FC2ブログ

ドカ盛りどんぶり、実食 【寳来屋】

2018.01.29

 PDFの文書が印刷できないというトラブルに見舞われ、昼食が遅くなってしまった。
そんなときお世話になっている(午後休憩がない、または休憩の入りが遅い)何軒かのうち、距離感で「寳来屋」を選択。
距離感とは、歩いてほどほどということ。
最近、歩くことの自由さに快感を覚えるようになった。


horaiya4-22.jpg


中華料理店「寳来屋」は、東村山中央公園北側の住宅街に立地、背後に美住町の団地(グリーンタウン美住一番街)を擁する。
昼の時間帯、店主は常に出前に忙しそうで、団地を中心に手堅い需要があるものと思われる。高校生もよく見かけられ、やはりラーメン屋に通う男子だった自分の高校のころとシンクロする。
いまどき珍しい地域密着型な印象。


horaiya4-21.jpg


高校生人気には理由がある。
――安い・多い
男子高校生の財布と胃袋に適合する値段と量が売り。
売りではあるが、それにしてもこの店のスタンスはちょっと突き抜けたところがある。

“安い”については、ラーメン350円をはじめ麺飯10品がワンコイン以内。
僕はその恩恵にあずかり、ワンタンメンとタンメン(ともに450円)をかわりばんこに食べている。
一方、“多い”に関してはこれまで遠巻きに観察するにとどめてきた。


horaiya4-20.jpg


さて、このブログで何度か取り上げながら自分自身食べたことのないメニューがある。
その問題作「豚肉丼」に挑んでみようと思ったのだ。
このところなぜか胃の調子がいいみたいで、量を食う分には少し自信がある。


horaiya4-19.jpg


2:45ラストオーダー。僕は昼の部の最後の客になることが多い。
いまも先客の2人組が出て、あとはだれ気兼ねなく食事ができる環境。
こういう気持ちの余裕は大事。食欲がいや増すというもの。


horaiya4-16.jpghoraiya4-17.jpg


豚肉丼600円、何度も見ているのでビジュアルに驚きはない。驚きはないが、やっぱり壮観である。
横から見るとこんもりと盛り上がり、俯瞰すればご飯が見えないぐらいみっしりと。中心に巣ごもり卵。

逆に言うと、それだけ。
――肉、卵、コメ、以上!
これはもうひたすらワシワシ食べるしかないたべものである。


horaiya4-11.jpg


味付けは、よくいえば家庭的。中華的エッセンスは希薄。
しょうゆベースのシンプルで甘さ抑えめなタレは最初調子よくいけるが、それでも量が多い分、後半単調になるのは避けられない。何か変化がほしくなる。
紅ショウガとかゴマとか高菜漬けとか…。

あ、それって博多ラーメンの定番あとのせラインアップ。
ふと「博多天神」の店内掲示を思い出す。
――スープはコーヒーでいうとブラック。お客さまの舌で、カウンター上の具を入れ100%の味をお作りください。
そんな感じでカスタマイズすれば、よりおいしく食べられるかな… と。


horaiya4-12.jpg


でもこのお店の激安の根底にはぎりぎりのコスト意識がある。
手作りのキャベツの浅漬けなんか、企業努力そのもの。
ぜいたくを言ってはいけない。
浅漬けを箸休めに、卓上の七味唐辛子をたっぷり振っておいしくいただくのが正しい。


horaiya4-14.jpg


iPhoneのヘルスケアアプリで見るウォーキング+ランニングの距離は8.7km、歩数13,570。
ドカ盛り丼分、消化してると思いたい。


horaiya4-23.jpg


[DATA]
寳来屋
東京都東村山市美住町1-6-31





[Today's recommendation]

Mravinsky Sibelius Symphony No7
Jean Sibelius
『Symphony No. 7 etc.』
Yevgeny Mravinsky(Cond) leningrad Philharmonic Orchestra




chat180129.jpg
◆ 猫写真はこちら


関連記事

Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おばんです

つかりこさま

> ええーっ!とてつもなく安いですね!

↑ですよねー。
僕も何度入ってもなじみません、安すぎて(笑)。
チャーハン+ラーメンで800円ですからね、フルサイズで。


> 所沢ではこうはいきませんわー。
> 東村山、おそるべき魔境!

↑御幸町の「栄華」は同じぐらい安くなかったかな、と調べてみたら、安いけど「寳来屋」には負けますね。
まあ所沢のあのあたりは違った意味で魔境ですけどね。

おばんです

ええーっ!とてつもなく安いですね!
驚愕のひと言です。
40年くらい前の値段ではないですか。
どうやって、採算を立てているのでしょう?
うむむー、いつも驚かせていただいておりますが、
所沢ではこうはいきませんわー。
東村山、おそるべき魔境!
Latest Articles
それでもハラは減るわけで… 【松屋】 Nov 27, 2020
門前の茶屋で大地の恵みを 【観音茶屋】 Nov 24, 2020
農村を巡り、体感するツーリズムとは Nov 23, 2020
ホッとする地元の… 【龍巳うどん】 Nov 21, 2020
関東(ry) ロード ―4 【つかさ】 Nov 19, 2020
意外に多い○○系 【うどんの讃輝】 Nov 17, 2020
丘を越えはるか 【村田屋】 Nov 15, 2020
軽く20kmほど歩いてみた 【村山温泉 かたくりの湯】 Nov 13, 2020
祝🎊 放映決定! 【ながしま 磯とり料理】 Nov 09, 2020
おもてなしの心 【ますや】 Nov 06, 2020
フワッフワのシフォンケーキ 【東村山シフォン】 Nov 05, 2020
紅の○○ ふたたび❗ 【大清かまぼこ店】 Nov 03, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2