fc2ブログ

タンメンの塩梅 【はつね】

2024.02.20

 もともとタンメン好きだが、この物価(および栄養)の優等生的麺料理に特に目が向くようになったのは4カ月前である。
背景にあるのは健康問題とか? そのへんの経緯や理屈はこちらの記事を参照いただければと思うが。


20240220 hatsune-11


この間、タンメンで15本ほど記事を上げているがハッシュタグ参照)、この東京の西側エリアにおいて、タンメンを語るうえで避けては通れない店がある。
いや、なにか語ろうなどというつもりはさらさらないんだが、自分の興味として避け難い。
前から気になる店ではあったので、この流れで浮上するのは必然なのである。


20240220 hatsune-12


そのお店とは、西荻窪の「はつね」。
知る人ぞ知るタンメンの名店。
東京一とも日本一とも称されるタンメン。


20240220 hatsune-13


気になっていながら入ったことがなかったのは、行列の絶えない店だから。
しかも激セマ店で、行列が動かない(並んだものの離脱した経験あり💦)


20240220 hatsune-14


本日たまたま開店時間11時の15分ほど前に西荻付近を通り、急いで駐輪場に入れて行ってみると、行列2名。
そのまま第三の男となったのであった。


20240220 hatsune-21


時刻は10時47分。


20240220 hatsune-15


キャパはカウンター5席で、僕の後ろに並んだ2人組までが1巡目。


20240220 hatsune-16


創業1961年。
店主は想像していたよりだいぶ若めの方で、寡黙な職人タイプとお見受けする。
激セマ店の至近距離で職人タイプと相対することになるので、緊張感なり、それなりの心構えは必要かも。
というか、調理はもとより接客も誠実そのものであり、客のほうが礼を失してはいけないという意味でも。


20240220 hatsune-17


注文はタンメン。
スープをひと口すすり、けっこう塩気が強いというのが最初の印象。
塩気は強いが、後味にジワッとうま味が来る。
うま味はともかく甘味成分がなく、いまどき好まれる味とはちょっと違うと思う。


20240220 hatsune-18


具はハクサイ、キャベツ、モヤシ、ニンジン。
肉けがないので焼豚をトッピングする人が多いようだ。


20240220 hatsune-19


シンプルな塩気が野菜の甘味を引き出す。
麺への絡みもしかり。
いわゆる塩梅というやつでしょうか。


20240220 hatsune-20


誠実かつ時代におもねらない職人の矜持が、絶大な人気の理由かも。


20240220 hatsune-22


[DATA]
はつね
東京都杉並区西荻南3-11-9





[Today's recommendation]


https://youtu.be/uuqewIy4PMw?si=6BTvz3fbvzHUDQgC



wachat240220.jpg



20240220 hatsune-23


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Latest Articles
遠足のメッカ ――日和田山 Apr 23, 2024
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
気分は鴨川? 【千代乃家】 Apr 12, 2024
表参道から薬王院 【高尾山薬王院】 Apr 10, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2