fc2ブログ

これぞタンメン! 【はぐろや】

2022.09.10

 先月、JR青梅線小作駅近くの「ラーメン おざく」で食べた帰り、気になるお店を発見した。
気になるお店というか、気になる看板というか。
“地域No.1タンメン”とある。


20220910 haguroya-11


昭和世代のおっさんは“タンメン”という押し出しに弱い。
タンメン好きというと通っぽく聞こえるし、タンメンのうまい店は一目置かれた。
もちろん理屈抜きにタンメンが好き! という人も多いと思う。

No.1タンメンと言われたら、もはや看過できるものではない。
“地域”と付くあたり、正直というか、タンメンのわりに押し出しが控えめではあるが… ( ̄- ̄;) ンー


20220910 haguroya-12


ともかくそのNo.1とやら、食べてみようじゃないの。
ということで、武蔵野市緑町「新雅」に続く、気になる街の中華屋さんに入ってみた…! シリーズ。


20220910 haguroya-13


片道約20km、自転車で(笑)。
気になってからけっこう時間がたっているが、気にはなっても軽く行けるという距離ではないのである。


20220910 haguroya-14


出かける前に、ちょっと残っていた仕事が気になるのでやっつけて(笑)、09:45発/11:15着。
11時開店のもようで、入店時点で先客は2名。


20220910 haguroya-15


店内は入って右手から、厨房・カウンター席・テーブル席・小上がりというつくり。
レトロポップというんだろうか(笑)、たたきの床に赤い天板のデコラのテーブルとビニールレザーのいす。
こういうのにものすごく安らぎを感じる昭和世代 ε=( ̄。 ̄; A…


20220910 haguroya-16


メニューはラーメン類中心の構成で、中華店というよりラーメン食堂という感じかな。
セットメニューから、たんめん・半チャン1100円を頼む。


20220910 haguroya-17-120220910 haguroya-17-2

20220910 haguroya-18-120220910 haguroya-18-2


BGMはTVのアストロズvsエンゼルス。
昔、Japan as No.1と称された時代に世界を席巻したのはSonyやHondaといったブランドだが、いま間違いなくas number oneなJapanは、Shohei Ohtani。


20220910 haguroya-19


アズ・ナンバーワンなタンメン来る。


20220910 haguroya-20


パッと見で、勝負あり。
これぞ、タンメン!


20220910 haguroya-21


具は豚肉、白菜、モヤシのみ。
限りなく透き通ったスープ。野菜、シャキシャキアツアツ。
われわれ世代の感覚で、これ以上でも以下でもない、これぞタンメン!!

ただし白菜のカット大きさは特徴的で、以前食べた昭島の「うな瀧」を思い出した。


20220910 haguroya-22


スープのうま味成分がけっこう強いが、とにかく野菜が多いので中和されるというか…。
麺は太め・平打ち・縮れと、このへんもタンメンの美学にかなっている。


20220910 haguroya-24


タンメンのシンプルな塩味に対し、チャーハンはごろごろ入るしょっぱめのチャーシューおよびその煮汁? により、強めの味付けとなっている。
昔、チャーハンって、ちょうどこのタンメンみたいなスープが大きい器で付いてきたっけなぁ…。


20220910 haguroya-23


味覚にとどまらず記憶中枢にいろいろ刺激的な街中華体験であった。


20220910 haguroya-25


[DATA]
はぐろや
東京都青梅市新町4-29-1





[Today's recommendation]

wachat220910.jpg




https://youtu.be/k30XeJNAbt4



20220910 haguroya-26
次はここ…?


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

日が沈む~(略)さま

昭島では「うな瀧」で食べたことがありますが、本当においしかったです。
“ほうらい”の件を含め、自分の過去記事に目を通していれば今回の記事も違った感じになったんじゃないかと、ずぼら仕事に苦笑しつつ、代わりに展開してくださってありがとうございます(笑)。

「うな瀧」の記事へのリンクだけ本文に追加しました。
よかったら眺めてみてください。

それにしても、よく「宝来」がわかりましたね。
そういえばホーライづいてますね(^^♪

No title

昭島には、こちらのタンメンとよく似た商品を出すお店がいくつかありますが、
その修行先は『寶來』という屋号で、通称「陳さんのタンメン」と呼ばれていたそうです。
はぐろやさんとの関係は不明ですが、「カレータンメン」はなかなかウマそうですね。

寶來は「ほうらい」と読むのでしょうが、次回(?)の「ほうらい」も、楽しみにしています。
Latest Articles
辰年に行くべき… 【馬橋稲荷神社】 Mar 02, 2024
あの時代の残照 【伊勢屋美原町店】 Feb 29, 2024
“ギョはん”宣言!? 【みんみん】 Feb 28, 2024
おばちゃん回帰的な? 【大丸食堂】 Feb 27, 2024
いちごの里のうどんは… 【楽楽庵】 Feb 25, 2024
産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】 Feb 24, 2024
光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】 Feb 23, 2024
2月22日は… 【おかき屋 百代】 Feb 22, 2024
タンメンの塩梅 【はつね】 Feb 20, 2024
ゆっくりな時間が流れる 【ジャスミン】 Feb 19, 2024
新回転寿司…? 【独楽寿司 町田木曽店】 Feb 18, 2024
異国情緒あふれる古刹 【山口観音】 Feb 17, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2