彩ですねー。
行きたくなりますよね、いろんなメニユーがあると。
昭和の住宅地にできた蕎麦食堂の典型的な見本ですよね。

同じようなスタイルのお店のおやじに聞いたことがあるのですが、
昭和の時代は、都心のほうだったら、蕎麦屋で手打ちで品数が少なくて
値段が高くてもそこそこ商売になったのだけど、
高度経済成長期と言えども、住宅地で商売しようとするならば、
「多品目」、「安い(または量が多い)」、「出前」が必須だったと。
当時、蕎麦屋は大人気でしたが、家に帰ればメシを食べられるので、
住宅地では店屋モノをしょっちゅう食べるには何かの理由が
必要だんたんでしょうね。

こちらは、“住宅地市場戦略” をしっかりクリアして生き残ってきたんでしょうね。
すかいらーくなんかができる前の「ファミレス」だったんでしょうね。
Latest Articles
インスタまとめ ―その2 Aug 06, 2020
ひと味違うこだわりのカレー屋さん 【カマナ】 Aug 02, 2020
丼モノの時代へ! 【八海食堂】 Jul 31, 2020
冷やし中華にも、のせてみました! 【すぱいす】 Jul 27, 2020
所沢周辺ユルポタシリーズ ―その3 Jul 24, 2020
平時でも入るのに勇気が要りますが… 【焼き鳥野島】 Jul 21, 2020
いまや定番! 持ち帰り餃子といえば… 【秋津ナンバーワン】 Jul 19, 2020
新しい日常で魚屋増殖中? 【海鮮鮨 義 東村山店】 Jul 18, 2020
もう一つの応援イベントで、秘密のお店へ 【うなぎ・天ぷら いしい】 Jul 15, 2020
タイ料理のちょっとジャンキーな吸引力 【サワディー 久米川店】 Jul 13, 2020
1CL弁当から白壁土蔵の直売所へ 【さくら茶屋】 Jul 11, 2020
気迫の伝わる肉塊ごろごろ弁当 【炭火焼ホルモン 豚珍館】 Jul 10, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2