fc2ブログ

街道沿いの老舗割烹 【三河屋】

2022.06.12

 前々記事前記事の続きで、吹上しょうぶ公園をあとにしたわれわれは青梅市街へ向かった。

前々記事に書いているように街歩きを兼ねており、旧青梅街道をブラブラしつつ昼ごはんの店を探すという展開である。
去年秋、青梅市街地を探索したときは青梅駅から東青梅駅へと歩いているので、今回はちょうどその逆向きになる。


20220612 mikawaya-1520220612 mikawaya-16


といっても、すでに正午を回っているので、昼ごはん最優先。
東青梅駅北口交差点から西分一丁目交差点まで666m歩き、見た中でいちばん惹かれたうなぎ屋さんのある青梅線踏切まで引き返す。


20220612 mikawaya-1120220612 mikawaya-12


お店に入ろうとして、ふと空が気になった。
さっきから雲行きが怪しい。

スマホで「東京アメッシュ」を開くと、積乱雲の巨大な赤い塊がすぐそこに迫っていて、このまま入れば食べている最中に降りだされ身動きとれなくなること必至。
「こりゃダメだ」と、急いで東青梅駅南口の駐車場に向かったのであった。


20220612 mikawaya-1320220612 mikawaya-14
雲行きが怪しい


この場合、駐車場から離れた場所にいたことが問題で、車で移動している分には多少降られてもどうってことないので、駐車場が整っていそうなお店をあらためてスマホで検索。
で、すぐに気づいた。
「さっきのお店、駐車場ないわけないわな」

という紆余曲折を経て、JR青梅線踏切際の「割烹 三河屋」へ。

駐車場は別館敷地にあり、道を挟んだ本館までわずかな距離を移動中、ドワワーッと降ってきたのであった。


20220612 mikawaya-1720220612 mikawaya-18
慌ててお店に駆け込んだ


「三河屋」は1932(昭和7)年創業の老舗割烹。
概要は、[本館]1F食事処・宴会場、2F宴会場、3Fビアガーデン(夏季)、[別館 桂月庵]1F 駐車場、2F 宴会場、屋上ビアガーデン(夏季)


20220612 mikawaya-45
ビアガーデン入り口は別にある


はじめチェックしたとき興味をひかれたのが屋上ビアガーデン。
自分で利用するチャンスはないかもしれないが、線路際のビアガーデン… 情報として面白いと思った。


20220612 mikawaya-2120220612 mikawaya-22


ということで本館1F食事処、広さはあるが厨房など入り組んだつくりで、個々のテーブルは隔絶感があって意外に居心地がいい。
…と思ったんだが、すぐ隣の小上がり宴会場では大家族×3くらいの宴会がワイワイ執り行われていて、ちょっとアレで…。
雷もドッカンドッカン落ちまくってて Σ( ̄ε ̄;| | |・・・


20220612 mikawaya-1920220612 mikawaya-20


基本うなぎ屋さんなのである程度覚悟はあったが、品書きをざっと見たところ最安レベルが天重の1100円。その次が天ぷら御飯の1430円。
それを1つずつ頼む。


20220612 mikawaya-2320220612 mikawaya-24

20220612 mikawaya-2520220612 mikawaya-26
メニュー帳抜粋。ずっと後ろのほうに[お食事]がある


あとから入ってきたおばちゃんグループのガヤガヤ声から“天ざる”というのが聞き取れる。
そんなのあったか…? と品書きを見直すと、後ろのほうにひっそりとそばメニューがある。
見つけられなかったのは悔しいが、これはかなりリーズナブルだと思うので、やはり情報として掲載。


20220612 mikawaya-2720220612 mikawaya-28


天ぷら御飯、天重はどちらも小鉢、お新香、ご飯、みそ汁つき。
天ぷらの内容が惜しみなく潤沢で、それだけに天ざるそば880円がいよいよ気になるんだが…。


20220612 mikawaya-3320220612 mikawaya-34


小鉢がタケノコ・豚肉・油揚げ・こんにゃくの煮物というちゃんとしたもので、うれしくなってしまう。
こういうのは良店の証しかも。


20220612 mikawaya-3120220612 mikawaya-32


天ぷらはエビ×2、キス×2、ナス、カボチャ、シシトウ、シイタケ…。
ネタ数の多さもさるとこながら、油切れよい揚がり具合。


20220612 mikawaya-3520220612 mikawaya-36


店構えや鰻の幟に反し、アットホーム&コスパ優良なお店なのでした ♪(* ̄∇ ̄)/


20220612 mikawaya-3920220612 mikawaya-40


店を出ると、ちょうど雨がやんで空気が冷たくなっていた。
帰りは車の窓を開け放って、気持ちよいドライブに。


20220612 mikawaya-4120220612 mikawaya-42


[DATA]
三河屋
東京都青梅市勝沼1-192
http://www.t-net.ne.jp/~mikawaya/index.html





[Today's recommendation]

wachat220612-33.jpg




https://youtu.be/nJTfG1MmMwQ



20220612 mikawaya-47
夕刻の東村山市


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ツキさま

青梅宿周辺は行くたびに関心が深まっているので、今度行ったらそちらのお店も観察してみようと思います(入る… とは言いませんが)。

No title

hoboさん、こんばんは

>「寿々喜家」
まさにそこであると思います。映画館でたまたま知り合いになったオバサマが帰りに寄って行こうと言い出したのですが、手元不如意の状況にて、そうでなくても暖簾をくぐったら最後と想わせる虎の穴に恐れをなしてお断りました・笑
今調べてみたら大袈裟な出費の覚悟は要らぬようですが、あの時間を感じさせる外観を前に尻込みしない心臓は持ち合わせておりません。居心地が良くても、迂闊に気を許すまじ青梅宿であります。駅の横にできた まちの駅青梅 の店員さんに言わせれば、しょぼい田舎町とのことですがいやいや。。

Re: No title

ツキさま

庶民的で安心して過ごせるお店だと思います。
白焼きがあるかわかりませが、肝焼きというのはありますね。
恐れ多いというのは「寿々喜家」ですか?

「三河屋」はビアガーデンが気になります。
行く機会がありましたら、そっちのほうの調査もしていただければと。

シネマネコ併設カフェ情報ありがとうございます。

そうやって少しずつ街に詳しくなっていければいいなと思ってます。

No title

久しぶりに拝見したら、これはたいへん嬉しいレポートでございます。

シネマネコで映画を観た帰りに何方でご飯をなどと思いつつ、踏切あたりで気になっていたお店です。同じ東青梅駅の階段下のカレー屋さんも気になっておるのですが、たまたま空腹の頃合いを逸してしまい、いずれも未だ暖簾をくぐっておりません。同じ鰻屋さんなら青梅方面のあちらは恐れ多くて入り口さえも遠くで目を逸らして駅へまっしぐらという小市民でもありますし…恥汗・冷汗・脂汗
でもこちらの鰻屋さんであれば、安心して満足の時間を過ごせるのではないでしょうか。夜にでも行って白焼きなんて品書きがあったりしたら、帰りの際に心の内だけ氷点下なんてことにもなりかねませんが。でも、近々寄ってみたいと思う次第です。
帰りの馬車を鉄道に頼らず、都バスにてどこまでも東へなんていう遠回りの家路も良さげです。

あ、差し出がましいことですが。
こんど映画館へお運びになる機会がありましたら、シネマネコ内併設のカフェにお立ち寄りくださいませ。なぜって、そちらのキッシュがなかなか美味しいんですよ・笑

ではブラザー、また!
Latest Articles
おばちゃん回帰的な? 【大丸食堂】 Feb 27, 2024
いちごの里のうどんは… 【楽楽庵】 Feb 25, 2024
産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】 Feb 24, 2024
光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】 Feb 23, 2024
2月22日は… 【おかき屋 百代】 Feb 22, 2024
タンメンの塩梅 【はつね】 Feb 20, 2024
ゆっくりな時間が流れる 【ジャスミン】 Feb 19, 2024
新回転寿司…? 【独楽寿司 町田木曽店】 Feb 18, 2024
異国情緒あふれる古刹 【山口観音】 Feb 17, 2024
観光地感を醸し出す 【観音茶屋】 Feb 15, 2024
見どころいっぱい 【狭山不動尊】 Feb 14, 2024
昭和ノスタルジックな風情の 【レストラン蘭】 Feb 13, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2