fc2ブログ

吉祥寺の隠れ家料理店 【うな鐡】

2023.05.14

 不定期連載“青春を懐かしがる”シリーズ(直近の記事はこちら

吉祥寺に住んでいた学生時代、昼ごはんに入った回数でおそらく五指に入り、そしてその五指中、唯一現存するお店「うな鐵」。

明らかにうなぎ屋の屋号であり、なんてリッチな学生生活…! と思われるかもしれないが、そこはイニシエの案件。
いまとは相場の乖離甚だしい当時としても格安の、ランチのうな丼500円くらい。
夕方にちょっと飲む感じで入ることもあり、うなぎの短尺や肝、豚バラといった串焼きが、これまた激安だった。


20230514 unatetsu-13


現在の「うな鐵」はというと、ときどき店頭の品書きを横目に眺めたりしているが、面影のかけらもないような価格設定。店舗も昔の(よく覚えていないが)大衆酒場風? から小ぎれいな日本料理屋にグレードアップしている。
青春を懐かしがるもなにも、懐かしむ要素は何もなかったりする。

それも時代の流れであり、変わらなければ生き残れない。
残っているだけでもうれしい。


20230514 unatetsu-11


コピス前、「中華そば 青葉」横の路地を入る。


20230514 unatetsu-12

 
路地の存在自体、気づかないままに人々が往来する、吉祥寺のど真ん中のエアポケット。
隠れ家感いっぱい。


20230514 unatetsu-14


思ったより広い店で、そこそこ埋まっている。


20230514 unatetsu-16


「お2階へどうぞ」
知らなかった。2階があるのか。
内装の建て付けが真新しく、リニューアルしたてという感じ。


20230514 unatetsu-15


注文はうなぎ御膳といろどり膳。


20230514 unatetsu-17

20230514 unatetsu-18

20230514 unatetsu-19


周りのテーブルには例外なくビール瓶がみられるが、若輩者につきまだ昼飲みの境地には至っていないかな…


20230514 unatetsu-20


どちらも二段重の豪華なお膳。


20230514 unatetsu-21


うなぎ御膳はうなぎ2切れ、う巻き、肝吸いが付く。
いろどり膳の主菜は銀だらの西京焼き&天ぷら。おわんはみそ汁。
ほかは両膳ほぼ共通。


20230514 unatetsu-22

20230514 unatetsu-23


うなぎ屋さんだけに、さすがにうなぎがおいしい。
天ぷらのネタもよいと思う。


20230514 unatetsu-27

20230514 unatetsu-28


ご飯にのせればそこそこのうな丼のビジュアルで、専門店なら1000円… いや、いまどき1500円は下らないんじゃない? と考えれば、このお膳は決して高くない。


20230514 unatetsu-2420230514 unatetsu-2520230514 unatetsu-26


それにしても…
「ビ、ビール… ヽ(´д`)ノ ハァハァ…


20230514 unatetsu-29


[DATA]
うな鐡
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-21





[Today's recommendation]


https://youtu.be/2s7xXLLB6sI



wachat230514.jpg




 旧赤星鉄馬邸見学ツアー
2023.05.14 旧赤星鉄馬邸/武蔵野市吉祥寺本町4-26-21

20230514 akaboshitei-11


テレビニュースでやっていた国の登録有形文化財「旧赤星鉄馬邸」を見学に。

フランク・ロイド・ライトの助手として帝国ホテル建設の際に来日、その後日本にとどまり日本人建築家に大きな影響を与えたチェコ出身の建築家アントニン・レーモンドによる設計。

2021年に前所有者のカトリック・ナミュール・ノートルダム修道女会より建物の寄贈を受けた武蔵野市では、27年度以降の開設をめざし「旧赤星鉄馬邸」の利活用のための検討を進めている。


20230514 akaboshitei-12
20230514 akaboshitei-1320230514 akaboshitei-14
20230514 akaboshitei-15


5月10~16日の期間限定で一般公開が実施され、延べ4917人が見学。
今秋にも一般公開が予定されている。


20230514 akaboshitei-16


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ツキさま

昔は本当に安かったんですけど。
場所と名前はそのままでも、ほぼ別のお店ですね。

竹光の札入れ…(笑)

No title

伊勢丹があった通りの小径かな。前を通るものの、店の前に踏み込むことさえできぬビビりです。
hoboさんのレポ画像で献立表を見つつ、あぁ、白焼きに骨せんべいを箸先に麦水。おなかは いちばん小さなうな重で済ませる。。

福沢諭吉おひとりさまの ちょい呑みなり

チョイといえども討ち死にの覚悟で踏み込む奥座敷。サンロードやハモニカあたりも、もはや斬り合いの心持ちで歩くこの十余年。我が腰に下げた大小、竹光の札入れと小銭入れなり。。。 苦笑
Latest Articles
気分は鴨川? 【千代乃家】 Apr 12, 2024
表参道から薬王院 【高尾山薬王院】 Apr 10, 2024
未踏ルートへ ――高尾山4・5号路 Apr 09, 2024
まずは腹ごしらえ😅 【曙亭】 Apr 08, 2024
桜と同じ半月遅れの ――高尾山登山道 稲荷山コース Apr 07, 2024
赤ずきんといえば 【赤ずきん 久米川店】 Apr 04, 2024
活力の源 【九州ラーメン いし】 Apr 03, 2024
踏切ぎわのだんご屋さん 【みや古だんご】 Apr 01, 2024
生気の補充 【山田屋 十二社】 Mar 31, 2024
ネオたぬき… とは 【cafe222】 Mar 29, 2024
ファンタジック食堂街 【道の駅 和紙の里ひがしちちぶ フードコート】 Mar 28, 2024
地粉うどんと太めのそば 【めん処 みはらし】 Mar 27, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2