fc2ブログ

コスパ抜群のステーキハウス 【ステーキハウス テキサス】

2018.01.06

 子どものころ『トムとジェリー』というアニメーションでアメリカの豊かな食生活を見せつけられた。
パーティー会場のテーブルとか、BBQコンロとか、ピクニックバスケットとか、バカでかい冷蔵庫の中とかに、見たこともないおいしそうな食べ物が潤沢に配備されていた。ローストターキー、ハムの塊、つながったソーセージ、穴開きチーズ…。
なかでもニッポンのよい子の目をくぎ付けにしたのが、でっかいステーキ肉。毎度ブルさんを巻き込んでのバトルの火種で、イソップ寓話的教訓を含むオチとなる。


texas-tanashi12.jpg


それから半世紀。Japanの食事情は大きく変わった。
1991年の輸入自由化以降、牛肉は当たり前のように家庭の食卓に上るようになった。
スーパーの精肉コーナーでは、ブルさんのステーキ肉を思わせるでっかく分厚いのが普通に売られている。特売品のオージーなら300gほどで500円前後だったり。
価値観と値段のあまりのギャップにくらくらとなり、おじさんはついつい買ってしまう。
家で上手に焼けたためしがない。


texas-tanashi11.jpg


田無に用事があり、昼ごはんはステーキ店「テキサス」へ。


20180106texas-tanashi31.jpg


ホームページによると1976年オープン。
まだまだ牛肉がお高い時代にステーキハウスという業態は新鮮だったらしい。地元ではよく知られた人気店だ。
現在、この店のほかに「Loin's」「すてーき亭」「Steak Man」を運営する。


20180106texas-tanashi35.jpg


田無駅北口から東大農学部農場に向かうメインストリート沿い、新青梅街道の手前にお店はある。
星条旗が翻り幌馬車の車輪なんかが置いてある、いかにもな店構えである。


20180106texas-tanashi33.jpg20180106texas-tanashi34.jpg


ランチメニューの看板のいちばん上、ステーキセット¥800がこの店の特徴を表す。
激安ステーキ。


20180106texas-tanashi32.jpg


入って正面が調理場で、左に細長い感じで通路が伸びる。


20180106texas-tanashi36.jpg


通路の右手のテーブルに案内される。
ここは4人掛けテーブル2卓のボックス席。


20180106texas-tanashi37.jpg


ほかにも同じようなボックスや2人テーブル、奥は広いスペースになっているもよう。
なにしろ店内が暗くて全体の様子がつかめない。


20180106texas-tanashi39.jpg


オーダーは、サービスステーキM 180g 950円、テキサスハンバーグ150g 700円(各ライス・スープ・ドリンク付き、税別)。


20180106texas-tanashi40.jpg


スープとおかわりライスはセルフ、つまりおかわり自由。
ドリンクは8種類からアメリカンコーヒーに。これもセルフ。


20180106texas-tanashi41.jpg


僕らの席のすぐ横にセルフコーナーがあって、スープをついで戻るとすぐにステーキが来る。5分かかっていない。
すぐにハンバーグも。このスピードは謎である。


20180106texas-tanashi42.jpg


ステーキにはマスタードバターがのる。
どちらも付け合わせはコーンのみとシンプル。


texas-tanashi21.jpg


肉は、硬い。というか、繊維質の赤身の部位で焼き加減がレアなので、肉がプルプルしてナイフが入らない。
自分で焼く失敗パターンと似てるような…。


20180106texas-tanashi43.jpg


はしたなくもギコギコとナイフを入れる。
隣のテーブルからもギコギコ聞こえる。
ステーキ、食べつけないけど、実はこれでいいのかな?


texas-tanashi22.jpg


とすると、焼き加減もこれでいいのかな…?
実際、家と大きく異なるのが熱した鉄板で、じわじわ火が通って途中からちょうどよくなる。
でもやっぱり繊維は手ごわくかみ切れず、細かく切り分けるのに腕が疲れるぐらいギコギコと。
ステーキはこんな感じの赤身ぐらいがいいのかも。かみしめるから肉のうま味が広がるし。


20180106texas-tanashi45.jpg


ハンバーグはナツメグが効いたオーソドックスな味。
脂の感じも過剰でなくシンプルでおいしいと思う。

抜群のコスパで肉ガッツリ。この手ごろ感は得がたい魅力だ。


20180106texas-tanashi46.jpg


[DATA]
ステーキハウス テキサス
東京都西東京市田無町3-3-7
http://at-dining.wixsite.com/steak-house-1





[Today's recommendation]


https://youtu.be/M8R-R-89TiA



chat180106-22.jpg



20180106texas-tanashi47.jpg
カラスウリ(東京大学農学部農場)


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Latest Articles
謎多きローカルチェーン 【笠置そば 西荻窪店】 May 27, 2022
昭和なカレースタンド、復活! 【モンスナック 新宿野村ビル店】 May 26, 2022
お食事は府中宿の“大店”で 【Restaurant&Café 美蔵】 May 24, 2022
ハケの地学と民俗学と、おだんごと 【ハケの茶屋】 May 23, 2022
約14ha! 広大な野外博物館 ――府中市郷土の森博物館 May 22, 2022
ご褒美のおすし 【東鮨】 May 20, 2022
スイスイいきたいね♪ 【博多らーめん長風 新秋津店】 May 17, 2022
こんなつけ麺がいい! 【大王ラーメン】 May 15, 2022
食べ続けていたいから 【ラーメン 味六】 May 13, 2022
めぐるめぐるよ… 【名代にぼしラーメン 時代屋 保谷駅前店】 May 12, 2022
朝曇りは晴れ…? 【大勝軒 吉祥寺店】 May 10, 2022
思いがけぬ地誌探訪 【福生加美上水公園ビジターセンター】 May 08, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2