fc2ブログ

竹林に囲まれ旬の筍… の贅 【竹寺本坊隣 お食事処】 

2023.04.23

 前記事の続きで昼ごはん編。

「竹寺」境内に精進料理&そば・うどんの食事処があることは前々から知っていた。
門前の茶屋好き的には気になる案件なのである。


20230423 takedera-tonari-11


筍めし販売開始という情報をSNSで見つけ、事前注文販売とのことで電話で予約してあった。
ちなみにその電話でバスのりばや発車時刻、降車バス停など前々記事参照)、懇切丁寧に教えていただき、計画のベースになっている。ありがとうございました。


20230423 takedera-tonari-12


食事の予約など普段することはまずないが、筍めしはぜひ食べたかったし。
この普段と違う行動が、いろいろとピンチを救うことになる。


20230423 takedera-tonari-13


前日朝、ニュースを見ながらご飯を食べていると、ちょうど「竹寺」のことをやっていて、たけのこ料理も取り上げられていた。
その10日前にも昼飯どきのテレビで「竹寺」をやっていた。
(☝どちらもお寺Instagramにポストあり)

これは混むんじゃないの…? という不安は的中し、境内はけっこうな人出で、特に食事処が大変なことになっていた。


20230423 takedera-tonari-1420230423 takedera-tonari-1520230423 takedera-tonari-16


なんと、僕らが行った時点で“そば・うどん終了”の張り紙。
予約していなかったらメシ抜きで9.5kmの山道を踏破しなければならなかった💦


20230423 takedera-tonari-17


そして食事処を取り仕切る副住職がテンパっておられる (・Θ・;)


20230423 takedera-tonari-18


食事処は本坊の右手の趣ある建物。
名前を告げ、畳の部屋に案内していただく。
その間もそわそわと落ち着かないご様子の副住職。


20230423 takedera-tonari-19
部屋の一角には本物の竹が生えている。“竹優先”で天井にも穴を開けてある


「なにしろ30人の団体予約が入ってまして…。アルバイト雇ってもらいたいです、ほんと」
「あの、たとえば追加でそばを注文するということは…?」
「でき… ますが、ちょっとお時間を…。というか確約もできないんです。3人でやってるもので、ここ。ほんとアルバイト雇ってもらいたいですよ、2人ぐらい」

おだんごは…? と聞くことはさすがにできなかった。
副住職というより雇われ店長の悲哀のごときものが…。


20230423 takedera-tonari-20

20230423 takedera-tonari-21


まず焼き筍のお吸い物。
すっきり優しい味で疲れた身体に染み渡る。


20230423 takedera-tonari-22


筍めしは竹皮弁当箱入り。
掛け紙の牛頭天王のスタンプがかわいらしい。
ふたを開けると、筍めしにたくさんのおかず。


20230423 takedera-tonari-23


筍めしは炊き込みご飯だと思っていたら酢飯で、筍のほかに干ししいたけやにんじんなどを混ぜ込んだ五目ずしである。
酢飯の華やぐ香りにハレの日感が高まる。


20230423 takedera-tonari-24


おかずは筍の煮物、もみじの天ぷら、わらび、がんもどき、にんじん、ごぼう、こんにゃく、いんげん、青菜のごまあえ…。
揚げ物は前日の『おはよう日本』の「土曜すてき旅」コーナーでもやっていた筍フライで、筍を大葉で巻いてパン粉をまぶして揚げてある。
緑の練り物は竹笹ようかん。


20230423 takedera-tonari-25


基本、精進料理だと思うが、揚げ物や甘いものなどでしっかり腹にたまった感が得られる。
この先の行程も大変らしいが、十分活力チャージをさせていただいた。


20230423 takedera-tonari-26


お会計で、なおバタバタしておられる。

「なんか大変そうですね」
「ほんと、アルバイトを…」

と、念仏のように繰り返す副住職なのであった。

(つづく)


20230423 takedera-tonari-27


[DATA]
竹寺本坊隣 お食事処
埼玉県飯能市南704
https://takedera.net/
https://www.facebook.com/takedera108
https://twitter.com/takedera108
https://www.instagram.com/takedera/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/bofU5SGRNG8



wachat230423-33.jpg



20230423 takedera-tonari-28
次号予告


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ツキさま

人が横が通ると畳が沈みましたが、手入れが行き届いている印象は受けました。
竹林もきれいにされてますね。
そばどころかだんごを頼むのもはばかられる状況で、やり残し感はありますね。。。

No title

先代のご住職様がお亡くなりになって、もう五年か六年くらいは経つでしょうかね。hoboさんが撮影された画像から察するに、かつては荒れて抜けていた床や畳が修復されているようにお見受けします。山の下の方には檀家さんも多いことでしょうし、周囲の支えもあるのかな?

しかしながら、その忙しさたるや、連休が思いやられますねぇ(苦笑) 笹を練り込んだお蕎麦は食べられたのかな?
Latest Articles
おばちゃん回帰的な? 【大丸食堂】 Feb 27, 2024
いちごの里のうどんは… 【楽楽庵】 Feb 25, 2024
産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】 Feb 24, 2024
光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】 Feb 23, 2024
2月22日は… 【おかき屋 百代】 Feb 22, 2024
タンメンの塩梅 【はつね】 Feb 20, 2024
ゆっくりな時間が流れる 【ジャスミン】 Feb 19, 2024
新回転寿司…? 【独楽寿司 町田木曽店】 Feb 18, 2024
異国情緒あふれる古刹 【山口観音】 Feb 17, 2024
観光地感を醸し出す 【観音茶屋】 Feb 15, 2024
見どころいっぱい 【狭山不動尊】 Feb 14, 2024
昭和ノスタルジックな風情の 【レストラン蘭】 Feb 13, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2