fc2ブログ

Starting Over 【大判】

2018.02.17

 昔、いまより遠くまで自転車を走らせていたころ、ときどき永福町のCDショップまで足を延ばした。
ルートとしては、西荻窪駅南口から神明通りを通る。
五日市街道や井ノ頭通りより車が少なく走りやすいから。


nishiogi-ohban2-20-2.jpg


神明通りを駅からけっこう離れて商店が途絶えるあたり、いかにもちゃんとしていそうなせんべい屋を見つけたのは10年以上前のこと。
店先にせんべいの生地が天日干ししてある。古い小さなお店のたたきでは、実直そうなおじさんが一枚一枚ていねいに炭火で焼いている。
最初何を買ったか覚えていないが、おまけに個包装してある“壊れ”をもらったのを覚えている。
その後、ごくたまにではあるが、そのせんべい屋「大判」に寄るようになった。買うたびにおまけをくれた。


nishiogi-ohban2-11.jpg
去年のひなあられ。ただし、化粧袋は毎年たまっていっていて、これは数年前の使い回し


たまたま2月に通りかかったとき、店頭にひなあられが並んでいた。ポン菓子ではなく、おかきタイプ。
それからは大判のひなあられがわが家の定番になった。
そっち方面に行かなくなって久しいが、1年に1回、ひなあられだけは必ず買いに行った。


nishiogi-ohban2-13.jpg


今日は陽気もいいので、散歩がてら上石神井から歩いてひなあられを買いに行くことにした。


20180217 nishiogi-ohban-2120180217 nishiogi-ohban-2220180217 nishiogi-ohban-23


ルートとしては、青梅街道の上井草四丁目交差点からバス通りに入り、井草八幡の西側を南下、善福寺公園の東で善福寺川沿いの遊歩道へ。川が北向きに蛇行するあたりから西荻の街に上る。


20180217 nishiogi-ohban-2420180217 nishiogi-ohban-2520180217 nishiogi-ohban-26


途中、昼ごはんのお店をチェックしながら駅南口の雑踏~神明通りと歩く。

大判は駅からけっこう遠い。
自転車では毎回、「こんな遠かったか? 通り過ぎちゃったか?」と思い始めるころに到着する。
不思議なことに、歩きではそれほど苦になる距離には感じられない。


nishiogi-ohban2-21-2.jpg


店頭のワゴンが寂しい感じ。2つあるうち1つは空っぽだ。
例年、このワゴンにひなあられが並べてある。

ガラス戸に「お知らせ」の張り紙。
嫌な予感がした。

――今年より、「ひなあられ」は製造終了となりました。


nishiogi-ohban2-22-2.jpg


お店のおかあさんが出てきた。
「商品を減らすことにしたんですよ。もう焼くのが大変で」
ひなあられは種類が多いから特に大変だったのだそうだ。
たしか、おかき5~6種類の詰め合わせで、すべて手焼きだったのだから。


20180217 nishiogi-ohban-2720180217 nishiogi-ohban-28


「でも、いまも焼き上がるそばから売れていっちゃって…」
その時点で買えるのはワゴンに載っているザラメのおかき1種類だけとのこと。


20180217 nishiogi-ohban-2920180217 nishiogi-ohban-30
ザラメを購入


「毎年ひなあられ、楽しみだったんですよ」
と言うと、おかあさんは丁重に
「それはどうもありがとうございました」と。


nishiogi-ohban2-24.jpg


おとさんは黙々とあられを焼いている。
ていねいに接客してくれる印象だったが、そういう雰囲気ではない。傷つけられたように、ムスッと。無念さがにじんでいるようにも映る。

ひとまず、おつかれさまでした。
これからはもっといっぱい買いに行こう。


nishiogi-ohban2-32.jpg


[DATA]
大判
東京都杉並区西荻南4-2-3
http://okaki.ooban-koban.com/index.htm





[Today's recommendation]


https://youtu.be/pZCxyOcvp5A



chat180217-2-22.jpg


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おばんです

つかりこさま

そうですね…。
「毎年楽しみにしてました」とか、よけいなこと言わなきゃよかったと、あとで思いました。

この場合は、縮小ではあるが継続、なのでまだ救いはありますが、そうでない場面に出くわすことも今後増えていきそうで…。

実は自分も自転車で距離乗らなくなったというような、同様な過程をたどっていることをここに書いていることに、つかりこさんのコメントを読んで気づかされました。

おばんです

若い頃は、人が自分の好きなことや得意なことをやらなくなる、
またはやれなくなる、ということをうまく理解できないで
いました。仕事とか、趣味とか、スポーツとか。
もっとうまくなれるとか、もっと儲けられるとか、
そう思って生きていくのがフツーだと。

長年やってきたことに終止符を打つのは、
どんな気持ちなんでしょうね。
自分もそんなことがだんだんと増えていくんだろうなあ、
って考えさせていただきました。
Latest Articles
辰年に行くべき… 【馬橋稲荷神社】 Mar 02, 2024
あの時代の残照 【伊勢屋美原町店】 Feb 29, 2024
“ギョはん”宣言!? 【みんみん】 Feb 28, 2024
おばちゃん回帰的な? 【大丸食堂】 Feb 27, 2024
いちごの里のうどんは… 【楽楽庵】 Feb 25, 2024
産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】 Feb 24, 2024
光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】 Feb 23, 2024
2月22日は… 【おかき屋 百代】 Feb 22, 2024
タンメンの塩梅 【はつね】 Feb 20, 2024
ゆっくりな時間が流れる 【ジャスミン】 Feb 19, 2024
新回転寿司…? 【独楽寿司 町田木曽店】 Feb 18, 2024
異国情緒あふれる古刹 【山口観音】 Feb 17, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2