FC2ブログ

基地の町の洋食屋とクリスマスカード 【ジロー】

2017.12.15

 今年1月、立川高島屋で開催された川瀬巴水展に行った。
川瀬巴水は、明治期に衰退した浮世絵の技法を復興させ(大正新版画という)、多くの風景画を残した大正~昭和期の画家・浮世絵師。
――近代風景版画の第一人者であり、日本各地を旅行し旅先で写生した絵を原画とした版画作品を数多く発表、日本的な美しい風景を叙情豊かに表現し「旅情詩人」「旅の版画家」「昭和の広重」などと呼ばれる。(Wikipediaより)


tachikawa1715-11.jpgtachikawa1715-12.jpgtachikawa1715-13.jpg
tachikawa1715-14.jpgtachikawa1715-15.jpgtachikawa1715-16.jpg


そのとき昼ごはんに入ったのが、緑川通り立川北駅前交差点すぐ西の洋食店「ジロー」。
ツレが着物だったので、ほかに候補に挙がった天ぷらや寿司だと油が跳ねそうだとかしょうゆこぼしそうだとかと用心して洋食屋になったんだが… カレー頼んでるし(笑)。
ちなみになぜ着物かというと、展覧会が着物の人は入場無料だったから。


jiro20.jpg


ジローの営業開始は1973年ころとのこと。米軍立川基地(現在の昭和記念公園等)が返還されたのが1977年のことだから、返還前から当地で営業していることになる。
表の看板がJIROという表記だったり、店内に張られているドリンクメニューにも英語があったり、かつて基地の町だった面影を見ることができる。


jiro11.jpg


白ペンキの外壁は、どこか50's-60’sのオールドアメリカンぽい。
マジックミラーで店内は見えず、営業中のプレートもなく、入りにくいことこのうえない。


jiro21.jpg


扉を開けると、奥の客席に座っていた店主がひょいと立ち上がる。前回もそうだったな…。
先客はなくカウンターの右隅に座る。


jiro13.jpgjiro14.jpg


オーダーはベーコンピラフ700円に。ただのピラフにもベーコンは入るが、100円違い以上の増量感を前回感じたので。
接客係のお母さんはにこやかで優しそう。洋食屋というより和式大衆食堂のおばちゃん的で、客はくつろげる。
一方、初老のシェフは、穏やかそうだがきわめて寡黙で、接客は得意ではなさそう。


jiro12.jpg


ピラフを黙々としつこいぐらいに時間をかけて炒める。
できあがりを小さめの丸底の皿いっぱいに盛り付け… と思ったら、それを大皿にひっくり返して形を抜く。
お母さんが横に福神漬けを添える。
「粉チーズ大丈夫ですか?」と聞かれ、「はい」と答える。
カウンター越しにピラフとみそ汁の提供。


jiro15.jpgjiro16.jpgjiro17.jpg


ピラフの具は、たっぷりベーコンに、マッシュルーム、ニンジン、コーン、グリーンピース。


jiro19.jpg


粉チーズが溶けていい感じに糸を引く。それだけでなく、炒めすぎてご飯が糊化してる気がしないでもない粘っこい食感。それでも、それが個性でぜんぜんオーケー、と思わせる不思議な説得力がある。
キャンベルスープやランチョンミートと同じカテゴリーで、ハイカラという属性。


jiro18.jpg


川瀬巴水展で展示されていた『雪庭のサンタクロース』という作品が強く印象に残った。
浮世絵で描かれたサンタクロースという意外性に惹かれる。1950年制作で、日本電報通信社(現 電通)より海外向け雑誌『The Japan Trade Monthly』の表紙用に依頼されたもの。
これまでそういう習慣はないが、ものの弾みでクリスマスカードというものを送る必要に迫られた場合、こういうカードなら気が利いてるかも、と思い売店でポストカードを5枚購入。

そのときは自分がブログというものをやることになるとは夢にも思わなかったが、はがき本来の使い方ではないがこういう方法もあるな、と掲載。

――Have a Merry Christmas!


kawase hasui - santa claus


[DATA]
ジロー
東京都立川市曙町1-28-9



[Today's recommendation]

A Christmas Present From Motown
『A Christmas Present From Motown』



chat171215.jpg
◆ 猫写真はこちら



                                         

2017.12.13 おやつやSunset /東京都東村山市栄町2-38-4

sunset11.jpgsunset12.jpgsunset14.jpg
X'masクッキー230円×3(甥の子どもたちへ)


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: こんちはー

こんにちは

私は85年ごろ中野に住んでいて、たぶんそのころだったと思いますが(あるいはその10年後の記憶?)立川にはたまにユザワヤに買い物に行くぐらいでした。
なので南口の場外馬券のあたりが違った意味で相当怪しかったことはかすかに記憶してるんですが、再開発前の北口は残念ながらまったく知らないんです。

英語の看板の店、地道に探せばまだいくらかは残ってますかねー?
それこそダイエー裏から競輪場にかけて、とか。

ダイエーといえば、向かいの2階か3階の古そうなカレー屋がずっと気になってて忘れてました。
まだ残っていれば近いうちに入ってみようと思います。

で、ずっと“ダイエー”と書いてますが、そのダイエーももうなくなっちゃってるんですよね…。


> 『雪庭のサンタクロース』、おもしろい作品ですね。
> たしかに、日本人にも外国人にもウケそう!

↑川瀬巴水は、たとえば井の頭公園の弁財天とか、知ってる風景が浮世絵になっている不思議というのがあります。
どれも懐かしい風景で、本当はもっと昔のはずなのに、自分の子どものころの記憶と重なってくるように思えます。
つかりこさんがときどき載せられている富士山でも、いい作品がたくさんありますよ。

こんちはー

こってり “焼きめし” おいしそうですねー。

まだ、残っていましたかー、こういう店。
'80年頃、立川のダイエーでバイトをしていたのですが、
バーゲンのチラシ配りなんかもやらされたりして、
近所の家々に無差別投函するのに、
駅の近辺をくまなく歩き回ったことがありました。
その頃は、手描きの英語の看板を掲げた店が
たくさんありましたねー。
怪しげなバーやスナックみたいな店も。
北口の再開発が進んで伊勢丹や高島屋ができるまでは
まだまだ、米軍基地の匂いが漂っていました。
なつかしく思い出させていただきました。

『雪庭のサンタクロース』、おもしろい作品ですね。
たしかに、日本人にも外国人にもウケそう!
Latest Articles
心置きなく1人焼きそば 【ぼん天】 Apr 22, 2021
街中華かくあるべし 【正来】 Apr 20, 2021
懐かしの味に再会❗ 【くるま屋台GT】 Apr 19, 2021
新旧武蔵野の交わる… 【三上さんちの焼きだんご】 Apr 18, 2021
ループものな午后1時 【チャイニーズレストラン 一番】 Apr 17, 2021
超絶住宅街に、歴史の詰まった… 【餃子屋さん】 Apr 15, 2021
ウワサにたがわぬおいしさ 【手打ちうどん 漕】 Apr 14, 2021
創意あふれるお団子セット 【ふしみだんご】 Apr 13, 2021
小京都のオープンテラスで 【フクロウの森】 Apr 11, 2021
生涯おいしく食べるために 【焼き鳥野島】 Apr 10, 2021
無性に食べたくなる… 【さんらいず亭】 Apr 08, 2021
お祝いのお寿司🎉 【ダイヤ寿司】 Apr 06, 2021
Category
Ranking
          
          
Category-2