fc2ブログ

カレーチャーハンのノスタルジー 【新華飯店】

2017.12.20

 東久留米市滝山商店街の「新華飯店」はカレーチャーハンが人気である。と書いておいていきなりの疑義申し立てでなんなんだが、本当にそうか?
この店に5回くらい入っているが、カレーチャーハンを食べている客を見たことがない。自分以外に。


shinkahanten2-32.jpg


こういうギャップをときどき感じる。地元の常連と、われわれネット情報を頼りに訪れる客との間のギャップ。
ネット上の口コミの少ないお店は、数少ない情報が膨らんで偏っていくのは仕方のないことかな、と思う。
あくまでも疑義であって、実際には常連にも人気かもしれない。年に1回や2回しか行かない人間の見聞なんかはアテにならない。

でもここが大事。
人気があろうがなかろうが、新華飯店のカレーチャーハンはおいしい。


shinkahanten2-33.jpg


チャーハンという食べ物はフトコロが深い。カレーチャーハンだけでも、人によって思い浮かべるものはまったく異なるかもしれない。
いま注文したのは、普通のチャーハンの仕上げにカレー粉を振りかけて香りづけするという、たぶん最も一般的なタイプ。
チャーハンの横にカレーをよそう、つまりカレーライスのライス部がチャーハンというカレーチャーハンもある。
あんかけチャーハンのあんがカレー風味というのを見たことがある。
武蔵村山の 「弘華飯店」 の大肉炒飯(チャップチャーハン)は、チャーハンの横にカレー風味の排骨が添えられた絶品料理だ。


shinkahanten2-31.jpgshinkahanten2-14.jpg


カレーチャーハン630円。
具は、チャーシュー、卵、ナルト、ネギと、ごく一般的チャーハンの基本仕様。
見た目、黄色い。カレー風味、強い。ナルト、黄色い…。


shinkahanten2-34.jpg


しかし、同タイプの焼き飯で見た目も同じカレーピラフとかドライカレーとかと称される洋食カテゴリーの食べ物とは、まるで別物。
チャーハンなのである。
カレーという強烈な個性にチャーハンが負けてない。っていうか、勝ってる。
チャーハン以外のなにものでもない。


shinkahanten2-35.jpg


このお店はいつもそこそこお客さんが入っているが、2時近いとさすがに僕1人だ。


shinkahanten2-56.jpgshinkahanten2-55.jpg


テレビで臨時ニュースのチャイムが鳴る。

厨房から出てきたおかあさん、
「…読めないわね」と。
「えーと… 読めないすね」と、視力の弱い僕。
「白いところに白い字じゃねえ。ちょっとごめんなさい」とホールの電気を消す。
薄暗い店内でチャーハンを食べる僕。

「あら、なんか寒いと思ったらストーブ消えてたわね」
「あ、イイっすイイっす」
肌寒い店内でスープをすする僕。

と、こんな感じ、やってて懐かしい。


shinkahanten2-11.jpg


昭和40年代あたりに、親戚のおじいさんおばあさんの家にお呼ばれしたときに出前をとってもらう、というような。
カレーチャーハンは、そんな子ども受けするハイカラな食べ物だった。


shinkahanten2-12.jpg


[DATA]
新華飯店
東京都東久留米市滝山4-2-5





[Today's recommendation]


https://youtu.be/N-aK6JnyFmk



chat171220-22.jpg
◆ 猫写真はこちら


関連記事

Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Latest Articles
都内3位の広大な境内を構える 【大宮八幡宮】 Apr 01, 2023
関東(ry) ロード ―6【農村レストラン わらべ】 Mar 30, 2023
地元お母ちゃんの手作りまんじゅう 【道の駅 童謡のふる里おおとね】 Mar 29, 2023
淡水魚好きの聖地的な 【さいたま水族館】 Mar 28, 2023
高尾山御用達! 【甘味 有喜堂】 Mar 27, 2023
創業天保年間 【高尾山 髙橋家】 Mar 25, 2023
薬王院境内の茶屋 【喫茶小坊 一福】 Mar 24, 2023
開山1260余年のパワースポット 【高尾山薬王院】 Mar 23, 2023
見晴台にて 【やまびこ茶屋】 Mar 23, 2023
近場観光☆☆☆ ――高尾山6号路 Mar 22, 2023
昭和のドライブイン的な 【いしだ】 Mar 21, 2023
ホタルの飛ぶ神社 【糀谷八幡宮】 Mar 20, 2023
Ranking
          
          
Category
Category-2