fc2ブログ

東京のはずれの古民家で――その2 【古民家いろり】

2023.09.03

 前記事の続きで、青梅市小曽木の古民家カフェ「いろり」昼ごはん編。

五右衛門風呂の足湯は築70年と書いたが、喫茶・食事処となっている母屋は築160年、江戸期の建物を改築したものだそうだ。


20230903 irori-12

20230903 irori-13

20230903 irori-14


土間から右に上がって続きの2間とその奥左の1間が客間に使われている。
左上座の礼法が染み付いているため、この右向きのつくりに違和感を覚えるワタシ。

…というように、古民家というがわれわれの子ども時分こういう民家はごく普通で、日常感覚で接していた。
いうなれば古人間だな、わしら ( ̄- ̄;) ンー


20230903 irori-30


最初の部屋が畳の間で、次の部屋が板の間、左に折れた奥の間が洋室風。


20230903 irori-16

20230903 irori-17

20230903 irori-18


畳の間の掘りごたつの席に通される。


20230903 irori-19


食事メニューの幅が広い。
そば・うどん、天丼、うなぎ、川魚、豆腐料理…, and BBQ.


20230903 irori-20

20230903 irori-21

20230903 irori-22


迷った末、ちょっぴりぜいたくランチと野菜天そば(ざるそば+野菜天)に。


20230903 irori-23


野菜天はかぼちゃ、さつまいも、ピーマン、モロヘイヤ、しいたけ。
ほぼ自家栽培と思われる。
そばも太さが不ぞろいで、どことなく田舎風。


20230903 irori-24

20230903 irori-25

20230903 irori-26

20230903 irori-27


ちょっぴりぜいたくランチのメインは豚肉みそ漬けソテー。
加えてまぐろ刺し身、さつまいもとなすの揚げ浸し、なめこと青菜のみぞれあえ、きゅうりとだいこん・赤ピーマンの酢の物。
それにひと口デザートとぶどうが付く。


20230903 irori-28


背後は霞丘陵七国峠。
昭和48年ころのツクツクボウシの声が聞こえた気がした、夏の終わり。

(つづく)


20230903 irori-29


[DATA]
古民家いろり
東京都青梅市小曽木1-135
https://kominkairori.owst.jp/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/NF23_W8wjEg?si=qMe5gm7Hb2YcG_-F



wachat230903-22-22.jpg



20230903 irori-33
次号予告


関連記事

Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Latest Articles
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
気分は鴨川? 【千代乃家】 Apr 12, 2024
表参道から薬王院 【高尾山薬王院】 Apr 10, 2024
未踏ルートへ ――高尾山4・5号路 Apr 09, 2024
まずは腹ごしらえ😅 【曙亭】 Apr 08, 2024
桜と同じ半月遅れの ――高尾山登山道 稲荷山コース Apr 07, 2024
赤ずきんといえば 【赤ずきん 久米川店】 Apr 04, 2024
活力の源 【九州ラーメン いし】 Apr 03, 2024
踏切ぎわのだんご屋さん 【みや古だんご】 Apr 01, 2024
生気の補充 【山田屋 十二社】 Mar 31, 2024
ネオたぬき… とは 【cafe222】 Mar 29, 2024
ファンタジック食堂街 【道の駅 和紙の里ひがしちちぶ フードコート】 Mar 28, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2