fc2ブログ

行事食のすすめ 【喜作】

2024.02.03

 節分とは“季節の変わり目”という意味で、各季節の始まり(立春・立夏・立秋・立冬)の前日、すなわち1年に4回ある。
いまでは節分といえば立春の前日を指すようになっているが、それはこの日が季節ばかりでなく年の変わり目でもあり、節分の中でも特別重要な位置づけであるため。
旧暦では立春は正月であり(立春に最も近い新月を元日とした)、節分は大晦日にあたる。


20240203 kisaku-23


大晦日といえば、そば。
ということで、節分そば。
前にもそんなことを書いた気がするが…。

一方、節分といえば豆まきの豆やイワシ。
最近では恵方巻きだが、もともと関西の一部で行われていた風習がCVSの仕掛けをきっかけに広まったもので、全国的には歴史は浅い。
ここ関東の地で節分の行事食として食されてきたとされるのが、けんちん汁。


20240203 kisaku-11-2


けんちん汁は鎌倉 建長寺の精進料理“建長汁”がなまって“けんちん汁”になったという説があり(諸説あります)、農林水産省の郷土料理データベース「うちの郷土料理」にも神奈川県の項目として収載されている。


20240203 kisaku-12


そばとけんちん汁を組み合わせてみてはどうか?
けんちんそば。


20240203 kisaku-13


けんちんうどんはよく聞くが、はたしてそばは…
と近場で検索すると、さすが本場? 関東だけあってけっこうヒットする。
地元にもありました。


20240203 kisaku-14


ということで、東村山市野口町の「喜作」。
気取りのない手打ちそば店である。


20240203 kisaku-15


そばは細打ちと太打ち(田舎)がある。
どちらも好きだが、こちらの田舎そばはまさにけんちんそばのイメージにぴったり。


20240203 kisaku-16


注文のとき聞かれなかったが、やはり田舎そばでの提供で、けんちんそばはそれがデフォルトだと思う。


20240203 kisaku-17


けんちん汁は想定を上回る具だくさん。
だいこん、にんじん、ごぼう、さといも、油揚げ、さつま揚げ、豚肉、トッピングのホウレンソウ。


20240203 kisaku-19


根菜が主役のけんちん汁と山里の恵みであるそばとの相性が悪かろうはずがない。
このところ寒い日が続いており、心底あったまる感じ。


20240203 kisaku-18


節分にけんちん汁の由来を調べると、寒い時期の行事のため体を温めるため… 説が多い。
もうひとひねりないんかい! みたいなとこはあるが、まぁ、温まりました (;^_^A


20240203 kisaku-20


行事食のすすめ。


20240203 kisaku-21


[DATA]
喜作
東京都東村山市野口町2-29-15





[Today's recommendation]


https://youtu.be/7okulqWTP2Q?si=h8Vb_GKpRaVfjPbR



wachat240203.jpg



20240203 kisaku-22


関連記事

Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Latest Articles
産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】 Feb 24, 2024
光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】 Feb 23, 2024
2月22日は… 【おかき屋 百代】 Feb 22, 2024
タンメンの塩梅 【はつね】 Feb 20, 2024
ゆっくりな時間が流れる 【ジャスミン】 Feb 19, 2024
新回転寿司…? 【独楽寿司 町田木曽店】 Feb 18, 2024
異国情緒あふれる古刹 【山口観音】 Feb 17, 2024
観光地感を醸し出す 【観音茶屋】 Feb 15, 2024
見どころいっぱい 【狭山不動尊】 Feb 14, 2024
昭和ノスタルジックな風情の 【レストラン蘭】 Feb 13, 2024
世界が認めたCraft GIN 【マツザキ 中福本店】 Feb 12, 2024
デジャヴな土曜の午后2時 【ラーメン専門店 和】 Feb 10, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2